2017_04
27
(Thu)08:27

台湾ご夫妻に救いの手を!沖縄旅行中に早産。治療費600万円!

下記のyahooニュースをネットで見た。気にはなったけど、そのままスルーした。すると、今朝、もう、一度、何故か、このニュースが目の中に飛び込んできた。

20日のニュースなのに、何故?

そこで、これは、何か、アクション起こせ!というメッセージかな?と思い、よんどころない理由で急きょ、田舎に帰っておられる会計さんに相談した。

1万円を寄付したい!すると、シャロームさんの考えに賛同しますとお返事が来た。人助けは、がんだけに限局しないでもよいのでは・・と思った。

自分の懐を痛めないで、ちょっと、ずるいと思うかもしれないが、会計が底をついたら、また、どうせ、自腹切るのだから、あまり後ろめたさは感じなかった。そもそも、この私の活動ボランティアだし・・・。

9時になったら、銀行に行こう。今、私に出来る働きが出来ればいい。当会そのものも、社会貢献できればいい・・・。

沖縄旅行中に早産、医療費なんと600万円 
        「パニック」の台湾人夫婦に救いの手

沖縄タイムス 4/20(木) 5:15配信

 琉球華僑総会(張本光輝会長)は19日、台湾から観光で沖縄訪問中に、妊娠7カ月の早産で884グラムの男児を出産した李(り)さん(20)に、医療費支援で100万円を贈った。

日本の保険制度が適用されず医療費はすべて自己負担。男児が集中治療室に入っていることもあり、医療費負担は現時点で600万円近いという。那覇市内の同総会事務所で支援金を受け取った夫の鄭(てい)さん(23)は「ご厚意に本当に感謝している」と深々と頭を下げた。

 鄭さん・李さん夫婦は、新婚旅行のため3月29日に来日。3泊4日の日程で4月1日には台湾へ戻る予定だった。

しかし李さんが30日未明に破水し、急きょタクシーで病院へ向かった。ツアー添乗員も通訳として同行し、未熟児出産に対応可能な沖縄県立南部医療センター・こども医療センターへ移送。李さんは帝王切開手術で男の子を出産した。

 鄭さんは「6月後半が出産予定日だったので、破水した時はパニックになった」と振り返った。

 手術は成功したが、予期せぬ「外国」での出産で、夫婦には大きな金銭的負担がのしかかった。男児は安定するまでの入院が必要で、今後負担額はさらに増える見込みだ。

 張本会長は「子どもが一日も早く、健康な状態で台湾に帰れるよう願っている。沖縄県民の温かい心を台湾の夫婦に届けてほしい」と支援を呼びかけた。寄付は5月15日まで受け付ける。

振込先は「琉球銀行安謝支店(あじゃ・してん)普通預金633614 リュウキュウカキョウソウカイ(琉球華僑総会)」、問い合わせは、同総会電話098(862)9153。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円  

 


2017_04
26
(Wed)18:29

喪失の悲しみをサポートするグリーフケア:昨日お会いした方からのmail!

昨日、ブログに書いたように、ご主人を二ヶ月前に亡くされた方とお会いした。サイゼリアで遺族会員さんと合流。

彼女は、お庭のカモミールを初めてお会いした方にプレゼントした。何て優しい会員さんなんだろう。続いて、私からもいちご大福を差し出した。もう、それだけで、距離は一気に縮まる。

何度も涙をぬぐわれた。これから精神面でも経済面でも厳しくなっていく。(遺族年金が少ないのに、ご不安を覚えておられた。)

それでも、毎日を繰り返して行く時に、きっとある日、振り返った時、頑張ったご自分に気付かれることがあるだろう。

経済面では、私の得意技(節約術)をご披露。参考にしますとのこと。どんな申請だったか忘れたが、先輩会員さんから、後二ヶ月の間に必ずこれを、申請するようにとアドバイスをした。『それを、聞いて本当に助かった。』とおっしゃっていた。

さて、帰宅されてすぐに次のようなメールを受信した。短いけれども、どんなひと時であったか、そのメールで読み取れる。ちょっと、ほめ過ぎではあるが、きっと、昨日は、そのように映ったのだろう。

いつか、笑顔が戻るまで、また、末永いお付き合いが出来ればと思っている。

.................................................................................

シャローム様 

きょうは 貴重な いち日を 私のために ありがとうございました  お会いできて 本当に 良かったです。
 
世の中には こんな 良い人も いるんだ と 感動しました。 聖母マリア の ような シャロームさん と 知り合えて 本当に 良かったです 。
 
これからも 宜しくお願いいたします。           
...................................................................................

当会は、埼玉県立がんセンターのピアサポートカウンターで情報を得られた。都内ではなく、埼玉県で活動している遺族会を知りたいというご相談であった。

県下で、グリーフケアをしているところは、当会のみであるが、遺族会は、独立した形なので、早速、来月にでも、真珠の会(遺族の会)を、開けたらと思っている。

がん患者会シャロームさんのランキング
心と身体77(昨日:102位) / 22986人中
医学 8位  (昨日:12位) /   1898人中
更新日時:2017/04/26 06:41


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円  

2017_04
25
(Tue)09:59

私に出来ることは限られている!出来る範囲でサポートさせて頂く!今日は、ミニ遺族会。

今日は、4月13日のブログで発信したように、ご遺族ミニランチオフ会を開く。当初、4人での予定であったが、ご主人を亡くされた遺族会員さんが、よんどころない事情で急いで田舎に帰られた。

初めて参加される方は、今日のこの日を楽しみにされておられたので、3人でのランチ会を決行する。

たまたま、お子さんがおられない。夫を亡くし、お子さんのいらっしゃらない方をご希望されたが、あいにく、その条件に合った方はおられない。

以前、男性で奥さんを亡くされ、お子さんのおられない方が、やはり、県立がんセンターから紹介されて当会にアクセスされた。

まだ、現役で働かれておられたが、会社の方もその憔悴しきった彼を見かねて、半年位経ってから女性を紹介された。

そして、一年後にご結婚された。女性に出会われる前、私とは、ほぼ毎日メールの交信をした。張り裂けんばかりの苦しみをメールで私にぶつけられた。

車を運転している時だけは、誰にはばかることなく、大声で泣く!と書かれていたのを今でも覚えている。どんなに、どんなにお辛かったか。それだけに、奥さんは、どんなにお幸せだったか。

そもそも、当会の遺族の会に参加される方は、伴侶をこよなく愛された方たちばかりである。だから、喪失の悲しみを自分だけでは、背負いきれなくて仲間を求めて来られる。

お一人だけ、入会をお断りした方がおられる。私はその日、遺族会に参加出来ないでいたが、既存の会員さんからのご意見で、入会をお断りした。

お断りの理由は、私が作った。すべて、矢面に立つのは私でいい。泥被るのも、時に水をぶっかけられるのも私でいい。

入会をお断りされた方からFAXが届いた。本当の理由など知るはずもなかったから、当然、釈然としない。勿論、ここにも書けないが、やはり、マイナス×マイナス=プラス でなければならないし、

グリーフケアーでは、男性。女性。といった意識ではなく、伴侶を亡くした悲しみを癒す場であること。不用意な言葉によって、拒否されても仕方のない言動であったが、それは、言えなかった。

さて、
本題に戻そう。昨日、今日の待ち合わせ場所の確認を電話でさせて頂いた。『久しぶりに外に出るのも、人に会うのを楽しみにしています。』ということであった。

外に出ること、人に会うことを当たり前のように毎日を送っている私は、心を注いで寄り添わせて頂けるのだろうか、私は、お会いする資格はあるのだろうか。ふと我に返る。

私に出来ることは何かあるのだろうか。悶々としていた時、自然に閃いた。いちご大福を作ろう。桜餅は、前の晩から仕込まなければならないから無理。たまたま、いちご大福の材料があった。

彼女の気持ちを思いながら、いちごを餡でくるみ、白玉粉で作った餅生地を伸ばして更に包んだ。

『喪失の悲しみにくれるほど、お幸せだったのですね。』まるで語りかけるように作った。そんな方ならきっと、このいちご大福も喜んで下さるに違いない。

私に出来ることはしれている。私に出来る範囲でしか動けない。自分を知り、それを生かす。出し惜しみはしない。

だって、患者会バリバリ進行中なのだから。だから、手抜きはしない。ない袖は振れないから、活動も縮小してきた。年齢と共にやれる範囲は限られてきた。

この埼玉県は、極端にがん患者会も少なければ、遺族をケアする機関(団体)は皆無。県民の意識なのだろうが、その訳が最近分かったような気がする。

私は私らしく、私に課せられた課題を粛々とこれからも実行する。その事柄を課した自分を、時に私は褒めてあげる。

『シャロームさん。あなたは、ちょっと変わっているけれど、そして、無償の働きだけれど、本当によくやってますよ。私はあなたを理解しています。だから、もう少しがんばりましょうね。』。

物事には、始めがあり終わりがある。終わる時は、70歳と決めている。後、4年間。私は、今までもこれからも、がん患者会シャローム代表として歩み続ける。不要なものは、削ぎ落としながら。そして、いつか、人生そのものの終焉を迎える。

さぁ~。これから、お化粧をして、お洋服を着替えてお出かけだ!


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円  
2017_04
22
(Sat)15:44

埼玉県立がんセンター緩和ケア研修会講師終了!明日の講師からある言葉を。。。

講師もさることながら、別件のこともあり、ちょっと疲れたかな?

そんな中、本日の私の講話を聞いて下さり、明日の講師のお一人である、三次市立中央病院(広島県)緩和ケア内科 医長の佐伯俊成医師がご挨拶下さり、こうおっしゃった。

『先ほどの、シャロームさんの、主体をずらさない(PPTを活用しての私の講話)というお話は、常々、私がいつも強調していることです。よいお話でした。』と、言って下さった。

そんな会話を交わした後、明日のこの佐伯先生の講義を聞きたくなった。明日も、緩和ケア研修会を聞きに伺うつもりである。

また、別件では、ここ何ヶ月か、ずっと引きずってきた案件があったが、全貌が見えてきて、『なるほど、そういうことなんだ。』理解出来た。

そして、そういうことなら、いつか、私自身も決断をしなければならないな!と腹が座った。

生きていると、活動していると、色んな事あるけど、これが、生きるってことだな・・・と、開き直ってもいる。人は人、私は私。私が納得して歩み進む道をこれからも自分で決めて行動に移す。

私が私であるために。

いつまでも、それにこしゅうしているところに、生きづらさやひずみが出てくるもんだと思う。

私は、もう、こんな年になったのだから、自ら喧噪の中には入らない。だったら、自ら引くべし。びし。

【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円  
2017_04
19
(Wed)22:42

2017.4.16.横浜オフ会終了!part3参加者のmailから....。

昨日の続きである。

Gさんのメール↓
シャロームさん。こんばんは。
留守電への伝言、ありがとうございました!とってもお忙しいのに、私の問いかけを覚えていてくださり、お返事までいただき、本当にありがとうございます。

以前ご参加されたことのある、肺がんステージⅣの彼女は、あのオフ会の帰りに、~割愛~「(彼女)痩せてしまって元に戻らない。(私)ステロイドでむくんで太って見えるのがストレス」などを話ながら、途中まで電車で一緒に帰ったことを思い出します。

遅くなりましたが、オフ会も本当にありがとうございました。

私はシャロームさんのように変人?ではないようで、(これは、私が、患者会などという、人のお世話をするような人は、結局変わっている人である。と説明したことを受けての言葉である。)自分の日常生活で一杯一杯になってしまいます。

でも、シャロームのオフ会に参加すると、自分の狭い殻がちょっこと開く感じがします。アサリの塩出し的に。

そしてもちろん、楽しいのです。今回はフリマまであり、ますます楽しかったです。フリマで買ったスカートを翌日バイト先にはいていったら、大好評でした。

イチゴ大福とってもおいしかったです。記憶以上のおいしさでした!

ルシアンクッキーも期待通りおいしく、仕事から帰ってからの楽しみです。楽しみが長く続くよう、誘惑と戦いつつ一日1個ずつ食べています。

そして、参加者の方々の背景や状況のお話は、経済力や仕事ができるできないなど表面的なものではない、人間のあり方を思い出させてくれます。

次の横浜オフ会にもぜひ参加させていただきたいです。そして、シャロームさんがずっとお元気でオフ会でお会いできればなと思っています。

すぐに殻が閉じてしまう私ですが、今後もシャロームさんの本音トークで殻をこじ開けてください。末永くよろしくお願いします!
....................................................................................

楽しいことは、あっと言う間に終わってしまう。横浜オフ会も、まるで、講演会開催時のよう。それまでの準備は大変なのに、大輪を咲かせて、感動を共有して、そして、一瞬で散る。

ところで、
私をずっとご支援下さった方がおられた。もう、ネット上では消滅してしまったが、がん患者ネットという、全国の患者会がネットを通じて情報を共有し、ネットの内と外で盛大に活動していた時期があった。

その代表の山崎文昭さんには、大変お世話になった。

彼は当時、厚労省や国会議員、がん治療医など、幅広い人脈で活躍されていた。がん対策基本法成立にも、水面下で貢献された。

その彼が、2006年。第一回、がん患者会シャローム共催の講演会を開催した時(講師は、国立がん研究センター当時の勝俣範之医師)、色々とお知恵やアドバイスを頂いた。

その時、『シャロームさん。きっと、講演会が終わったら、そんなに大変でも、きっと、また、開催しようって絶対に思うよ。苦労が吹っ飛ぶくらい感動が大きんだよ。』そうおっしゃっていた。

その時は、『山崎さん。きっと、私は、これが最初で最後。もう、こんな大変なことは、今回でおしまいにしたい。』そういったことを覚えている。

まだ、会員が一人もいない時に、あるNPO法人の名前を借りて、共催という形で、講演会を開いた。今、考えれば、本当に無謀とも思えるが、必死だった。苦労も、並大抵でなかった。

しかし、その講演会も大盛況で終わった途端、私の頭の中は、もう、次の講演会の構想を練っていた。やっぱり、山崎さんの言うとおりだった。それから、二年に一度の講演会を、計5回開いた。

どの講演会も、満席で、講師としてご参加下さった先生方が、こんな講演会は初めてとおっしゃるくらい、熱気に溢れていた。

すべての企画は、実施されるまでは本当に大変であるが、開催されるとあっという間に時間は経ち、気が付けば終わっていた。というのがいつものパターンである。

そして、あれは、夢か現か幻かと思う程、その感動は、瞬きをしている間のように短い。そして、すぐに次の企画に気持ちは移っていたりする。

生きるって、こういうことなんだなぁ~。それが毎日の積み重ねってことなんだなぁ~。漠然とそう思ったりする。

この横浜オフ会も、楽しかったその瞬間は、あっという間に終わり、そして、みんな、次の横浜オフ会に期待を馳せている。

なかなか、重い腰は上がらない私ではあるが、また誰かがきっと、私のお尻に火をつけてくれることだろう。



【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円