FC2ブログ
2018_09
17
(Mon)23:23

9月29日(土)大腸がんについて学ぼう!勉強会のお知らせ!

以前にも書いたと思うが、勉強会まで2週間を切った。

本日、講師の国立がん研究センター東病院 消化器内科中村能章医師から資料が添付されてきた。昨日、添付依頼をしての翌日なので、正直ありがたい。近日中に印刷の予定。

現在のところの参加希望者は、75名。もう少し参加者を増やしたいところであるが、生憎、杉戸町内の小学校の運動会と重なってしまった。

元副代表は、羽生であるが、そこも運動会で断念。芸術の秋ということで、歌の発表会がありますとか、(ご本人)友人のそれを聞きに行く約束があるからとか、

子供の発表会があるから等々、参加を期待していた、いや、参加を楽しみにされた方々から、『是非、参加したかったけど、そんな理由で残念。』と、いう声が続出している。

大腸がんは、女性の場合、り患数は二番目に多いが、死亡者数は、トップである。この↓URLを開いてご覧頂きたい。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO30751750R20C18A5000000?channel=DF260120166496

がんになってから勉強しても遅い。遅くてもしないよりはましであるが、がんにり患する前に、このような大腸がに対する知識を身につけておくと、必ず役立つ時がくると思っている。

まだまだお席は充分あるので、是非、ご参加頂ければ幸いである。


2018_09
08
(Sat)21:20

リレー・フォーライフinさいたま 明日、勝俣範之医師ボランティア参加!

今も、リレー・フォーライフinさいたまでは、そのイベントが開催中である。

当会も、2009年から2014年の6年間、チーム参加した。

このイベントは、がん患者がチーム参加するということは、とてもとても大変な事業?であると思っている。我々は、大所帯だから、荷物も半端なく多い。

多くの助け手は、与えられていたが、主に副代表・代表の準備や当日の設営など、正直、フラフラであった。このイベントには、我が家の夫も積極的に手伝ってくれて、本当に助かった。

ウォークも、誰よりも多く歩いてくれたのではないかと思う程、二日目には、色の白い夫は日焼けが目立っていた。

さて、色々と綴りたいと思ったが、勝俣範之医師が明日、サバイバーテントでお話をして下さり、その後、ステージで歌も歌って下さるとのこと。

実行委員をしている会員さんから、『シャロームさん。是非、来て下さいよ。東浦和まで車でお迎えに上がりますから。』と、熱いお誘いを受けたので、実に4年ぶりに参加することにした。

折角なので、lineグループでお誘いをしたら、待ち合わせ場所に来て下さる4人(5人乗りなので、制限いっぱい)が決まった。

後は、めいめい各自でご参加される模様である。

過去ブログを読んでいて、2012年の記事に思いを馳せながら読み返していた。懐かしいなぁ~。よく頑張ったなぁ~。私も副代表も、会員さんのお一人おひとりも。みんなで力を合わせてイベントを企画し参加した。

是非、皆さんも、タイムスリップして楽しんで頂きたい。私を含め、当時(6年前)はみんな、若い。若い。(笑)
読んで頂く場合は、下から読み進めて頂きたい。


12/08/29
  講演会もそうであ
  
 12/08/28
今回の勉強会がきっかけで
  
 12/08/27
昨日撮って頂いた画像を本
  
 12/08/26
今日は、LFRi2012年in埼玉


2018_08
29
(Wed)23:35

9月1日(土)越谷レイクタウンにおいて、勝俣範之医師他のがん講演会!のお知らせ

大変、大変遅くなってしまったが、次のサイトをご覧(開いて)頂きたい。

9月1日(土)越谷レイクタウンにおいて、勝俣範之医師他のがん講演会が開催される。

http://www.m2cc.co.jp/gl/0901/

最近、シャロームlineグループを作成し、情報を共有しているが、すでに、当会より14名参加である。

アナログ(lineがつなげない)の方や携帯をお持ちでない方においては、このブログ公開で、情報提供とさせて頂く。参加希望者は、090-4535-9198(シャローム専用携帯)まで。

配信に偏りが出てきているが、ご容赦願いたい。

最近、相談が重なり、ブログなどが滞っていることに対しても陳謝申し上げたい。奮ってご参加を。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円 
2018_08
01
(Wed)21:05

2018年8月25日(土)埼玉がん再発・転移者(通称さくらんぼの会)のランチ会のお知らせ!

来る8月25日(土)埼玉がん再発・転移者(通称さくらんぼの会)のランチ会のお知らせ!

日時 8月25日(土)12時~16時

場所 杉戸高野台マーガレット洋菓子工房

費用 1400円(ランチ代と+飲み物+洋菓子)

対象 埼玉県内外の再発がん患者とその家族

駐車場あり

電車の方は、11時50分杉戸高野台西口階段下に集合(車でお迎えに上がる)

このさくらんぼの会は、偶数月に開かれる。概ね月の最後の土曜日が多い。

自分は、元気で前向きなので、再発されている方にその生き方を教えたい!
 という方は、参加をお断りしている。当会は、弱さで触れ合う会なので、
 そもそも、お元気な方は、ご遠慮願いたい。

弱い者の集まりだからジメジメ、シトシトしているに違いないという想像
   は、まったく不正解。

   このさくらんぼの会を皆さん、とても楽しみにして下さっている。

   気負うこともなく、無理することもなく、そのまんまでおい出頂いている。
 みなさん、リラックスされそこには自然に笑顔がこぼれる。

メンバーの中には、このランチ会を目標にして、日々の辛い治療を闘って
  おられる方がほとんどである。

   だから私は、次年度も、このさくらんぼの会だけは、残そうと思っているの
 るである。

上記の参加条件の方であるなら、会員外でも参加できる。

    但し、同時に入会をお約束出来る方。守秘義務の関係である。
    当会は、入会金と年会費も徴収していない。
  

【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)


会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル

両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com 

毛付きネット 

※がん患者用♥内帽子 ↑  6,800円 




2018_07
25
(Wed)22:39

がんと活きる~AYA世代がん患者の体験談を聴く~講演会のご案内!

先日、埼玉県立久喜図書館から、講演会のリーフレットが送られてきた。

会員さんなどへの周知依頼である。その日当会は、生憎再発・転移者のランチ会が予定されているので参加出来ないが、27日(金)の患者の集いの時に、希望者には、リーフレットをお渡しするつもりでいる。

思えば、一昨年、当会のメンバー(がん患者やご遺族)もこの県立久喜図書館で体験談を語らせて頂いた。

その時の様子をブログにUPしているので、見て頂きたい。

当日のブログ
http://sugitocancer.blog87.fc2.com/blog-entry-3625.html

翌日のブログ(画像あり)
http://sugitocancer.blog87.fc2.com/blog-entry-3626.html

翌々日のブログ(参加者のメールから)
http://sugitocancer.blog87.fc2.com/blog-entry-3627.html

............................................................................................
我々のことを伝えるのが今日のテーマではなかった。(笑)私も、当時を思い出して読み入ってしまった。

さて、テーマのがんと活きるという講演会は、埼玉県立久喜図書館のtwitterをコピペさせて頂いた。是非、ご参加を!

また、AYA世代とは、15歳から39歳までの思春期・若年成人世代と、リーフレットに書かれてある。ご参考まで。

【久喜図書館】
8月25日(土)、健康・医療講演会「がんと活(い)きる -AYA(あや)世代がん患者の体験談を聴く」を開催します。

就職や出産、結婚など様々なライフイベントが重なるAYA世代がん患者の現状について、NPO法人がんノート代表理事 岸田徹さんにお話いただきます。ぜひご参加を!