FC2ブログ
2019_07
03
(Wed)23:15

再会

 先週の土曜日電話があった。彼とは、2006年。某NPO法人のボランティア団体で知り合った。

その団体の設立趣旨が素晴らしかったので、それに賛同した志の熱い方や、障がいをお持ちの親御さんたちが自然と集まっていた。

当会の、2006年11月の第一回講演会は、このNPO法人のお名前を借りて、共催とした。集客の8割は、私があらゆる伝手を使って知人に声を掛けた。

そんな素晴らしいと思われたそのNPO法人は、一年、二年する内に、どんどん仲間が去って行った。ある方から、その代表とは、関わらない方がいい!と、私に助言する人もいた。

立ち上げの時から代表とご一緒だった方も、代表と意見が合わなくて、まもなく退会された。正義感が強く兎に角、お優しい方だった。私はとても尊敬していたので、ショックだった。

次々と代表と喧嘩したり、代表に切られ?たりして、サポーターが激減していった。そして、私もまた、この代表と話していると、心が壊れそうになり、ついに私も3年間の活動後退会した。

そして、私は、がん患者会シャロームの代表として生活の重きを置くようにシフトしていった。前出の彼にも、講演会に参加して欲しくて電話すると、作業着で駆け付けてくれた。そんな間柄だった。

互いに困っている人を助けられたら・・・。そんな性格の持ち主だった。

彼はその後、障がい者を農業で自立する事業を展開し、そして、私の尊敬していた女性は、視覚障がい者のボランティア団体の代表を長くやっておられた。

先週、前々から、書いているという自費出版?の本が出来たから我が家に持って行く。というお電話があり、もう一人の『彼女にも渡して欲しい。』という依頼を受けた。

私は、すぐに、その彼女に電話をすると、自分も彼に会いたいから、今から我が家に来る!といって、隣町からすっ飛んで来られた。

まもなくして、彼も合流し、珈麦屋という軽食屋さんで、お茶をした。お夕飯の準備も気にはなったが、こんな日は、冷凍食品で我慢してもらおう!と、主婦二人で腹を決めた。

3人で、ひとしきりおしゃべりした。彼は、労働事故で、右手の全指を失っている。そんな彼が障害を受け入れ、障害児の自立支援をどこの支援も受けずに我流で継続している。

NPO法人から抜けた人たちも、彼のところでスタッフとしてお手伝いをしてくれていると言っていた。

その団体の活動は、自ずと尻しぼみとなり、我々が在籍していた時の活動は、間もなく閉鎖し、本来の障害者のみを対象として自立支援の軽作業を請け負い、細々と活動を続けていた。

そして、その代表も代表のご主人もお亡くなりになっている。事実上の代表であった奥さんは、昨年がんで亡くなったと、前出の彼女から聞いた。

会の代表を続けるということは、並大抵なことではない。仲間に支えられ、仲間がいてくれるから代表をやらせてもらえるのだ。

代表がご立派で、ファシズム的な存在であったなら、このNPO法人のように、当初は人は集まるが、人はとどまらない。歯止めがきかず、退会する人がどんどん増えて行く。会の継続は、そんなに甘いものではない。

言っている事と行動が伴っていなく、自分の意見が正しく、自分に従えない者は、切る!という代表のやり方では、誰もついてはいけなかった。

私にとって、このNPO法人の代表の態度は、私ががん患者会シャロームを牽引する上で、とても参考になった。

がん患者会シャロームは、代表の私というより、会員になって下さった方が、次に参加した方をしっかりサポートして下さる体制が出来上がっていった。

基本は、弱さに触れる。しっかり、受け止める。そのまんまを共有する。この三種の神器とさえ思えることを踏まえれば、人は、自然に集まり、そしてとどまり続けるものだと思っている。

勿論、がん患者会なので、代表の私の自己研鑽は、怠らなかったけれど。

話は、逸れたが、NPO法人のその代表としての働きが、亡くなった後でさえ、代表としての資質うんぬんという話になってしまうことに、ただ、残念としか言いようがなかったが、

三人が口を揃えたこととして、あのNPO法人が、まぎれもなく我々三人を引き合わせてくれた。このことは、感謝なことだった。と、確認が出来た。

そういう流れになったことは、少しは気が晴れた思いであった。

最後にその彼が書きあげた自分史は、なかなか読みごたえがあり、生活力溢れ、生きる知恵が随所に盛り込まれた、成功者としての誇りが詰まっていると思った。

成功者とは、俗世間の価値判断ではなく、農業を通して障害者の自立支援に取り組む、自信と成果の確認であり、

独自で絞り出された、まさに窮すれば通ずのごとく、愚直なまでに、自分のやり方を貫き通した一人の男の足跡であった。
2019_05
18
(Sat)21:46

人は生きてきたようにがんと闘う!

 最近、つくづく、こう思う。

『人は生きてきたようにがんと闘う』と。

がんにり患する前から理詰めタイプの人は、納得するまでがんの勉強をされている。呑気に生きてきた人は、がん患者になってもひっ迫感や恐怖心がなかったり、

一方、昔から小心者であったり、不安症気味であったり、ちょっとのことで心配になったりするタイプの方は、がんの様々な検査結果が出る前から気持ちが押しつぶされそうになったりされている。

慎重派は、抗がん剤の選択もきちんと、調べてチョイスをされる。お任せタイプの方は、あまり勉強しないで、他力本願だったり、

楽観者、悲観者、それぞれに生きてきたように、がん患者になっても、そのままその性格が反映されているような気がする。

いくら、口を酸っぱくして、『きちんと、勉強した方がいいですよ。今の時代は、主治医から薬剤(抗がん剤)を提示され、そして、自分で選択しなければならないのですから。』

そう言っても、いざとなったらシャロームさんがいる!自分で選択できないから、その時は、シャロームさんに相談する。

そういった依頼心が強くちゃっかりタイプの方は、今はじまった訳ではなく、がんになる前から、大事な時は、周りの人に依存して生きて来られたんだろうなぁ~。と、最近痛切に感じている。

そして、私はというと、小さい頃から人のお節介をしてきたし、人が困っているとほっとけないタイプの人間だった。

昔は、弱者を擁護しても私も一緒にいじめられるということはなかった。陰が薄く、暗く、一人でいる人が目に入ると、私は積極的にその子と友達になった。

中学卒業のサイン帳には、そんな方から、『私は、シャロームさんが大好きでした。』と書いてくださったものだ。

その方は、中卒で働きに出た。当時、6クラスあった私の学年は、二クラスが就職コースで、4クラスが進学コースだった。

進学といっても、地元の普通高校に進む位で、学年で一人か二人、俗にいう進学校に進む生徒もいた、本当にローカルな風光明媚なところで育った。

そういった環境も影響したとは思うが、私は、生来のお節介焼きなのだと思う。もう、限界に近くなってきた。そろそろ、このお節介も返上する時が来るのだと思っている。

私の事だから、その時は、一切の活動から手を引くことだろう。今は、活動を半分に減らしているが、いつの日か、完全撤退の時は必ず来る。老害でご迷惑をお掛けする前に。

そして、同時にその時は、運転免許証もお返しするつもりである。




2019_03
30
(Sat)10:08

笑みの効能!

 いつも、笑顔を注いで下さる方から、昨日、プレゼントを頂いた。書籍と置物。

頂いた時に、いや、こういった物質的なものよりも何よりも、その方から大きなプレゼントを日々頂いていることに改めて気づいた。

言葉を発しない微笑みに、どれだけの効能があったんだろう。今さらではあるが、物を頂いた時に、初めて、それらを遥かに上回る大きな贈り物であることを知った。

物質的なものは、お金を出せば手に入れられるし、お金を出せば贈り物にすることも出来る。

星の王じさま の一節に、『大切なものは目には見えない。』というフレーズがある。大切なものは、計れないし、大切なものは、形には出来ない。言葉だけでは言い表せない。

ほほえみ。は、すべての物に勝る大きな愛の表現である。これからは、自分の表情に責任を持ち、微笑みを注ぐ者でありたいと、昨夜は思わされた。

しかし、その微笑みは、作ったものではなく、自然に滲みでてくるものだろう。

私の場合は、意識しないと無表情で無機質な自分がいたりする。無言の注意喚起をされたような昨夜の出来事であった。





2019_02
04
(Mon)23:20

また、引っかかってしまった!

今朝、PCを開いてエクセルをしていたら、なんちゃら~脆弱だから、更新だか、アップデートを勧めるだか、そんなメッセージが画面に表示された。

何の躊躇もなく、クリックした途端に、前回同様、いや、それ以上すべてのものが機能しなくなった。ワード・エクセル。ネット。すべてのmail。

後の祭りである。前回は、gmailが覗かれているので、パスワードを変えるように促され、変えた途端に、あっちこもこっちも、収拾つかなくなるという被害にあった。

パスワードを変えるような勧めには、乗らないよう、気を付けていた。ところが今度は、更新だか、アップデートだか、ウィルス対策が脆弱だから、強化するような勧めだから、

何も考えずにクリックしたのが超悪かった。またまた詐欺?か、愉快犯か、その類の組織に、引っかかってしまった。

途方に暮れ、何もかもが作動しないか、もしくはデータが消えてしまった。印刷も出来なければ、名前を付けて保存すら出来ない。

こんな時は、いつも頼りにしているkanshasさんの社長さんにSOSを送った。いつも、いつも、困った時には、すぐに駆けつけて下さる。

我が家に来て、一つひとつ原因を探りながら時間を掛けて点検して下さった。勝手に入り込んでいる様々な要因を除去して下さりすべての物が復旧した。

本当に助かった。

喉元過ぎれば熱さ忘れるではないが、愉快犯も、私の記憶が薄れる頃、新たな手法で引っかけに来る。それにまんまと引っかかる自分に、本当に、情けないやら呆れるやら。

皆様もお気をつけになって!
2019_01
28
(Mon)22:31

医療費控除:思わぬご褒美!

昨日の続きである。

今日は、一念発起してまずH.29年分の医療費一覧を作成した。すると、領収書に混じって1万円札が出てきた。やった。思わぬご褒美。

29年分が出来た段階で、税務署に提出にいった。一旦、気分転換がしたかったのだ。更に、講師などをさせて頂いた時の税分と、父から譲り受けた株の配当金の確定申告もした。

帰宅後、H.30年分の医療費も計算した。明日、二度手間ではあるが、また、税務署に出向く。

一心不乱に頑張れば出来ることだけれど、その取り組むまでに時間がかかるのが私なのだ。

明日は、あることの重要な打ち合わせ。その後、税務署に行き、水曜日と木曜日はお仕事。そして、土曜日はさくらんぼの会(再発・転移者のランチ会)と続く。

2月15日の講師の準備もしなければならない。出来ることと出来ないこと。苦手なことと得てなこと。人は、様々な面を持った複合体。

一面だけを見て、あの人はこうだ。あ~だと決めつけられるのは、みんな嫌だよね。だから、お互い注意しようね。

っということで、1万円何に使おうかなぁ~。