FC2ブログ
2019_02
23
(Sat)19:13

がんになる前に知っておくこと 川越スカラ座上映中

本日、川越スカラ座で、がんになる前に知っておくこと を鑑賞された会員さんから、LINEグループに感想を投稿下さった。

・とてもよかった。皆さんに観て頂きたい。
・勝俣先生が患者さんのQOLに踏み込んだ話はよかった。
・勝俣先生のインタビューでは、とてもフレンドリーでよかった。
・構成から出演者まで上質の映画だった。
・沢山の知らないことを知ることが出来た。鑑賞してよかった。

などなど が寄せられている。

是非、ご観賞頂ければと思っているが、私は、もうこの年齢、川越までは遠すぎて鑑賞を諦めている。どなたかが、ご一緒ならまだしも、お誘いをしているが、なかなか......。


【上記サイトからの転載】

本作のプロデューサーを務める上原拓治は、4年前に義妹をがんで亡くしました。彼女の死後、「がんと向き合おう」との思いから、本作の製作を決意。

ナビゲーターに自身も検診で「乳がんの疑いあり」と判定された経験をもつ若手女優、鳴神綾香を迎え、がんについての基本的な知識を一から学び始めます。

がんについての正しい情報はどこで得られるのか。がんの治療法にはどのようなものがあり、どう選べばいいのか。身体や心の痛みはどうしたら軽減できるのか。

そして、がんになった時、人は何を感じ、想い、どのように生きていけるのか…。

がん治療を専門としている腫瘍内科医、外科医、放射線腫瘍医をはじめとした医療従事者や、がんサバイバーなど15人の方々との対話を通して見えてきたのは、「がん」という病気は同じでも、患者さん一人ひとりの人生が違うように、がんとの向き合い方は一人ひとり異なるということ。

そして、がんになった時、一緒に悩み、考え、支えてくれる人たちがいるということ。

誰もが、いつがんになってもおかしくない時代に「後悔のない選択をして、自分らしく生きて欲しい」。そんな願いから生まれたドキュメンタリーです。



2019_01
20
(Sun)23:21

埼玉がん再発・転移者のランチ会:2019年2月2日(土)

埼玉がん再発・転移者のランチ会のご案内
日時:2019年2月2日(土)12時~16時
場所:がん患者会シャローム代表宅
いつも、利用させて頂いているマーガレットさんは、
ご家庭のご事情で今回は、利用出来ために、我が家を提供させて頂くことにした。
参加費:マーガレットさんと同じ1,400円。
参加者は、現在12名。
このブログをご覧になって、昨年参加された方がおられる。最初は緊張されて、表情もこわばっておられたが、徐々に仲間の雰囲気に溶け込まれた。
主治医への不信感が強く、あわや、がん難民になりかけておられたが、ちょうど、そんなタイミングで当会に出会われた。
転院のお手伝いをし、(国立がん研究センター東病院の原野先生が受け入れて下さった。)がん患者の障害年金の情報を提供させて頂いた。
今、病態は芳しくないが、シャロームとの出会いに、いつも感謝されておられる。
さて、
参加対象は、がんが再発している患者もしくはご家族であるので、該当される方で、ランチ会参加希望者は、090-4535-9198までお電話を。
メールは、膨大な受信により見落としする場合があるので、お電話でのお申し込みをお願いしたい。2月2日(土)は、昨年9月に召天されたAさんのご主人がご参加される。
さくらんぼ(再発・転移者の会の通称)のメンバーに、ご挨拶をされたいとのこと。Aさんは、仲間一人ひとりの心の中に強く深く印象付けられている。だから喪失感も悲しみも大きい。
そんな中、ご主人様からのお電話で、彼女の裏の顔を知ることになる。大きなギャップがあるとのこと。それが、悲しみ沈むこころを和ませられられるから不思議である。
悲しみだけでなく、笑いも我々に残して下さる偉大な彼女の人生。ご主人様に直接お会いし、そのお話を聞けると思うと楽しみである。
2018_11
16
(Fri)21:30

早期緩和ケア大津秀一クリニックのご案内!

先日、緩和ケア医大津秀一医師より次のようなメールを受信した。どんなに熱意があっても、大学病院という組織の中では、なかなか思うような医療を提供出来なかったかもしれない。

が、ご自分でクリニックを開業されたとしたら、時間の制約はあったとしても(プライベイトな時間だって必要)理想に近く、満足の行く医療を目指せるのでは・・・と思った。

開業当初は、その周知度からクリニックを利用される方はそう多くないかもしれない。しかし、すぐに患者が溢れることだと思う。

私の主治医勝俣範之医師も、国立がん研究センター中央病院から、日本医科大学武蔵小杉病院に転勤された時、実は、患者さんが最初は集まらなかった。

今や、セカオピは、何ヶ月も待ちとなり、なかなか、埼玉の患者は、転院が難しくなった。スタートから知っている私は、(そもそも、今のような腫瘍内科がなく、病院に入ってすぐ左の細長い診察室らしからぬお部屋に通された。)

今のような状態になるのは、時間の問題だと思った。

大津秀一医師は、ネットや書籍でかなり有名で、特に心温かく、患者寄りの優しいお医者さんである。

がんり患当初からの緩和ケアと謳われても、実際は、そう簡単に緩和ケア科にはかかれない現状ではあったが、これからは、それが現実のものとなり、気軽に手軽に緩和ケアを受けられる。

私は、もう、術後19年目を迎えているので、今たちまち緩和ケアを必要としている訳ではないが、痛みや苦しみがコントロールなされていない会員さんがいらしたら、大津先生のクリニックに一度相談に行ってみては・・・と勧めたいと思う。

期待を裏切られることはないと確信しているから.....。

....................................................................................

シャロームさん、大変ご無沙汰しております。

緩和ケア医の大津秀一です。

ご連絡が遅れましたが、今年8月に「緩和ケアが受けられない方のための」あるいは「診断時や抗がん剤等の治療中から心身への緩和ケアを希望する方のための」早期緩和ケアクリニックを東京都文京区に開設しました

(早期緩和ケア大津秀一クリニックhttps://kanwa.tokyo/ と言います)。

シャロームさんがご存知の方あるいはお関わりの方で、心身の苦痛や不安(専門的な事柄も含めて)でお困りの方もいらっしゃると存じます。

もしそのような方がいらっしゃったら、ぜひご紹介頂ければ幸いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

(Facebookのほうにも先日ご挨拶申し上げてしまいました。
よろしくお願いいたします)

......................................................................................

すぐにご返信をさせて頂いたが、実はお友達の多い方のFBは休眠状態にしているが、間違って開設したFBは、なかなか、閉鎖の手続きが出来ずUPされたままになっている。

多分、そこにメールを頂いているとは思うが、Facebookは、基本やっていないので、もう、使い方も忘れてしまっている。覚えるのも早いが忘れるのもあっという間である。

最近、持続する気力がどんどん薄れ、あれほど、毎日ブログを更新していた私が、最近は、平気でブログをお休みしている。お休みをしても何とも思わなくなってきている。

以前は、一日のやることの一つとしてこのブログ更新は、上の方の優先順位であったが、今では、どんどん下がってきている。

それでも、一定数の方は、このブログをご支援下さっているので、何とか、その期待に応えたいとは思っている。