FC2ブログ
2018_08
19
(Sun)19:59

凄い時代の幕開け!ゲノム検査来年保険適応予定!

夏休みと称して自ら怠け癖がつき、困ったものでブログの更新が出来ないでいた。いつも、閲覧下さる友人から、『どうしたの?』という問い合わせを頂き、やっとこそ、重い腰?を上げて綴っている。

書くことは事欠かないのに、年のせいか、一度怠け癖がついたら、一向にやる気がおきない。こんなことは、2007年からブログを書き始めてから、初めての経験であった。

さて、今朝、ビッグニュースが飛び込み、本当に驚いている。すごい時代がまもなく到来する。

がんゲノム登録義務化 厚労省 
最適治療へ一元管理、医薬品開発を促進

8/19(日) 7:55配信

産経新聞

 がんの原因遺伝子の情報に基づき最適な治療を行う「ゲノム(遺伝情報)医療」をめぐり、厚生労働省が各医療機関に対し、原因遺伝子や臨床情報について、国立がん研究センター(東京都中央区)内に設置されている「がんゲノム情報管理センター」(C-CAT)への登録を義務付ける方針を固めたことが18日、分かった。

原因遺伝子を調べる遺伝子検査などは来年度から保険適用される予定で、適用後、登録が義務化される。ゲノム情報を1カ所に集約・保管し解析することで、ゲノム医療の加速が期待される。

 具体的には医療機関は一度に多数のがん関連遺伝子を調べることができる「遺伝子パネル検査」のデータや、臨床情報などの患者情報をC-CATに集約する。

どの遺伝子変異にどの薬を投与すれば効果が出たかなどの情報を収集・解析し、病院との間で情報を共有したり、医薬品の開発に生かしたりする。

 パネル検査は現在、国立がん研究センター中央病院が実施しているほか、今月中に東京大医学部付属病院も開始する。

パネル検査に対しては、保険診療と保険外の自費診療を併用する「先進医療」が適用されており、来年4月から保険適用となる。今後、検査を実施する医療機関は増えるとみられる。

 がんゲノム医療は臓器別ではなく、遺伝子変異に対応して治療するのが最大の特徴だ。例えば、同じ肺がんでも原因の遺伝子はさまざまで、対応する薬も異なる。

だが、薬が未開発の現状では、使える薬は少なく有効な治療に結びつくケースは1割程度にとどまるとされる。

このため、ゲノム医療によって開発された医薬品は、審査期間を短縮して、保険適用を前倒しする条件付き早期承認制度を活用する方針だ。

 厚労省はがんゲノム医療に関し、北海道大や東大、大阪大、九州大の各病院など11カ所を中核拠点病院に、100カ所を連携病院に指定している。

 日本の「がんゲノム医療」をめぐっては、欧米に比べ立ち遅れているとされる。厚労省はゲノム医療を国民皆保険制度のもとで提供し、「オールジャパン体制」でがん研究を進めることでデータを蓄積し、この分野で世界をリードしたい考えだ。





2018_08
12
(Sun)21:38

『最善を期待し最悪に備える』この両輪は、本当に大切!

『最善を期待し最悪に備える』ということは、当会では、何度も耳にしていることである。最悪とは、実は、自分のがんが進行した時の終の棲家をどこにするか....ということばかりではない。

この最悪とは、がんが再発・転移している人ばかりに当てはまる言葉ではないと最近思っている。備えあれば憂いなしとは、先人が教えてくれた諺。

備えは、結果だけではない。予防に繋がることだということを最近とみに感じている。危機感を持った備えは、知者のやること。愚者は、今、目の前の展開が順調であればあるほど、まさかの備えを怠りがちである。

私は後者。万全を成していれば、仕方がないと思えるが、そうでないから後悔ばかり。

隔靴掻痒。申し訳ない。

今度の再発・転移者の会(再発・転移者のランチ会)は、16名参加予定である。その中に、たった一人再発をしていない会員さんが参加される。

他のメンバーから、『ズルイ!』と、言われそうであるが、(実は、無発の会員さんから、ランチ会楽しそうですね。私も参加したいけど、再発していないからダメなんですよね?と、よく聞かれる。)時に例外もある。

その会員たんは、最近手術をしたばかり。その手術も、放射線科医と外科医の見解が分かれていた。でも、外科医主導で手術という運びになった。

当時は、会員さんも、一刻も早く摘出手術をしたいと希望していた。それは、もう、手に取るように私の目にも映っていた。

でも本当は、『それって、どうなんだろう。手術日が決まっているので今更セカオピを取る時間的ゆとりはないけれど、それが本当にベストなんだろうか?』私の懐疑的な気持ちは、患者の集いで極力抑えた。

術後、ご本人の希望で、国立がん研究センター中央病院へのセカオピを希望された。当会をお支え下さる素晴らしいお医者さんなので、そのセカオピに私も帯同した。

その時の様子は、このブログにUPしている。

後藤医師は、手術は、間違いだったなどとは口にされないが、リンパ節転移が思いの他多かったことから、私は、勝手に私の推測は的中したのではないかと自分流に確信した。

私が言う前に、会員さんは、『こんなんだったら、手術しない方がよかった。』と、口にされた。『もう、戻れないから、これはこれでよしとしようよ。』的なことを返した記憶がある。

ステージⅣの場合、どうして手術が適応でないか・・・は、してもしなくても結果は同じ!ということだけではない。生存の予後やQOLに影響しているから、現在のガイドラインでは、このがん種は、手術をしないことになっている。

しかし、その手術の適応が意見が分かれたのであるから、また、患者もそれを希望し、外科医も切りたいに決まっているから、双方の利益が合致し、手術へと進んだのだ。

病理の結果は、思いの他リンパ節転移が多かった。しかし、後藤医師は、リンパ節転移があるかないか?は大きな開きがあるが、あった場合は、個数はそんなに問題ではない!と、説明下さった。シャロームさんのがんとは違いますからとも。

『ん~ん。そうかなぁ~。』疑問はあったが、私のセカオピでもないので、それ以上掘り下げることはしなかった。こちらの転院したいという希望がかなえられ、翌日から検査が入った。

リンパ節転移のがんは、綺麗に取って頂いている。よくテレビドラマなどで、『手術は成功しました。目に見えるがん細胞は、すべて取り除きました。』と言って歓喜に沸くシーンをよく目にするが、

そもそも、リンパ節に転移している段階で、リンパ管や血管(または、リンパ管or血管に)にがん細胞は潜んでいるのだ。ミクロがマクロになりどこかの臓器に転移する。

それを防ぐのが抗がん剤なのである。最高の治療が始まった。

続きは、また、あした。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円 




2018_08
10
(Fri)18:55

抗がん剤39日間連続投与、副作用の影響で死亡!読売新聞

また、起きてしまった同様の医療事故!

埼玉県でも、2000年、女子高校生に抗がん剤過剰投与で死亡されている。いつも思うこととして、医師は、患者を、〝自分の家族や大切な人”っと、見ていない。ということ。

もし、自分だったら、家族だったら....そのようなひっ迫感の中であるなら、今回のように、持参された抗がん剤について調べるであろう。

だから私はいつも口を酸っぱくして言っている。ちゃんと、がん患者も、処方されるものが正しいのか、ガイドラインにのっているのか、間違いはないのか。常に危機感をもって医療は受けなければならない...と。

特にがんは、このように死に至ることがあるから、医師任せ、医療従事者任せにしていけないということである。では、がん患者に落ち度があるのか?否、断じて違う。

そもそも、医師は、患者を救う仕事であるのであるから、完全な怠慢である。専門外であるなら、前の病院に問い合わせるとか、院内でがんを扱っている医師に聞くとか、プライドなどを棄てて教えを乞うべきである。

経口だから副作用が軽いなどということはない。そう思いがちであるが、その認識は間違っている。イレッサ、TS-1、グリベッグ等々、がんを叩きのめすだけの威力は、点滴のものよりも、時に大きな働きをする。

.............................本日のニュースから.............................

抗がん剤39日間連続投与、副作用の影響で死亡

8/10(金) 14:23配信

読売新聞

 国立病院機構関門医療センター(山口県下関市)は10日、70歳代の男性患者に対して抗がん剤を過剰に投与する医療ミスがあり、男性が副作用の影響で死亡したと発表した。

 同センターによると、男性は2月中旬、土手から転落して足を骨折するなどして入院。男性は他の病院で脳腫瘍の治療を受け、抗がん剤を服用しており、親族がセンターに持参した。

 センターによると、この抗がん剤は5日間連続で投与後、23日間投薬期間を空けることになっている。しかし、医師は3月下旬まで39日間連続で投与した。

 男性が口の中から出血したことから血液検査を実施。白血球や赤血球が減るなどしており、過剰投与が判明した。男性は感染症が悪化して6月上旬、多臓器不全などで死亡した。

 センターは、医師や薬剤師らが抗がん剤の処方について認識が不足していたとしている。この日、記者会見したセンターの林弘人院長は「ご遺族に心からおわび申し上げ、再発防止に努めます」と陳謝した。

【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円 

2018_08
08
(Wed)23:43

苦しみを絞り出すようなお電話!

今朝、一本のお電話を頂く。某病院のケースワーカーのご紹介で当会を知ったという。『お声が遠いのですが....。』そう言っても、本当に聞き取りにくい。

スマホをピタッと耳につけた。そうすればするほど、電話のお相手は、もしかして、受話器を遠ざけられたかもしれない。私の声がどんどん大きくなったと思われるからだ。

やっと、聞き取れるようになりお話を伺うと、『私、宣告されました。』とおっしゃる。通常私の場合、宣告は、がん宣告。告知と言うと、余命告知という判断する場合が多い。

『ステージは?』と質問すると、『それを言うと、バレてしまいます。』、このバレルの言葉には違和感を覚えたが、兎に角お気持ちは沈み苦しんでおられることだけは伝わってきた。でも、お電話の意図が読み取れない。

初発後の補助治療(再発・転移を防ぐ)中かと思っていたので、その治療の目的をお話させて頂いた。ところが、どうも、噛み合わない。

再発・転移をされておられるのかとお尋ねしても、言葉を濁される。ただ、『情報が欲しい。どのようにしたらよいか』の一点張りであった。

状況が把握できなくて、情報提供は、無理難題。私はいろいろと提案をした。そのがんに特化した患者会もご紹介させて頂いた。

通院している院内にも患者会はあるが、自分のがん種はないという。当会は、がん全般であるので、お相手のがんに対する(そのがん部位を深く知る)情報をご提供できるかどうかは分からない。と申し上げた。

会話が空回りする中で、私は思い切って、『実は、今月の25日(土)に、再発・転移者のランチ会があります。もし、再発されておられなかったら対象外ですが、再発をされておられるなら、お勧めの会です。』

『ご自分のがんをお知りになりたいのか、それとも、再発がんと闘っておられる方の生き方などをお知りになりたいのか、後者なら、ちょうど、今月催されるのでチャンスだと思います。』と、申し上げた。

そして、『この会は、参加してみないと、その雰囲気はお電話では伝わらないと思います。ステージⅣの方も3人お見えです。最後の抗がん剤の方もおられ、緩和にもかかっておられる方もいます。勿論、オピオイド(医療用麻薬)を使用されておられる方もいます。』私は続けた。

『でも、このランチ会に参加出来る方は、お元気で前向きで、明るくて強い方は、お断りしています。そんな方は、この集いには参加する必要がないからです。弱さのまんまで、苦しみのまま、辛さのまま、ご参加して頂く、(もう、この頃は、泣いておられた。)

そういった、自分と同じような仲間の生き方や考え方などに直接触れ、そんな中での生活の知恵や、情報を共有する。素晴らしく、楽しく、美味しい会なのです。是非、お勧めです。』と、もう一度、お誘いしてみた。

もし、再発をしていなければ、きっと、ここまで説明すれば、『私は、まだ、再発していません。』と、はっきりと言われると思ったからだ。

しかし、私の読みは当たっていた。『実は、緩和ということも主治医から言われているし、モルヒネも使っています。』とのこと。やっと、置かれている状況をお話下さった。

午後からの私のお仕事の時間が迫っていたが、そこまでお伺いすれば後は早い。SNSで、待ち合わせの場所と時間をお知らせします。

あなたのお名前は、私の初恋の方のお名前なので忘れません。』と言ったら、初めて笑って下さった。

当会のさくらんぼの会(再発・転移者の会)は、重く、沈鬱で、暗い会ではない。このさくらんぼの会を楽しみにされておられる会員さんは多く、闘病の目標として掲げて指折り待っておられる方は多い。

次々と仲間を見送ることだってある。ランチ会の前に黙とうを捧げることもある。でも、一人で闘っていると、そういったことは身近な出来事でないことから、

見えない、知らない、伏せられたものにとっては、がん末期の患者は、余計不安になる。

お一人おひとり立派に尊く、あっぱれに人生の幕を閉じられる。だから、我々は、『お疲れ様。』と、心の中で労う。決して、隅においやったり、蓋をしたりするような臭いものではない。

むしろ、共にステージ上でフィナーレを飾った仲間の有終の美を大拍手で送る。当会のさくらんぼの会は、こうして、13年間、命のバトンを受け継いで来た。

ところが、中には、仲間の死はみたくない。再発者の苦しみもみたくない。積極的治療は出来ない自分だけど、今は元気。そういう方は、どうか、遠慮することなく、退会して頂きたい。

痛みや苦しみが、互いの存在で不思議に癒されたり軽減されたり、闘病の助けになったり、受け身になったり、情報を提供する側になったり、時には、その方がそこにいて下さるだけで、仲間に勇気を与えることになったり.....。

だから、2019年度も、このさくらんぼの会は、継続される。参加される方がおられる限り私も、その方達の一助になりたいと思っている。

ちなみに、8月25日(土)のランチ会の参加者は、16名である。当日、体調不良で急きょ欠席の場合も多々あるけど、

そういうキャンセルも、マーガレットさんは、ご理解頂いている。前回は、夫のお夕飯に我が家で買わせて頂いた。夫は、マーガレットさんのお料理もケーキもお好みだからであり、無理している訳ではない。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円 









2018_08
07
(Tue)09:56

絶対引っかかる人いるだろうなぁ~!勝俣範之医師のご回答:エビデンスありません!

腫瘍内科医勝俣範之医師のご回答を得るほどのものでもないことは分かっていたけれど、勝俣医師の直接のご回答は、説得力があるので取りあえず、聞いてみた。

『先生!これは、本日、我が家にポスティングされたチラシです。(画像添付)ここには、

水素3ℓをたった一分で吸入、発がん作用や老化促進など身体に有害な作用を起こす悪玉活性酸素を水素が除去....とありますが、ブログに載せたいので、コメントお願いします。』

と、メールを送った。

そのお返事がこれだ↓
『水素吸入で発がん防ぐとかの、エビデンスありません。』

なので、こんな単純で滑稽な誘い文句にだけは、絶対に引っかかりませんように!!! ちなみに、水素吸入30分の料金は、リニューアルオープンにつき、1,000円とか。

っと、言いつつ、こういう手の誘いに、引っかかる人絶対にいる!と思っている。

以前、友人が私に、『自然食品店で、このベストを着るとがんに効果がある的なチラシがあったけど、シャロームさんに情報提供したくて・・・。』

と、ご親切にご連絡を頂いたことがある。忘れもしないバイオラバー(結構な高額だった。その後、薬事法違反で逮捕された。)

すぐに断ったけれど、その詳しい話を店の奥の部屋で聞いている人がいた・・・ということであるので、ぜったに引っかかる人がいる・・・という確信が私にはある。

カルシウムを飲むとがんが治る。治った人がいる・・・と、電話を掛けてきた人もいたし、一時期、ブログのカテゴリーの中に電話番号を入れていた時は、代替医療の勧誘(これを、会員さんに広めて欲しい。)が本当にすごかった。

断ると、これがまた、ものすごい捨て台詞で電話を切られる。もっと、怖かったのは、我が家にまで押しかけてこられた方もいた。

話は逸れたが、水素をいくら吸ったところでがんは予防出来ないので、こんな稚拙でいかにも的な誘いには、絶対ご用心!

【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円