2017_09
08
(Fri)19:24

会員さんのセカンド・オピニオン帯同!日本医科大学付属病院化学療法科

 本日は、会員さんの、日本医科大学付属病院化学療法科(本院=千駄木):勝俣範之医師のセカンド・オピニオンに帯同した。

ビビッていますという会員さんの気持ちに寄り添いながら、待合室で診察を待った。

今日の勝俣医師は、淡いピンクのシャツにピチッとしたパンツ。髪は少しはねている。もう、53歳(今年12月で54歳)であるが、若く見える。

診察室に入ったのは、16時。相当お疲れであろうに、和やかにセカオピは進んだ。某がんの肺転移。その後の治療は、TC(タキサン系とカルボプラチン)が一番効く。しかし、アレルギーが出て、前回の抗がん剤は、完投出来なかった。

再発後の抗癌剤は、TCが一番にお勧め!勝俣医師は、自信を持ってそう強く勧めた。

現在かかっている病院の主治医は、減感作療法をしないでも、充分に監視しながらTC療法を進められると言った。

勝俣医師は、『血圧が急に減少して(アナフィラキシーショック)命にかかわることがある。それは、絶対に危険。』ということであった。(いや、素人の私にだって分かることなのに、現主治医、大丈夫?)

ご存知の通り、関東領域では、減感作療法をしている医療機関は少ない。まだまだ、どこの施設でも・・という訳にはいかない。

そういったことから、日本医科大学武蔵小杉病院には、減感作療法(カルボの現液を1/1000に希釈して抵抗をつける。)を求めて患者が殺到している。今年4月から、がん研有明病院が、減感作療法を開始した。

ちなみに、埼玉県立がんセンターは、減感作療法は、勝俣医師に回して頂きそれが終了すると、また、県がんに戻るというスタイルをとっている。(がん研有明病院でさえ、今年の3月まで、県がんと同じように、患者さんを、武蔵小杉病院にお願いしていた。)

会員さんは、昨年の勝俣医師が講師の勉強会で、勝俣医師に魅了された。勝俣医師の人となりに触れ、『何かあった時には、勝俣先生にお願いしたい。』と意を強く持った。

肺転移発覚から、手術(婦人科がんは、基本転移巣は手術をする)後は、抗がん剤へと進む。是非、減感作療法を勝俣先生に・・・という願いは、今日、叶えられなかった。

今や、勝俣医師は、有名になりすぎて患者が殺到している。セカオピも外来(新患)も、4ヶ月~6ヶ月待ちである。そんな背景から、

『千葉であるなら、(会員さんは千葉在住)国立がん研究センター東病院に原野謙一先生という、私の一番弟子が減感作療法をやっている。そこでやってもらって欲しい。もしも、そこで断られたら、また、考えます。』ということであった。

会員さんと二人して粘ったけれど、先生もない袖は振れない。但し、重症の患者さんや、どうしても勝俣先生でなければならない病態の方については、例外であると言われた。

昔。昔を思い出した。勝俣医師が国立がん研究センター中央病院の婦人科内科にお勤めの時、再発した会員さんが、是非、勝俣先生に診てもらいたいと懇願した。

懇願したが、ついに勝俣医師は、首を縦に振らなかった。ふと先生のお顔に目をやった、先生も、目に涙をいっぱいためて、零れ落ちるのをこらえておられた。受け入れないのは不本意であることは、すぐに分かった。

今日も、同じお気持ちだったに違いない。帰路の電車の中で、。『今日は、ご希望に添えず申し訳ありませんでした。』というメールを受信した。

現在、日本医科大学武蔵小杉病院の腫瘍内科医は、3人とのこと。今や、テレビや雑誌、SNSの影響で、化学療法科は、パンク寸前。このままでは、先生ご自身の健康すら危ぶまれる。

有名になるのは、嬉しいことだが、どこまで体や心が持つか。尚々、取材に引っ張りだこ!

どんなに有名におなりになっても、『今日は、ご希望に添えず申し訳ありませんでした。』と、謝罪されるお医者さんは、そうは、多くないだろう。

そこに、勝俣先生の誠実さや魅力があるのだと思う。

セカオピ2
※勝俣医師は、青より淡いピンクがお似合いだなぁ~。やっぱり!

国立がん研究センター東病院の化学療法科:原野謙一医師の予約が取れたら、私も、その診察に帯同するつもりである。

これは、私からの要望なので、会員さんから交通費は頂かない。すべて、シャロームから出してもらうつもりである。

原野謙一医師は、過去に埼玉RFLにご参加下さったり、当会の医師を囲んだオフ会にもご参加頂いたことがある。

その時、私と勝俣医師が本気で議論し、二人とも自分の考えを一歩も引かなかった。(多分、傍からみたら、喧嘩しているように見えたかもしれない。)

その我々の光景をみた原野医師は、『医師と患者のあるべき理想像を見た!』と、後日メールに書いて下さった。対等な関係で意見をぶつけあったその様子をみて、さぞやびっくりされたことと思う。

そんな原野医師がアメリカ留学で学びを終え、がん専門病院の医師になっておられる。是非、こんな機会だからこそ、一度ご挨拶に伺いたいと思った。これも、何かのご縁だと思う。

きっと、きっと、患者に寄り添う、ご立派なお医者様になっておられることだろう。お会いするのが楽しみである。

原野先生
左手前が、原野謙一先生!中央が河野勤先生。右端が、勝俣範之先生。
2013年RFLinさいたまでの啓発ブースで!

先生方、なんて、素敵な笑顔なんでしょう。

あ~でも、畏れ多くて近寄れない雰囲気だったらどうしよう。(心の声)


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円
2017_08
31
(Thu)09:49

埼玉がん再発・転移者(さくらんぼの会)ランチオフ会終了!part3

最近、やたら疲れるようになって、昨日は、ブログ更新をする気力すらない状態。無理をしないがモットーなので、無断でお休みをさせて頂いた。ご容赦を。

ご深刻なご相談に対して全身全霊でご対応をさせて頂くので、どうしても、余力が残っていない。

会の代表がリタイヤしている男性だったら、お夕飯作りとかの仕事がないために、活動に没頭できるかもしれないが、主婦ともなると、やはり、その時間を取られてしまう。

って、最近の私の家事は、お夕飯づくりくらいなので、それすら出来なくなると、追い出されてしまうので、やるっきゃない。(笑)

さて、先日のさくらんぼの会終了後に、新たな展開があった。ひとりは、この時の Eさん。セカオピをお受けになる決心をされた。

二人目は、この時のCさん。勝俣範之医師(特に婦人科がんのスペシャリスト=腫瘍内科医)のセカンド・オピニオンの日が決まったこと。

会員さん以外でも、このブログの閲覧者さまにも、是非、お勧めの腫瘍内科医であるので、治療に迷われたり、今後の治療法を知りたい方は、是非、勝俣範之医師のセカオピを。

穴場は、日本医科大学付属病院千駄木。勝俣医師は、この病院に、金曜日の午後ご勤務なので、(日本医科大学付属病院武蔵小杉は、勝俣先生大人気で、セカオピが取りづらい。当会の会員さんの場合、4ヶ月先であった。)

一度、千駄木の方に問い合わせをされることをお勧めする。ただ、この病院、セカンド・オピニオンの予約を取るのが少々、面倒くさい。

有用情報を得ようとされるなら、それなりの苦労も必要なのかと思わされたりする。(会員さんが一度、意見箱に意見を投函したこともあるが、なかなか、簡素化されない。)

さて、前出のさんのセカオピに、私も同伴させて頂くことになった。あるお願いをするための後押しである。

転院希望ということではない。彼女の中にある思いを実現させるために、私もまた、やるだけのことをやらせてもらおうと思っている。私の奥の手(秘策)使えるか!勝負!!! (笑)

さくらんぼの会の感想メールを受信している方、残りお二人のmailから↓

Gさんのメールから

シャロームさん

こんばんは。
昨日思いのほか疲れたのかごろごろしてたらこんな時間になってしまいました。

2か月前ざわざわする心と共に初参加したさくらんぼの会も今回が2回目。さわざわする心の原因だった元主治医とさよならして転院できたこともあって、今回のさくらんぼの会は心から楽しむことができました。

ご飯もケーキもおいしくて幸せでした。

またみなさまにお会いできる日を楽しみにしています。

お店の予約から配車の手配までやってくださったシャロームさんに心から感謝しています。

Hさんのメールから

こんばんは  返信が   遅くなり ごめんなさい  さくらんぼ会  いろいろな  話が聞けて  美味しいランチも  皆さんと一緒に  頂き 良かったです。 

そして  皆さん いろいろと  病気と 向き合い  頑張ってるのが  わかり  私も  勉強に  なりました。 また  次回  参加 させてください。

昨日から  体調すぐれず  風邪気味でしたが  良くなりました。  お世話に なりますが  宜しくお願いします。 〇〇さんと 知り合いに  なれて  良かったです  シャロームさんに 感謝です  有り難うです。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円
2017_08
29
(Tue)10:23

埼玉がん:再発・転移者のランチオフ会終了!part2会員さんのメールから

先日のブログの続きである。

会員さんたちには、会に参加された後の感想メールをお願いしている。それは、勿論、強制ではなく、帰宅後、静かになってその日のことを振り返り、文字にしてその学びを確認する。

その場限りの感動だけで終わらせると、いつか、その心に刻んだ出来事すら忘れてしまう。いつも、原点に立ち返り、気持ちの整理や軌道修正に役立ててもらいたい一念である。が、そのメールすら間違って削除してしまう難儀な私がいる。

だから、このブログ更新こそが私の記録ということなのである。

さて、Dさんのメールから
シャローム様

昨日はお疲れ様でした。シャロームさんのお心遣いが隅々に行き渡っている会だとあらためて思いました。

行くたびに新たな情報が聞く事ができ、そして新たな疑問が発生するという、学びは永遠に続くなぁ…と感じました。

きっとこれが「生き抜く」と言う事なんでしょうね。弱い心に寄り添い、辛い思いを吐き出し、それでも生き抜く知恵を模索していく....

そのような場を提供していただいてありがとうございます。

これからもよろしくお願いしますm(__)m

〇〇 △△

Eさんのメールから
こんにちは。
昨日はさくらんぼの会に参加させていただき、ありがとうございました。4時間半という時間があっという間でした。

アドバイスしていただいた緩和ケア外来と障害年金については、明日電話してみようと思います。

「最善を期待して最悪に備える」私は最善を期待するばかりで備えが足りませんでした。

そして…
「自分の考えを持っているのにどうしてこの会に参加したの?」というシャロームさんの問いかけで、私は自分の中の不安が何かをやっと言葉に出来た気がしました。

セカンドオピニオンを受けてみようと思います。

参加させていただいて本当に良かった~。これからも宜しくお願い致します。

*秋のオフ会の件ですが、参加人数枠を増やさえるようでしたら、是非参加させてください。

Fさんのメールから

シャローム様
8/26(土)のさくらんぼの会では、ありがとうございました。

マーガレットさんのランチ&デザートのケーキは、見た目、味も大変素晴らしかったです。

また、さくらんぼの会のために、いすやテーブルも移動してレイアウト変更してくださったりと、いろいろなところで協力してくださっていて、ありがたいです。

ここまでしてくださるのはシャロームさんとの強い絆があるためと感じられました。感謝申し上げます。

美味しいランチをしながらの会の方も、初参加のお二人の話を中心にとても良い時間でした。皆がその人のことを思って、発言していました。

これがこの会の良いところだと改めて感じました。
それとフリーマーケットも大変楽しい時間でした。良い買い物ができました。

購入したのは野菜とDVDです。新鮮野菜は、帰宅後すぐ料理して、夕食で美味しくいただきました。野菜を作ってくださった方、ご馳走様でした。

DVDは肺がんサバイバー長谷川一男さんのものです。共感できること、学べること、いろいろなことを感じた貴重なDVDです。ダビングしてくださった方、ありがとうございました。

シャロームさんからいただいた大きなキュウリはサラダにして、美味しくいただきました。ご馳走様でした。

皆さんとお会いでき、本当に良かったです。有意義な時間を持つことができました。おかげ様で元気になれました。早くも、次回のさくらんぼの会が楽しみです。

話しは変わりますが、秋のオフ会参加希望です。よろしくお願いします。

シャロームさんには、いろいろとお世話になり、ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。これからもよろしくお願いします。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円
2017_08
27
(Sun)10:10

埼玉がん再発・転移者のランチオフ会終了!

昨日のさくらんぼのランチ会参加者は11名。

あれだけエネルギッシュにランチ会の進行をすれば、誰だって疲れるはず。(笑)昨日は、茫然と24時間テレビ視聴で疲れをとった。(ブログ無断お休み ご容赦を。)

既存の方々は、もう、慣れているが、新しく参加されたお二人には、多分、びっくり仰天されたことだろう。何様、個人のおしゃべりは、NGであるが、(折角お話をされているので、しっかりみんなで聞く。)

人が話している時に、合いの手(質問や、確認や、関連した話をするのは、OK)を入れることは、バリバリOK

色んな患者会のスタイルがあるだろうが、『こうあるべき。』と思っておられる方には、あまりにも型破りな話の膨らまし方に、違和感を覚える方もおられるかもしれない。そういう方は、無理をされることはない。他をあたればよいのである。

ランチ会場のマーガレットさんには、前日に打ち合わせをした。11人が向い合せになるように、和室と洋間を長くテーブルを繋ぎ合わせて下さった。

調理場に話は漏れてくるだろうが、守秘義務を守って欲しいなど、いくつか確認をさせて頂いた。逆に、オーナー自身も、『シャロームさんは、プライベイトなことをお話をしても他言しない。安心できる人。』と、思って下さっている......という確信が私にはある。

双方向で尊び信頼し合っている。ほどよい距離感を保ちながらご近所づきあいが出来る幸いを覚えている。(なんたって、歩いて1分)

さて、ランチやケーキセットの美味しかったこと↓
みんな、一律メニューのドライカレー

ドライカレー 気持ちが晴れるような鮮やかな色合い

ケーキセット調理場の温度でチーズケーキが傾いている
一同、ケーキを口にして感動の声を上げる。加藤千恵さん仕込みの上品なお味。

例によって、参加された方の感想メールを貼り付けさせて頂く。こういうメールは、次に繋げる私の原動力となる。

Aさんのメールから(但し、格好内は、私の補足)

〇〇 ▲▲▲です。

シャローム代表😺
何故か一人 負けで、石鹸getならず残念でしたが、盛り上がりましたねえ~😄 (持ち寄り品で、ミニフリマを実施、石鹸争奪で私が負けた。)

さくらんぼの会員のお一人 おひとりが抱えている状態は違いますが 、同じ病を抱える同士的な、もう何年も前からのお知り合いのような気持ちになっている私がいました。

△△様、◇◇様ようこそ、シャロームへ これからよろしく💟

マーガレットさんの美味しいお食事とケーキ。今日、出席する事が出来感謝すると共に、代表の細やかなお心遣いありがとうございましたm(__)m 。

Bさんのメールから

こんばんは。今日はお世話様でした。美味しいランチとおしゃべり、とても楽しかったです。

〇〇病院から今の病院に転院した際に、副院長の横田先生から県がんより『〇〇病院の方が良かったのに....と、言われた時はショックでしたが、今日〇〇病院の実態を知って、県がんに転院をさせてくれた〇〇先生に感謝です。

緩和には余宮先生もいらっしゃるので良かったです。シャロームを紹介してくれた〇〇さんにも感謝です。

皆さんのお話を伺ってると、同じがんでも副作用の出方が違ったり、有名な病院だからと信じてしまいがちですが、

裏がある事を知り毎回、参加させて頂く度に色々と勉強でき、いつも楽しく参加させて頂いています。楽しい一日をありがとうございました。

教えて頂きたいのですがエナ〇ートローン、交流磁気治療って(血流を良くすると言われてます。)7月19日から週1でエナ〇ートローンに(無料です。)行っている事を大丈夫か、がんセンターに問い合わせしましたら、

どういう物か分からないので止めて下さいと言われました。私は血流が良くなり寝付きが良くなったのと冷えが少し改善されたので続けたいのですが抗がん剤治療中は止めた方が良いのですか?

(すぐにご返信し、看護師が止めて下さいと言われたものは、止めておくことにこしたことはない。また、ちょっと、ネットで調べたが最初は無料、後で高額で売りつけると書かれていたよ。と、アドバイスした。)

Cさんのメールから

おはようございます。
昨日は、大変お世話になりましたm(__)m

私は、昨年11月のがん患者会シャローム主催の、勝俣先生講師の勉強会に初めて参加させて頂き、シャロームさんと勝俣先生の掛け合いを拝見しておりますので、何となくですが私の中では『シャロームさん像』というのは出来ておりました。

勉強熱心で正義感があり厳格な慈愛に満ちたお方。なのだと(勝手に)思っておりました。今回【さくらんぼの会】に参加させて頂き、そのシャロームさん像に『ユーモラスな方。時々、こどもっぽい方』がプラスされました。石鹸GET出来ず、残念でしたね(笑)

お食事も、とても美味しく💕尚且つ、あのお値段(๑˃̵ᴗ˂̵)وgood最高でした。

お話も、勉強になる事ばかりで、障害年金につきましては、早速動きたいと思っております(退院してから)

シャロームさんが70歳までの会。とても残念ですが、それまで存分に参加させて頂きたいと思っておりますので、宜しくお願い致しますm(__)m

上記、文中にお気を悪くされる表現がありましたら、お許し下さいm(__)m

私の〇〇がん病歴や勝俣先生のセカオピで聞こうと思っている事に関しては、改めてメールさせて頂きます。

シャロームさんや皆様にお会い出来た事に感謝致します。

.............................................................................................

昨日のミニフリマの売り上げは、4,260円であった。活動資金に充てられる。また、さくらんぼのメンバーとは、当会の再発・転移者の会の名称が、さくらんぼの会ということである。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円

2017_08
25
(Fri)22:32

お金は貸せない:だから、断念してもら他ない!

明日は、さくらんぼの会(埼玉がん再発・転移者の会)、ランチ&ケーキセットで、1,400円。お誘いは、メールであるが、お一人のみ、どうしてもいつも、連絡から漏れる。

携帯もPCもお持ちでないので、連絡は、固定電話のみ。ところが、昼間デイサービス(まだ、50代であるが)を利用されているので、なかなか、つかまらない。

それでは、夜電話すればよいと思われるだろうが、結構、雑事に追われて忘れてしまう。やっと、明日の今日になって、さくらんぼの会をお誘いした。(って、一度お電話したけどご不在だった。)

『行きたいし、みんなにも会いたいけど、実は、お金がない。お恥ずかしい話だけど・・。もう少し、早めに分かっていたら、その分のお金を用意していたんだけど・・。生活保護費の出る5日以降なら、大丈夫なんだけど・・・。』

と、言われた。がんは、2年前から無治療(某がんの肝臓転移)であるが、悪さをしていない。使える薬はすべて使ったので、もう、手の施しようがない。ところが、がんは、休眠状態。こんな不思議なこともあるものである。

『ごめんね。お金、立て替えれば(お貸しすれば)いいのかもしれないけど、当会は、それを禁止してるからね。残念だけど、次回にまた、お会いしましょうね。』

そういって、お互いが断念した。

しかし、先日のスローエアロビの時に、私は、レッスン料の500円しか手元になく、ランチを誘われた時、お金を借りた。もう一人の会員さんは、財布を忘れていた。

それでは、当会の約束通り、ランチに行けないか・・・。実は、講師が彼女の分を立て替えることを、私は許した。

私の借りたお金は、すぐにお返しした。お金の貸し借りはしないんじゃないの?、シャローム代表は、一貫性がない!とご批判を受けそうであるが、それは、実は、臨機応変なのだ。

私は過去に、生活困窮者(借金をされておられるがん患者)にお金をお貸ししたことがある。勿論、返ってはこない。って、もう、『返却不要。』と言って差し上げた。

私は、お金を差し上げるような身分ではないが、これ以上、お付き合いをすることは、お互いのためにならないと判断し、交流を絶った。

再度、お電話もあったが、私は、すぐに切らせてもらった。生活費にお困りなら、やはり、この国の制度の生活保護をお受けになるべきである。

ズルズルとした関係は、互いを滅ぼす結果になる。当会は、お金のトラブルを避けるために、お金の貸し借りはしない!ということを徹底している。(但し、前述したように、私が判断して、そう責任をもって、例外的に認める場合もある。)

そういったことも含めてお金に関しては、透明性を重んじている。コソコソ内緒とか、これは、黙っていてね的なところもない。不正がはびこらないよう毅然とした態度で監視の目を光らせている。

明日のさくらんぼの会の会場としてご提供下さるマーガレットさんのオーナーさんには、絶大な信頼を得ている。

エピソードを一つ。ある日、彼女から、外出先から電話がかかってきた。『ストーブを消したかどうか、自信がない。家の鍵が、〇〇に隠してあるので、その鍵で家に入って、確かめてくれないか?』と、頼まれた。

こういったことを、私のようなものに、依頼して下さるご近所さんとの関係もまた、私は、宝物だと思っている。

さて、明日は、さくらんぼのメンバー、きっと、きっと、ご満足いただけると思う。お料理もケーキも、交わりも。

【過去ブログ】
別のご近所さんのとの関連エピソード↓

『信頼の絆!』 

『プライオリティー』 

『頼りにされると言うこと』

あっ。また、例によってテーマから逸れた。いつものこと。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円