2017_03
13
(Mon)06:20

医療従事者の彼女は、最大の私の味方だった!春はお別れの季節!

彼女は、いつも私の矢面に立って、私を守ってくれた。彼女は私を信頼し、私をいつも後押しして下さった。

 

彼女は色々と我々に医療知識をご教授下さり、会話も弾み楽しかった。彼女は、62歳の定年で、とりあえずは、今の職場を離れなければならない。この3月でお別れだ。

 

私が誤解を受けそうになった時は、『シャロームさんは、悪くない。私がちゃんと言って上げる。』現場から上層部に事実を事実のままに訴えてくれた。

 

ありがたかった。私にとっても、どうしてこのような展開になるのか不思議な出来事だったが、彼女のお蔭で難を逃れ、誤解は解けた。

 

彼女は、『あなたは、間違ってない。』と言い切って下さった。窮地に追い込まれた時、その人の真価が問われるとよく言われる。

今の私があるのは、彼女の私に対する絶対信頼が背景にあったからだ。彼女といるといつも心は平穏だった。強い味方だった。

 

間違いを正しアドバイスを頂くこともあったが、『シャロームさんから学ぶことは多い。』と、小さな体(身)を乗り出し、精いっぱい耳を傾けて下さった。

 

とりわけて、私とは意気投合することが多く、息もピタリと合っていた。気がつくといつも私たちは笑っていた。どうしてこんなに声を立てて笑えるんだろうと思うくらい、彼女との思い出は、お互いの高笑いである。

 

お世話になったお礼は、個人でするのは構わない!という申し合わせが会議であった。私は、ご本人に、『いちご大福を作って差し上げたい』と申し出た。

 

すると、『うわぁ~。嬉しい。とっても楽しみ。休まないようにしなくっちゃ。今から楽しみ。うふふふふ。』何ともキュートな笑いがこぼれた。

 

私とは今日でお別れ、このブログ記事をプリントアウトしてlove letter代わりに封筒に入れよう。

 

寂しくて辛い。有能な彼女からは、沢山、吸収させて頂いたが、私の血肉になっているのだろうか。私は、この活動をもう少し癌晴ってみようと思っている。

 

朝早く起きて、いちご大福を作った。いちごが大きくて作りにくかったけど、どうにか形になった。この容器は、フリマで買ったもの。彼女の喜ぶ顔が目に浮かぶ。

うわあ~美味しそう♪

いちご大福 


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円