FC2ブログ
2018_09
19
(Wed)23:00

何故、高額な抗がん剤を保険適応にするのか!

昨夜、日本医科大学武蔵小杉病院のキャンサーボード勉強会に参加した。

資料は、頂けないので適当なことを言ってはいけないが、一つだけ覚えているのは、一人の患者に一年間にかかる医療費が何千万円もする抗がん剤を、最近、次々に保険適応されているのは何故か?

ということに対して、今までは、抗がん剤を体内に投与してみないと分からないといった代物であった。例えば、効果がないのに、腫瘍の縮小は図れず、副作用だけが出現し、無用な苦しみを強いられる。

当たるも八卦当たらぬも八卦的な何とも、分の悪い治療を受けていた。受けている。しかし、抗がん剤感受性試験(とか、ゲノム検査で)の治験が現在行われており、

その結果では、この抗がん剤では無効だが、こちらの抗がん剤は、効果を期待できる・・・ということが分かっていれば、前者は、最初から試さない。(無駄な医療費は、ここで食い止められる。)

だから、高額を保険適応すれば、その数多くの人が投与されている、無用な医療費が削減されるということになるらしい。

抗がん剤感受性試験については、このサイトが参考になると思う。

ただ、実は、もう何年も前からこの抗がん剤感受性試験というのは、注目を集めていたが、がん細胞は、増殖する度に顔かたちを変えていくので、効果のある抗がん剤が定まらない・・と聞いたことがある。

しかし、最近は、ゲノム(遺伝子)検査でかなりその効果が期待されるようになったらしい。ある医師がおっしゃっていたことを思い出した。

後、5年もすれば、がん医療は、目を見張るような進歩を遂げる・・・・と。遺伝子異常を見つければ、(来年度から遺伝子検査も保険適応になる。)そこをターゲット(ピンポイント)に攻撃するから、いつの日か、がんも治癒する時代が到来するのだろうと思っている。

早く、早く、そんな日が来ることを心から祈っている。






2018_09
14
(Fri)12:23

『とんでもないことが起こった。』会員さんのご相談電話から

内容などは、とてもここには書けない。

しかし、とんでもないことが勃発したこと、それは事実である。当事者でない私でさえ、昨夜は、眠れないほどであった。

命を預かるということがどういうことか、あなたの娘さんが同じ状況でも、このようなことをなさるのか?

一発かましてやりたいほどの不誠実さ。

命をまさに担いで、必死で生きている患者にこの仕打ちはないだろう。ここに、声を大にして叫びたい気持ちである。

まさに、とんでもないこと。

しかし、そこから脱却する方法を模索した方がいい。無い知恵を絞りだす。そして、今朝、昨日のご相談者(会員さん)に電話を入れる。

どうか、どうか、好転しますように。ただ、それだけである。ただ、それしか書けない。この先、道が開けますように。そう願って祈っている。



【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円 

2018_09
11
(Tue)20:57

弱みにつけ込む“がんビジネス!”

私の所にも、がんビジネスは、偲びこんでくる。いや、患者会だからこそ、いいカモかもしなれないと思っているのか、結構な誘いを受ける。

ある医師から脅されたこともある。その病院は、保険認定医からも外された悪徳な医院ではあったが、それも、確か5年ほどで、その取り消しは解除されるから、同じようなことを今度は見つからないように続ける。

その事実を別の医師(勝俣範之医師ではない。)がブログに書いていたので、転載しただけであったが、その文中で批判されている医師から、私のこのブログにコメント投稿され脅された。

内容は忘れたが、(天罰が下るとかなんとか、書かれてあったかなぁ~)すぐに勝俣先生に報告したことを覚えている。

更に、別の怖かったことをこのブログでも以前書いたと思うが、勝手にCDを我が家に送ってきて、『視てくれたか?』と、電話で聞いてきた。

こういうものを送って来ないで下さいと返答したら、しばらくして、その送り主が我が家のインターホンを押した。

怖くて、玄関の鍵がかかっているか、勝手口やリビングの吐き出しの窓も施錠されているか、家中の鍵を確認した。そんなこともあったなぁ~。

他にも、如何わしい代替療法の宣伝をして、切ろうとすると、『あなたは、その患者会の人たちを見殺しにする気か?』と言われたこともあった。

実名や携帯番号などを公的機関などに公開していると、色んな悪徳とされる人たちから、その罠をしかけてくる。気丈に断らないと、身動き取れなくなるので、毅然としていないといけない。

友人が、がんに効くという高額な商品を送って来てくれたこともあった。しかし、やはり私は、申し訳なかったが、送り返えさせて頂いた。

私は、きちんと、国立がん研究センターで最善な治療を受けているのだから、治療の妨げになるような余計なことはしないで欲しいのではあるが、

実は、本当に親切心で送って下さっているので、これが一番に厄介。がんに効果があると信じているのだ。

恣意的に患者を騙そうとする商売の人ではなく、後者は、良かれと思って、懐をはたいて買ってくれ、それも、送ってくれるという手間も掛けて下さっている。だから、返送するなど、実はもっての外なのである。

それでも、優柔不断な態度を取ることで、逆にその友情間にもひびが入ってしまいかねない。はっきりと断り、それはそれ、友情はまた別!と、切り分けなければならない。

がん患者は、こんな治療とはまたかけ離れたところで、闘わなければならないことを知って頂きたい。そして、やはり、科学的根拠(エビデンス)に基づかない、巷に溢れた如何わしいものを、安易に大切な友人にプレゼントすることも、控えて頂きたい。

人に効いたから(これも、本当かどうか、検証が必要)、友人にも効くに違いないとすぐに思いやすいが、体験談こそ、信用ならないものはない。万に一つに、精神効果(プラシーボ効果)があったとしても、

それが、他の人にそのプラシーボ効果があるとも限らない。人体被害もありうる。勝俣範之医師が、こんな記事をtweetされていた。

勝俣範之 @Katsumata_Nori 9月9日



【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円 




2018_09
09
(Sun)16:26

RFL部分参加!

今朝、9時半東浦和改札口 待ち合わせの場所に5分遅れて到着。

乗り過ごして北朝霞まで行ってしまい、逆戻り。そういうヘマをいつもやらかす。

でも、勝俣先生のご講義(といっても、Q&A)までには間に合った。あ~いう場では、こういうスタイルが一番!身近で参考になる質問内容ばかりであったので、皆さん一様に勉強になった模様であった。

隣のご夫妻は、勝俣先生が、『ご家族は、えてしてこういう励ましの言葉を掛けますが、それは、逆効果です。こういう言葉は、控えて下さい。』というと、

まるで、『ほらね。貴方の事よ。』と言わんばかりに患者である奥さんが、ご主人をつついておられた。勝俣先生が代弁者となって下さり、その妻は、どれだけ救われた思いだったことだあろう。

ご回答は、かなり平易で分かり易かった。何度聞いてもよい。よい。しっかり刷り込んでおかないといざという時には、役にたたない。

最近、私のスマホは、画像が送れない。通常なら、大・中・小に分かれて送信するのであるが、原寸そのまま送られるので、

マイピクチャーに保存出来ても、ファイルアップロードが拡大過ぎて縮小出来ない。

先生の歌のステージもご用意された。とてもスキルアップされていると思ったら、『人様に聞いてもらうのだから、ボイストレーニングに通っている。』とおっしゃっていた。どうりで音域は広がり声量も太くなったはずだ。

はからずも、涙が溢れた。

例によって暑さは半端なかったが、雨に降られるよりもはるかにまし。6年間、当会もチーム参加したが、もう、あの頃のバイタリティーはない。

本日のように車で送り迎えをして頂き、部分参加ならなんとかなるかもしれないが、それも、きっと年ごとに出来なくなることだろう。

参加者の笑顔が素敵だった。さくらんぼのメンバーがご家族でお見えだった。いつも、お嬢さんを思い、ケーキをお土産に持って帰って頂いているが、本日、そのご本人にお会い出来た。

大黒柱の父親が、それも、自営業をされておられる方が、がんにり患するということは、本当に前途多難である。

そんな時に、がん患者の障害年金制度は、有用情報である。このRFLinさいたまの会場にも社会保険労務士さんが、サバイバーテントで、その説明会をされていた。

それでも、ご存知ない方は多い。自分が今まで納めた老齢年金。その受給年齢まで生かされる保障はない。だからこそ、前倒しで(治療費にあてがわれる)給付されるのが、このがん患者の障害年金。

申請をしないって法はない。当然の対価。当然の権利なのだから。





2018_09
04
(Tue)10:14

命のバトンゾーン:会員さんの報告を受けて!

今朝、昨日、腫瘍内科医:勝俣範之医師のセカンド・オピニオンを受けた会員さんから、ご報告のメールを受信した。

そして、次のメールは、私が彼女に送った返信である。
〇〇さん

おはようございます。
昨日のセカオピのご報告をありがとうございます。

悪化しているという言葉がこれほど憎く思った事がないほど、私の中で嫌悪感と憎悪の思いが充満しています。

いつも元気でいつも明るくいつも前向き。

こんな人は、当会に来なくてもしっかりやれてるじゃない?と思うほど、あっけらかんと治療に向き合っておられました。

でも喧嘩一つしたことがないという夫婦仲の良さを聞いた時、

〇〇さんが当会に繋がって下さるその意味を知った思いでした。

お二人の夫婦に向き合う姿勢を学んだ気がしました。お二人が素晴らしいということ。

一方だけが素晴らしく、一方だけが悪いではない。二人が互いを尊重し、受け入れ合うそのことを教えられました。

そして可愛い。可愛い。愛すべき、私の会員さん。

命のバトンゾーンに入っているのかもしれません。ちょっと〇〇さんの走る速度が急に早まって来ちゃった。

ゲノムの治験。75万円かかっても挑戦するかどうかは、お二人で決めましょう。

〇〇〇〇(抗がん剤の名前)は下痢が起きると聞いています。下痢が頻繁に起こると体力が無くなります。走る速度は、更に早くなるか、それとも、副作用はそれほどなくがんのスピードは抑えられるか。

それは、やってみないと分からない。

治験中の◇◇さんが10k痩せたそうです。10k痩せて中止の決断をしたそうです。私に出来る情報提供です。県立がんセンターの緩和外来に間に合ってよかった。正直な思いです。ギリギリセーフ。

セーフとアウトの違いは大きい。頑張って来たんだもの、ご褒美貰えるよ。きっと。

いつもご報告をありがとう。



【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円