2017_03
08
(Wed)20:37

5月27日(土)埼玉がん緩和ケア講演会のお知らせ!小澤 竹俊先生のご講義の前に10分間私も登壇させて頂く!

 下記、緩和ケア講演会のご案内!

私は恐れ多くも、めぐみ在宅クリニック院長の小澤 竹俊先生のご講義の前に、10分間、なんと、お話をさせて頂く機会を与えられた。小澤先生は、とても著名な在宅緩和ケア医。

ちょっと、めぐみ繋がり。(笑)勿論、冗談!

でも、この偶然を大切にしたいと思っている。何冊も小澤先生のご著書を読ませて頂いている。私は、その中から、感銘を受けた言葉がある。

それを、会場の皆さんと共有させて頂ける機会が与えらたことが、とても嬉しい。

先生のご著書から、埼玉県ピアサポーター養成研修会講師の時に、資料として書籍より抜粋させて頂いたものがある。これは、本当にご相談活動の中で、とても気を付けなければならない事柄(寄り添う者のあり方)である。

このことを教えて下さった小澤先生に直接お礼を申し上げることが出来ると思うと、とても嬉しい。

近著に、2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート 単行本 – 2017/1/20 がある。私の記憶では、2000人と思っていたので、もう、800人も心を込めて看取って下さったんだと思うと、

その患者さんとの触れ合いの中から、伝えて下さるであろう人生のエキスを、今から楽しみにしている。当会の会員さんたちにも、是非、お誘いしようと思っている。

6月11日(日)の命のフォーラムにも、当会より15名の方がご参加されることになっている。お出かけが続いてしまうが、是非、超多忙な小澤竹俊先生がご来県されるという、こんな滅多にない機会をお見逃しなく。

なお、リーフレットに書かれてある。私の先生という呼称と、当会の名称(正しくは、がん患者会シャローム)の編集をお願いした。訂正なるかは不明。

いくら、講師であっても、市民を先生と呼んではいけないと私は思っている。私に気をつかって頂いていることはよく分かっている。が、立ち位置も目線も視点も、私は市民(正しくは県民)である。そこを私は、固執したい。

我儘なんか言わなくて、なされるがままに身を委ねる方がきっとよいに決まっている。(あ~これで、何度、失敗してきたことか。笑)私が、私であるために、(そこに私のアイデンティティーがあるのだろうな)やっぱり、思いは伝えた。

ブログ閲覧の皆様、会場で是非、一人でも多くこんな私を応援頂ければ本当にありがたい。

って、そうではなくて、余宮きのみ先生のご講義。小澤竹俊先生のご講義。(それがメイン)大変、為になること請け合い!是非、ご参加を。

★直近の小澤先生の参考情報
2017年3月6日 NHK放送↓
わが家で穏やかに、最期を導く
訪問診療医・小澤 竹俊





【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円