2017_08
20
(Sun)20:45

がん あふれる不正確情報!毎日新聞

本日の毎日新聞に、この時の海外がん医療情報リファレンスの野中 希さんの記事が文中に掲載されている。

是非、がん あふれる不正確情報!を読んで頂きたい。冒頭には、誰でも陥りやすい事例も、紹介されている。標準治療こそ、最善の治療であることを、是非、もう一度、ご確認頂ければ幸いである。

くらしナビ・ライフスタイル

がん あふれる不正確情報

 がんの情報がインターネットや出版物にあふれている。不正確な内容も多く、その真偽を判断する手立てがない。自分が、または家族が、ある日突然がんを宣告されたら、どのように情報を集めればいいのか。

 ●「他に療法ないか」

 「治らないという医師の言葉に納得がいかなかった」。埼玉県在住の丸山隆さん(66)=仮名=の妻、昌子さん(66)=同=に昨年夏、ステージ4の乳がんが見つかった。

骨や肝臓に転移し、手術はできない。「延命のための治療を」と、医師は「標準治療」の抗がん剤を勧めたが、隆さんは受け入れることができなかった。

 「ネットには『治った』という話がたくさんある」。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で妻の病を公表したところ、知人から多くの情報が寄せられた。

食事療法やあらゆる民間療法。数々の情報の中から、隆さんは「免疫療法」に着目した。自由診療で高額だが、たまたまかけていた保険で費用が出ることも背中を押した。

しかし、いざ治療を受けようと主治医に話したところ、強く反対された。隆さんは悩みに悩んだが、昌子さんと同様の患者が、抗がん剤治療を受けて長く生きているという闘病記を目にして、ようやく主治医の方針に納得した。

 昌子さんは隣でほほ笑む。「私は初めから、治療法については目の前の医師が一番詳しいはずだと思っていました」。

隆さんは「でも家族は心配で心配で、できることは何でもやりたいと思う」と返す。抗がん剤治療を始めて10カ月。

昌子さんの肝臓の腫瘍は画像上、消えた。吐き気や口内炎などの副作用はあるものの、趣味の卓球を再開できるまでになった。「標準治療で良かった」。

隆さんも笑顔だ。それでも日々、完治につながる治療法が開発されないかと、ネットやテレビなどの情報に目を光らせている。

 ●「免疫療法」に注意

 ネットで最近、目立つのは、「体に優しい」「最先端」などとうたった「免疫療法」を施すクリニックのサイトだ。治療効果についてのデータを掲載するものも多い。

しかし、それらのクリニックに警鐘を鳴らすがん治療医は少なくない。

 「治療として裏付けるエビデンス(科学的根拠)がないうえに高額。患者をだましているに等しい」。外科医かつ腫瘍内科医で、がん医療に関する著書が多い「東京オンコロジークリニック」の大場大(まさる)医師は憤る。

「生死に関わる医療情報については、まず行政レベルで交通整理をすべきだ」。免疫療法には、医師という肩書だけで、がん治療の専門的トレーニングを受けていない人が多く関わっているという。

「本来、医療とは誠実であるべきです。今の状況は嘆かわしい」

 「日本は欧米で売れなくなった抗がん剤の在庫処理をさせられている」「米食品医薬品局(FDA)は抗がん剤を禁止している」。

これらはネットやSNSで、今も流れている風説だ。情報源も明らかにされないまま、多くの人が賛同し、拡散している。

海外のがんの最新情報を翻訳して紹介するサイト「海外がん医療情報リファレンス」を13年前に開設した野中希(のぞみ)さんは、そんな状況に驚きを隠さない。

 2002年、野中さんの義弟に小腸のがんが見つかった。「一日でも長く生きられるよう、最善の治療を受けさせたい」。

しかし小腸がんは症例が少なく、ほとんど情報がない。語学が得意だった野中さんは、試しにネットで英語のページを検索してみた。

すると「情報がざくざく出てきて驚きました」。義弟は亡くなったが、その間、ネットで多くの患者や医療者とつながった。

海外のがん情報を翻訳して伝えたところ、喜ばれたことがきっかけで、サイトをオープンした。

 サイトは、FDAや米国立がん研究所(NCI)をはじめ、世界のがん医療をけん引する機関から許諾を得て情報を発信している。

コンテンツには治療法をはじめ、がんに関するさまざまな情報が含まれる。翻訳者は全てボランティアで、多くの医師を監修者に迎え、校正には念には念を入れる。

 「国内外で行われる重要な臨床試験の結果は、英語の論文として医学誌に発表されます。要旨は全て、全文は一部無料で閲覧でき、情報源や出典をたどることもできる」。

論文の不正についても、全て科学的に検証され、厳しい審査を経ている。「日本人は語学の壁があるため、情報から隔離されてしまうのでは」と野中さんはサイトを続ける。

 07年、国立がん研究センターの後藤悌(やすし)医師が実施した調査結果では、ネットの大手検索サイトで肺がん治療について検索すると、米国では正しい情報が8割で、日本では3割だった。

その違いは「法的整備はもちろん、科学の扱い方に対する教育の問題では」と大場医師は話す。それでは、今現在、日本でがんの情報を得ようとする患者やその家族は、どうすればいいのか。
 
 ●医師と話し合いを

 答えは簡単ではない。「書店の『家庭の医学書』の棚には、エセ医療本が目立つ。『医学書』の棚には、より正しい情報があるが、内容が難しくて一般向けではない」と大場医師。

より確実なのは、主治医から情報を得ることだが、コミュニケーションがうまくいかない場合も多い。
 
 6月の国会で、医療法の一部改正案が可決され、厚生労働省がようやく「医療に関する広告規制の見直し」に乗り出した。今後の改善が期待されるが、患者側も引き続き、情報についての意識を高めることが必要だ。【三輪晴美】


 ◆がんの情報を得るときの主なサイト

「がん情報サービス」

http://ganjoho.jp(運営:国立がん研究センター)

部位ごとの解説、患者の生活や療養をはじめ、患者やその家族に有用な情報を掲載。

「がん情報サイト」

http://cancerinfo.tri-kobe.org(運営:公益財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター)

米国立がん研究所(NCI)とライセンス契約し、がんに関する最新かつ包括的な情報を配信。

「海外がん医療情報リファレンス」

https://www.cancerit.jp(運営:一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)

「『統合医療』情報発信サイト」

http://www.ejim.ncgg.go.jp/public(運営:厚労省の事業における文献調査委員会)

民間療法をはじめ、補完代替療法について科学的根拠に基づいた情報を発信。


標準治療

 科学的根拠に基づき、現時点で奨励される最善の治療。一方、患者が自費で受けることを厚労省より認められた「先進医療」は、標準治療に勝ることが科学的にはまだ証明されていない。

また「先端医療」と呼ばれる治療は開発途上で、治療として成り立つかどうかも不明。

免疫療法

 自己以外を排除する「免疫」本来の力を回復させたり、強化したりすることによる治療法で、近年、盛んに研究が進められている。

しかし、現時点で有効性が証明されているのは「オプジーボ」「キイトルーダ」をはじめとする「免疫チェックポイント阻害剤」などの一部薬剤のみ。

それ以外の免疫療法は、真に効果が証明されていないため、注意が必要だ。

 
がん患者会シャロームさんのランキング
心と身体21 (昨日:81位) / 23686人中
医学 4( 昨日:9位) /  1949人中
更新日時:2017/08/20 06:41
 
 
【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円




2017_08
17
(Thu)21:09

「標準治療」こそ最善の治療!ヨミドクターより

私は、時間がある時は、朝、近くの公園でラジオ体操をし、その後、40分位ウォーキングをしている。遊歩道を、もおばちゃんたちが、大きな声でおしゃべりをしながら歩く。

そんな中、友人が、『がんのことは、、シャロームさんから、いろいろ聞いても分からない。でも、やっと、標準治療というのがあって、それは、最高の治療だってことが分かった。』と、話してくれた。

『大丈夫。それだけ分かれば、大したものよ。』と、言葉を返した。

昨日の、ヨミドクターに、「標準治療」こそ最善の治療というタイトルの記事が掲載された。勝俣範之医師もいつも、口をすっぱくしておっしゃる。

標準とは、並とか、普通とか、スタンダードとか、そういったものではなく、極上であり、最高であり、最善の治療だと。

下記、記事の執筆者田村氏も同じことをおっしゃっている。何回でも、どんな人でも、同じような内容であっても、こういった、記事を何度も読み、頭に刷り込み、足を救われないように、引っかからないように、ブレない人になって欲しいと思っている。

今日も、ご相談のお電話を受けた。某がんのステージⅣ.最後に、『絶対に如何わしい免疫療法にだけは、手を出されないように。あれは、インチキですし、効きません。騙されないで下さいね。』と、釘を刺した。

明日は、この免疫療法についての取材を受ける。依然からお世話になっている医療ジャーナリストさん。いつも、しつこく書くが、免疫療法のテレビ取材にうちの会員さんが協力した。が、結局放映されることはなかった。かなり不誠実な対応であった。

最近は、少しずつ異を唱える医師や週刊誌が声を上げるようになった。被害にあってから会員さんになった、遺族の方は、メディアに傷つけられて、退会された。

折角、一人でも多くの人に、この免疫療法が詐欺だと伝えたいお気持ちであったにも関わらず、

ある雑誌で、『そういうものに引っかかる患者側にも問題がある。』というようなことを書かれたらしい。同じようなことを、あるがん患者をサポートする団体のトップも口にされていた。

絶対に、そうではない。弱みに付け込み、(よわている時は、思考回路も止まっている。)巧みな言葉で患者や家族を騙すのだ。それが、免疫療法の手口。

当会の会員さんも、当会に繋がるまでは、『一度やってみようと思った。』という人は少なくない。前出の遺族の方も、『手を出す前に、シャロームさんに出会っていたら、そんなものに、引っかからないで済んだと思う』と、おっしゃっていた。

その方の体験が朝日新聞全国版に載ったので、是非、読んで頂けたらと思う。

..................................................................................

田村編集委員の「新・医療のことば」

2017年8月16日 読売新聞ヨミドクター

「標準治療」こそ、最善の治療

 よく耳にするのに、なかなか誤解が解けない言葉に「標準治療」があります。

 「標準」には「平均的な」とか、「普通の」といった意味があります。そのためなのでしょうか。「標準治療」というと、平均レベルの治療で、さらに上の治療があるように思う人がいるようです。

 しかし、それは誤解です。医療の現場で使われる「標準治療」とは、臨床試験などの結果に基づいた科学的根拠のある、「現時点で最善の治療」です。にもかかわらず、特にがん治療の現場において、科学的根拠が不十分な治療情報が、主にインターネットにあふれています。

遺伝子治療でトラブル

 がん細胞の増殖を抑えるという遺伝子を、運び役のウイルスに乗せて体に注入する「がんの遺伝子治療」をめぐって、患者側とクリニックとのトラブルが相次いでいることを、先日、本紙が報じました。効果や安全性が確認されていない国内未承認の方法で、もちろん保険は利かず、費用も高額です。

 遺伝子を体内に注入する治療法は、生まれつき特定の遺伝子がない難病などにおいては開発が特に期待されていますが、おおむね研究途上の段階です。

 誤解の元には、「がんゲノム(全遺伝情報)医療」の存在があるかもしれません。こちらは、がんの遺伝情報に応じて最適な治療法を選択する、国のがん対策の柱の一つです。

遺伝子変異のタイプに応じて、分子標的薬という薬を使い分ける治療法が、すでに大腸がんや肺がんなどで保険が適用されています。

 どちらも「遺伝」という言葉が使われるので紛らわしいかも知れませんが、遺伝子そのものを体内に注入する「がんの遺伝子治療」、分子標的薬を使うがんゲノム医療とは、まったくの別物です。

免疫療法でも

 免疫療法でも、似たような状況があります。

 改定中の国の新しいがん対策推進基本計画では、「科学的根拠を有する免疫療法について」と、わざわざ「科学的根拠」という枕ことばを付けた上で、免疫療法の1項目が設けられました。

 免疫療法は、免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」(ニボルマブ)の登場に代表されるように、手術、放射線療法、化学療法と並ぶ、がん治療の第4の柱として期待を集めています。

異物を攻撃する免疫が、がん細胞へは働いていない仕組みを解明した成果に基づくもので、オプジーボに続く新薬も開発されつつあります。

 その一方で、「科学的根拠に基づかない」がんの「免疫療法」の情報が、インターネットなどにあふれています。保険が利かず、自費診療で高額なのは「がんの遺伝子治療」と同様です。

基本計画案がわざわざ「科学的根拠のある」と言っているのも、「十分な科学的根拠がある治療法とそうでない治療法があり、国民にとっては区別が困難な場合がある」(基本計画より)ためです。

患者の弱みにつけ込んでよいのか

 日本で1年間にがんで亡くなる人は、40万人近くに上ると推計されています。科学的根拠はないと頭では分かっていながら、わらにもすがる思いでこういった「治療」に最後の望みを託した患者も少なくないことでしょう。

だからこそ余計に、弱い立場の患者を食い物にする罪深さが際立ちます。(田村良彦 読売新聞東京本社編集委員)

tamura-400
田村 良彦(たむら・よしひこ)

1986年、早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で医療報道に従事し連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。

2017年4月から編集委員。共著に「数字でみるニッポンの医療」(読売新聞医療情報部編、講談社現代新書)など。
 
田村編集委員の「新・医療のことば」の一覧を見る


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円
2017_08
09
(Wed)15:42

週刊現代第二弾:絶対に受けてはいけない がん「免疫療法」と 「民間療法」

ご遺族になってから、当会にアクセスされた方がおられた。その方は、まさしく、この免疫療法に騙され、二ヶ月で600万円も費やし、医師の余命告知通り亡くなった方がおられた。

当会の遺族の会で、少しずつ喪失の悲しみを癒される中、同じように被害にあわれることがないようにと、ご自分の体験を、メディアを通して配信へ協力下さっていた。

朝日新聞の全国紙では、このように報道下さった

ある日、N〇Kさんから、熱心且つご丁寧な取材依頼が舞い込み、前出のご主人に協力を打診した。自分の苦い経験が生かされるなら・・・と、取材に協力下さった。

元の病院や免疫療法を受けた病院などから、嫌ではあったが、データや診断書も取り寄せた。撮影クルーもご自宅に入り、後は、放映を待つのみだった。

しかし、我々は、そのN〇Kさんにも結果的に騙されることになる。一年・二年経っても、一向に放映されないことにしびれを切らした私は、N〇Kに問い合わせた。

電話口では、『はい。います。』と、言ったにもかかわらず、『がん患者会シャローム代表からの電話』だと伝えられると、居留守を使われた。

仕方なく、メールで、放映されないのであれば、提出した資料を返還して下さいと言ったら、『本人に返します。』という短い返信。

それ以来、私は、何度となくN〇Kさんからアクセス(取材依頼)されようと、一切、耳を貸さないことにした。あまりにも、不誠実な対応に、今でもその怒りは収まっていない。

そして、その放映されなかった理由を、何年も経ってから、他の部署から知ることになる。であるなら、当時の記者さんは、きちんと、取材に協力した我々に事情を説明してしかるべきである。こんなこと、大人として最低のルールと思うが、天下のN〇Kさんなら、許されるとでも思ったのか。

患者を、遺族をあまりにも愚弄し翻弄させたこの事実は、私を深い禍根を残すことになるのである。

あっ。あっ。またまた、本題から逸れた。

週刊現代を今回も購入した。中には、袋とじになっていて、男性が喜びそうな画像が入っている。目次には、結構、真面目な内容のものもあり、しっかり取材や裏付けの取れた記事が掲載されているのに、やっぱり、購入は、はばかれる。勿体ない。

それはそうと、あの放送局が放映を取りやめた内容のものが、ここまで書くか!というほど、潔いほどの大胆さに、心から拍手を送りたい。


週刊現代

そして、第一弾の172ページには、次のようなタイトルの記事が載っていた。↓

免疫療法2

このことについては、私もブログで触れようと思っているので、また、後日UPの予定である。がんは、兎に角、しっかりと、標準治療を受けることなのだ。

先進医療とか免疫療法とか民間療法は、科学的根拠もなく、試験的なものであり、標準治療に優るものはない。

標準治療というこの名称が、大体紛らわしいのかもしれない。並とか、普通とか、スタンダードとか、そういうイメージから、特に芸能人のように特別階級?の方たちは、敬遠されるのかもしれない。標準治療は、最高で最善な治療なのだ。

また、とんでもない医師によるがん放置論など、巧みに情報操作をして、群衆をも惑わす輩が出没する。正しい知識を持ち合わせていな者にとっては、耳触りがよく、分かり易く、テンポのいい言葉につい、引き込まれてしまう。

それはまるで、ファンと化し、心を鷲掴みにされたように、命を預けてしまう。スペアのない尊い命を、医師という肩書や、名門大学病院というネームバリューに、何の抵抗もなく引きずり込まれる。

私は、この彼によりもてあそばれた患者を、間接的に知っている。最後は、やっと事の重大さに気づき、勝俣範之医師にたどり着く。そして、洗脳から解放され、他の医師の意見を聞くという本来の冷静さや心を取り戻された。

しかし、時にすでに遅し。亡くなった者は、かえらない。提訴を勧めたが、首を縦に振らなかったとのこと。

さて、この週刊現代を購読して欲しい思いは、山々であるが、兎に角、第一弾、がん「免疫療法」はインチキだ。第二弾、絶対に受けてはいけないがん「免疫療法」と「民間療法」を、どうか、どうか、肝に銘じて頂きたい。



【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円

2017_08
04
(Fri)10:08

埼玉:上尾中央病院 地域がん診療連携拠点病院の申請却下されていた!

今年一月の下記の報道をうっかり見落としていた。

http://www.medwatch.jp/?p=11999

抜粋すると、(下線が抜粋)

 こういった方針が、12日に開催された「がん診療連携拠点病院等の指定に関する検討会」で決まりました。

 また、▼千葉県がんセンター(千葉県千葉市)▼国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)▼新潟県厚生農業協同組合連合会佐渡総合病院(新潟県佐渡市)―については指定を保留し、

▼仙台厚生病院(宮城県仙台市)▼医療法人社団愛友会上尾中央総合病院(埼玉県上尾市)▼三井記念病院(東京都千代田区)▼地域医療機能振興機構諫早総合病院(長崎県諫早市)―については申請が却下されました。


埼玉の上尾中央総合病院については、次の理由であるが、本当に由々しきことであり、正直、どういう了見でやっているのかと、憤りすら覚えるものである。

 そのほかの病院については「相乗効果が明確でない」とし、指定は却下されています。さらに上尾中央総合病院については「効果が不確かで、患者に莫大な負担が生じる『免疫細胞療法』を早期のがん患者にも提供しているとホームページで謳われている。

拠点病院としてふさわしいのだろうか」という強い指摘が若尾委員から出されました。

免疫細胞療法については、▼民間療法の域を出ないもの▼エビデンスが集積されてきているもの―が混在しており、また患者に莫大な負担が生じることなどから一部社会問題にもなっています。

山口座長はこのテーマについて別の検討会(がん診療提供体制の在り方等に関する検討会など)で議論するよう、厚労省に要望しています。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com
 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円




2017_08
02
(Wed)20:13

★注目:医師たちが告発 がん「免疫療法」はインチキだ!週刊現代

私も、早速購入。杉戸高野台駅前のサンクスには置いてなくて、今日、東京ピアサポの院内売店で購入した。

週刊現代は、ちょっと、エロっぽい記事も多く、ちょっと、はばかれるのだが、このタイトルの記事は、素晴らしい。

医師陣も、絶賛している。っとそうこうしている内に、あるジャーナリストさんから、メールを受信する。以前にも取材を受けていた医療ライターさん。

これから、取材を受ける。てっきり、この記事を書いた方かと、すっかり誤解をしていたが、よくよくお話を伺うと違った。

しかし、この記事が突破口となり、一人でも多くの方が、詐欺まがいのインチキ療法に引っかかることがないよう、後に続けとばかりに発信して欲しいと思っている。期待している。

と、ここまで書いたが、先方も、仕切り直しということとなり、取材はなくなった。が、メディアの世界もいろいろなご事情があり、馬の目を引き抜くような競争社会の中で、みな、しのぎを削っている。

ピアサポのお昼休み(休憩時間30分)にスマホチェックしたので、兎に角、メールも斜め読み、誤解してしまった。なんともはや、いつものおっちょこちょいということで、ご容赦を。

勝俣範之範之 @Katsumata_Nori
7月31日 
「がん免疫療法はインチキだ」本日発売の週刊現代さんがやってくれました!!ここまで書くとはすごいと思います。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com
 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円