FC2ブログ
2018_12
09
(Sun)22:13

12月8日(土)さくらんぼの会(再発・転移者の会)ランチ会終了!

昨日は、再発・転移者の会のランチ会とその後の二次会があるので、夫のお昼と夜の食事の用意をするのに大忙しだった。

そんな時、『少し遅れます。』というline。しばらくすると、電話があり、『シャロームさん家の前にいるのですが、今日、何時開始だったのですか?』と訳の分からぬ内容。(笑)

(影の声:正直、ちょっとの時間も惜しい。)

12時開始であるが、11時と間違ったようだった。しかし、半分は、私の責任でもある。この時のブログで、タイトルは、12時からと書かれてあるが、

文中には、確かに11時となっている。あっじゃ~。彼女は、千葉からの参加者であった。

以前は、私のブログをいつもチェックして下さる会員さんがおられた。自発的に、自分に課す働きとして、誤字・脱字から始まり、こういった間違いなどをよく指摘して下さっていた。(亡くなる、一週間前までそのお働きは続いた。)

続いて、杉戸高野台駅の待ち合わせ場所に車を走らせる。今度は、都内からお越しのご夫妻。ご主人とは、8年ぶりの再会。

私に会うや否やご主人は、『トイレに行きたい。』とのこと。すぐさまお店に誘導し、駅に戻るつもりでお店を出た。

すると、今度は、別の会員さんが、やはり車から顔を出し、『お腹が痛い。トイレに行きたい。今すぐ行きたい。』と顔をゆがめ、切羽詰まって訴えた。

しかし、お店のトイレは使用中。仕方がない。今度は、我が家のトイレを使って頂く他ない。だから、普段から家を綺麗にしておかなければならないのだ。今更もう遅い。(お店と我が家とは、目と鼻の先である。)

また別の会員さんから『遅れます。』と言う電話が入ったり、新しく参加する会員さんからは、『車を銀行の前に止めています。シャロームさんは、どこにいますか?』という電話。何だか、本当に忙しい。

『電車組を乗せてお店に向かうので、私の車の後について来て!』とお願いした。ところが、走り始めたら、車内の話に夢中になり、すっかり、後続車のことを忘れ、私は勝手にお店についてしまった。

着いてから後続車がいないことに気付く。ありゃ、こりゃ、どうしましょう。とオロオロ途方にくれていたら、しばらくして後続車も何とか到着した。平に謝罪したことは、言う間でもない。

そんなバタバタと気忙しくスタートしたランチ会ではあったが、いつしか、いつものように平静を取り戻し、穏やかな温かい雰囲気の中、4時に終了した。

その後、時間を潰し、今度は、杉戸高野台東口の魚〇に4人で行った。5時に入店し、8時までおしゃべりをして長い一日は終わった。

明日、参加者のmailを貼り付けたいと思う。お疲れ様>all。お疲れ様>ジブン。





2018_12
07
(Fri)17:51

がん患者用帽子販売終了のお知らせ!

ずっと、ずっと、重荷であった、このがん患者用帽子のネット販売を思い切って終了した。設定が分からないので、メンテナンス中としたが、事実上の閉鎖(終了)である。

ほっと、ほっと、胸を撫で下ろし、そして、肩の荷が急に軽くなった。今までよく頑張り続けて下さった元代表や製作者。そして、自分。

みんなのお支えがあればこそではあったが、昨日、最後のご注文を発送をした後、もう、限界だと思った。もう、楽にしてあげたい。自分を解放してあげたい。

他の方のように、少しは自由になりたい。いつも、何かに追われ、いつも、誰かにせっつかれているようなそんな13年間だった。

よく頑張ったなぁ~。まだまだ続くけど.......。でも、今までとは、きっと異なる道が用意されているような気がする。その未知の世界に期待したい。

がん患者用帽子のネット販売のサイトにお知らせとして載せた文言は、次の通り↓

........................................................................................

              【お知らせ】

今まで多くの方々に閲覧頂き、ご購入頂き誠にありがとうございました。

メンテナンス中とはなっていますが、設定が分からないために、このような表示にしております。

事実上の販売終了とさせて頂きます。本当に今までのご愛顧を心より感謝申し上げます。

名残惜しく、なかなか、決断が出来ないでいましたが、体力・気力・能力の減退は甚だしく、閉鎖はやむなしと判断に至りました。苦渋の選択でした。

今まで本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

皆様のご多幸を祈念して。

愛を込めて♥
がん患者会シャローム代表

............................................................................

明日は、さくらんぼの会(再発・転移者のランチ会)2名のキャンセルで、10名参加予定。この会は、やっぱり、続けたいとは思うが、活動のファイナルステージの鐘が遠くからかすかに聞こえるような気がする。

始めがあり終わりがあるのは、世の常なのだから。

2018_12
04
(Tue)18:03

患者会の忘れ物............

物忘れがひどいと言っても、億劫だと言っても、気力がないと言っても、誰も信じてくれない!先日の返信でも、まさか....と否定される。どうして、人はそのまんまを受け止めようとされないのかしら。

私は、そうしているのに。しかし、そうすると、『そういう場合は、否定してよ。普通は否定するでしょ?』と言われた。めんどくさいなぁ~。肯定してもらいたくないようなことを、否定されることを前提にお話をするんだったら、

もう、私に話しかけないで!と申し上げたい。

辛い・・と言ったら、辛いね。鬼の居ぬ間に楽ちんを・・といったら、本当にそうよね。私は、こうして、いつも相手の言葉をそのまま受け止めてきた。私はそうしてもらえると嬉しいからだ。

さて、
16名の患者会でも、話したいことはいくらでもあるもので、ちょうど4時に終わった。後片付けをして、4時半。お部屋を出ようとすると、あらら?お帽子の忘れ物。

概ね予測がついたので、彼女のバス停で待っていればきっと会える....と私は、先回りをした。そもそも、車を提供して送迎をして下さる担当者はおられるが、私はそのルートを知らないので、彼女の団地の停留所で待った。

案の上、彼女は車を降りてびっくり(実は、バスではなく、どうも、車担当者が近くまで送り迎えをしていたようである。私に内緒で。笑)

『ねぇ~。ねぇ~。上がって行かれませんか?部屋も片付いてないし、お上げするような家じゃないけど、是非。』と、とても懇願された。

この団地は、二度目である。やはり、会員さんが招待して下さってお邪魔したことがあった。大きな団地。彼女は、よくしゃべり、よく笑った。お部屋にはセンサーがついていて、動きがないと、息子さんや行政?に繋がっているようになっているとのこと。

タブレットは、がん患者会シャロームのブログを見ることと、スーパーマーケットへの注文の、この二つのやり方しか知らないと言った。

嬉しいなぁ~。こんなところで、ブログをご覧になっておられる方がいたんだ。最近は、怠けてばかりで、本当に申し訳ない

夜も遅くなったので、それぞれ自腹という約束で、華屋与兵衛に行った。(その日、夫は、たまたま食事が要らなかった日だったのでよかった。)

彼女は、来年1月に81歳になられる。ちっとも呆けてなく、仕立て直しやお友達やらいろいろと日々刺激があるようであった。

しかし、華屋与兵衛で、彼女は何回『美味しい。美味しい。あ~美味しい。人と食べるって、こんなに美味しいものなのねぇ~。美味しいわ~』

私と同じオーダーしたお料理を、美味しい、美味しいと言って全部平らげた。本当に美味しそうに、幸せそうに召しあがった。

一人暮らしは、人恋しいのだろうなぁ~。私は一人暮らしに憧れるけれど、実際、ひと気のないところでの独居は、もしかして、私の想像しているものとは、違うのかもしれない。

『また、ご一緒しましょうね。また、ご一緒して下さいね。』何度も何度も私のような者にお声を掛けて頂き、私は、本当に幸せ者かもしれないな。そんな温かい気持ちで車を走ら帰路に着いた。



2018_12
02
(Sun)16:47

第70回患者の集い終了!

患者の集いを、もう70回も開催してきたことに感無量である。

後、一回を残してこの患者の集いは終了する。皆さん、残念でたまらないといった感じで、でも、ご無理は言えないし、他の方が変わることも出来ない。代表の負担を考えれば、致し方ないといった感じであった。

ブログはどうなんですか?と、質問されたので、『続けるつもりです。』とは言ったが、自信はない。すべてが億劫になってしまった。年齢のせいである。

そのために、lineグループを作った。現在81名が参加している。有用情報を共有したいと思っている。

さて、11月30日(金)の参加者は、今回も珍しく少なく16名であった。この16名だからこそ話せる雰囲気があり、それなりに、皆さんご満足を頂いた。

参加者のメールを貼り付けたいと思う。

Aさんのmailから
今日は、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

女性ばかり16人。いつもとは違う雰囲気の患者の集いですね。

リラックスして居心地のよい三時間でした。

帰り道...久々に一人で乗ったアーバンパークライン。いつもは、横に〇〇さんがいてくれたのに...(11月9日に召天)『お茶でもどうですか?』って〇〇さんが誘ってくれたのに...

何だかサミシイ20分間でした。出会わせて頂きありがとうございました。

Bさんのmailから
シャロームさん
皆さま

今日は、患者の集いで皆様と色んな情報を共有できて、有意義な時を過ごす事で出来ました!

自分以上に問題に向き合い、寄り添ってくれた代表にどれだけ救われたことかと思います。

ありがとうございました。

Cさんのmailから
シャローム様

お礼が遅くなりましたが、先日はお世話になりました。

和やかな雰囲気での、貴重な医療情報もさることながら、歩くときには、「足元注意」と心に念じてとか、低糖質の食品の紹介とか....

私もさっそく、ローソンで、ロカボレビューしました。美味しく、楽しく、そして、美しく(?)なれたら、もう言うことありません。



2018_11
29
(Thu)18:50

決して顔をそむけない!

本日、次のようなmailを受信した。

緩和ケア病棟に入院している会員さんのline mailから↓

おはようございます。

今日、一泊二日の外泊をして来ます。

ベッドから起き上がることがやっとです。

外泊は、これが最後かもと思っています。

そして、私の返信↓

〇〇さん

ご連絡ありがとうございます。
さくらんぼの会でのおしゃべり覚えてる?旅支度のこと。

もう、からだは動かなくても、言葉で思いを伝えることは出来ますよね。
命のバトン、上手く手渡してね。

今までのお交わり、本当にありがとう。

これからがまた、勝負の時、苦しみなく穏やかに命の火を燃やし尽くせますように。

愛を込めて!

祈ってる。

がん患者会シャローム
代表 〇〇 〇〇〇

...........在宅緩和ケア医、萬田緑平医師のtwitterより.......

勉強しないのも、仕事しないのも、浮気するのも、嘘をつくのもギャンブルだと思う。

上手く行けばいいけど、その後辛い思いをするのが目に見えている。

死は必ず来る。

その死を考えずに生きるって、、それも私にはギャンブラーに見える。

死が辛いのは病気のせいではない。考えてる人達は辛そうじゃない。