FC2ブログ
2012_08
08
(Wed)21:14

40番目の天使!

今日は、一日、リレーフォーライフin埼玉のステージで歌うその準備(両医師へのコードを歌詞につけるとか、その他。)に余念がなかった。

そこに一本の電話がなった。会員さんのお母様からの訃報。『今しがた、亡くなりました。背中をさすって・・・と言ったので、背中をさすってあげていたら、ガクッと倒れて亡くなりました。あっという間でした。』と、第一報を私に報せて下さった。

二人で涙を流しながら彼女を悼んだ。彼女のことは、ずっと、ずっと、このブログでも小まめに発信してきた。勿論、ご本人の了解を得ていた。 彼女は先日、40歳になったばかりであった。

8月2日に私は彼女を見舞った。その時は、歩いて私を見送ってくれた。二人で握手もした。でも、訃報を頂いて、私は、『あ~。これで痛みと苦しみからやっと解放された・・』と思った。

お母様も、長く苦しんむ娘を見るのは辛かった・・とおっしゃった。今日は、私も多くは語れない。しかし、彼女は、こんなメールを私によこしてくれていた。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シャロームさんへ

いつも本当にありがとうございます。 大変心強く 勇気をいただいています。 何かあったらすぐに相談できる人が私にはいるんだ! と自信が持てます。 

緩和ケアまっぷをお願いしたときに 患者会にも興味があるとlお手紙を添えて本当に良かった。 

シャロームさんに出会えたこと、シャロームの会員になれたこと、全ては必然なのかなー?なんて思ってしまいます。 私の魂が引き寄せてくれているような。。

限りある命だからこそ大切に生きる。 この会を知らなければ、恐怖ばかりが先にたち、おかしくなってしまったかも知れないと 思えてなりません。

だから、私は幸せだなーと思います。

原文まま

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日もありがとうございました。

今、息子と今日の事を話しながら、桜餅を頂いたところです。大事な情報交換の場だったのに、爆睡してしまい、もったいないことをしてしまいました。あと、 失礼いたしました。

でも、今日参加できて本当に嬉しかったです。 次回も元気に参加して、次回こそは皆さんの話を よーく聞きたいなと思いました。

××さんですが、心配です。 今は退院されているとの事でしたが、体調が良くなってくれればいいです。。。私も 紙パンツ? 早速用意したいと思います。

昨日は〇〇病院の診察で、先生とお話ししました。

今後について、例えば動けなくなったとき、出来れば在宅がいいのか、入院するのか。

呼吸困難になった時に、どの程度の薬の量で、緩和していきたいのかを考え始めることは 大切なことだと 言われました。

最近は患者会も出られなかったり、高熱で入院したりで、気持ちが不安定でしたので、考えたくなかった事柄でしたが、 〇〇病院の先生や、今日のさくらんぼの会で皆さんと会って、心が和みました。 

昨日、〇〇病院の生に言われたことを 一つ一つゆっくり考えて、明日、紙に書いてみようと思います。

では、又、今度は患者会に元気にお邪魔します!!今日は ご馳走様でした。 そして、今日もありがとうございました。


2012年4月28日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お母様が最後にこう口にされた。『娘は、患者会に出会って、本当に救われました。本当にありがとうございました。』・・と。

私は、彼女から沢山のものを頂いた。それは、物品ではない。彼女のような会員さんがいたこと。患者の集いを楽しみに、そしてさくらんぼの会(再発・転移の会)に参加できるのを心待ちにしていた。

そういう会員さんがいたこと。この会員であることを幸せだと言ってくれたこと。多分、私がくじけそうになった時、彼女の言葉は、私をきっと支えてくれるに違いない。

私は、このような会員さんのために、もう少し頑張らなければならないのだと思っている。

ご遺族の上に豊かなお慰めがありますように。

自分で花から染めた、手作りプリザーブド彼女を偲んでそっとお花を。

ご葬儀に参席出来ないので、せめて、ブログでお花をお献げしたい。

追記!

今日、会員さんからメールが届いた。『 検査の結果、新たに転移巣が見つかり、ショックです・・』と書かれてあった。私はすぐに返信した。

『〇〇さんん。何でもしたためて下さい。どうか、自分の中にためないでください。お願いです。折角、がん患者会に入っているのですから、どうか、利用して下さいね。 』と書いた。

そして、その後、更に返信を頂いた。

書くこと、しゃべること、泣くこと、自分の思いを吐き出すこと。それは、自分を支えるのに、有効な心の処方箋だと私は強く思うからだ。

前述の会員さんの過去関連ブログ!

 12/08/02がん末期会員さんのお見舞い!
12/06/24
感動的な一枚の写
この写真は、あきらめるの
12/06/23
彼女はまだ30代。シャロー
12/02/07
&#
12/01/28
ブログ記事に時々コメント
11/11/24
あなたへ。。。 体調は
11/11/04
10月24日のブログで"あき
11/10/24
彼女は、まだ30代!某部位


がん患者用帽子のPR!

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓
http://sugitocancer.blog87.fc2.
com/blog-entry-1036.html


シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

グレーボーダー

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる。ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし!