2007_01
04
(Thu)15:39

ご挨拶

【プロフィール】

2010年3月7日現在

★がん患者:2000年6月がん摘出手術!

★年齢:59歳

★2人の子供の母親 (もう、成人しているけど)


★埼玉県杉戸町に生息

★好きなもの:旅行・読書・・Beerをこよなく愛する

★特技:PC入力がこの年齢の割りには速い!

★血液型:A・B・AB・O型、すべてを含む複合体!
(血液型による性格判断に強い抵抗感あり)

・欧米では、血液型を聞かれると『誰のために、必要なのですか?』と尋ねるのに反し、日本人は、すぐに性格分析をしたがる。

★がん患者会シャローム設立:2006年4月

★個人のブログ開設:2007年1月

・・・・2007年1月:ブログ掲載時のご挨拶・・・・・

このがん患者会シャロームは、埼玉の東部に位置する杉戸近辺という地域を拠点にしています。

人口5万弱の小さなこの田舎町に、55歳のがん患者主婦が勇気を振り絞って、患者会を立ち上げました。

地域に根ざすと言うことは、直接、仲間に声が届き、肌が触れ、顔を合わせ、互いに呼応することの出来る素晴らしい利点が多くあります。

しかし、その半面、病気を地域の方に知られるのでは・・という不安や、そのことで、面白おかしく、差別や偏見や興味だけで見られるのではないか、さらし者になるのではないか・・という恐れなど、地域ならではの新たな悩みを抱えることにもなりかねません。

しかし、それらを踏まえて、個人情報をしっかり保護することを大前提とし、私は、患者会の持つ大きな役割を思う時、熟考の末にこの会の必要性を強く抱き、患者会設立を決意致しました。

仲間がいることの大きな慰めや心の安らぎ、一人ではない・・という安堵感、仲間から力や勇気が与えられ、闘病への向かい方に変化が与えられるといいます。

また、がん患者にとって、仲間によるサポートは、大きな癒し効果に繋がるというデータもあります。様々な期待を込めて私は、まず第一歩を踏み出しました。

■シャロームの意味■
シャロームはヘブライ語で、「平和、平安、安らぎ、穏やか」を意味する言葉です。

ヘブライ語 を公用語とするイスラエルでは、私たちが日常使う「こんにちは」と同様に、挨拶の言葉 としています。

出会うたび、お互いに「あなたが平和でありますように!という意味だそうです。

がんという病を抱えながら、それでも、お心は、平安であるようにという願いを込めて患者会の名前をシャロームとしました。