2017_03
24
(Fri)08:41

清水 健アナ、息子にママがいない理由を告げたことない(NEWS ポストセブン)!

昨日、乳がん検診に行く電車の中で、下記の記事を読んだ。途中、涙が滲んで読めなくなった。

清水 健アナは、いよいよ、局を退社をされて、今後は、がんの啓発活動に専念されるとのこと。

厚労省の指針では、40歳以上の女性は、二年に一度の乳がん検診を推奨している。(これは、検診が有効=死亡率を下げる)

この日のブログ記事でもUPしているが、やはり、マンモグラフィーとエコーのセットの方が発見率は良いようなので、このセットを私もお勧めする。

昨日、シャーカステンから映し出される自分の画像を見ても、島田医師は、『かなり、乳腺が発達していますね。』と言われた。

検診は、自覚症状のない方が受けるもの、少しでもしこりや気になることがあれば、検診ではなく、受診を。

その際、外科でも、婦人科でもない。乳腺外科を標ぼうしている医療施設を是非、選んで受診をして頂きたい。

また、親や姉妹、叔母などに、乳がん・卵巣がんにり患した家族がいた場合には、更に、入念に自己検診(しこりがないかどうか)を。20代・30代の人は、この自己検診をまず実施して頂きたい。

下記、ポストセブンの記事を是非、読んで頂ければ幸いである。

清水健アナ、息子にママがいない理由を告げたことない
(NEWS ポストセブン)- Yahoo!ニュース


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170323-00000003-pseven-ent&p=1
...記事は時間と共に削除されるのでコピペさせて頂いた....
清水健アナ、息子にママがいない理由を告げたことない

時折目に涙を浮かべ言葉に詰まりながら語る清水健アナ

 最愛の妻・奈緒さん(享年29)を乳がんで失ってから約2年、元読売テレビの清水健さん(40才)が16年のアナウンサー生活にピリオドを打った。

妻が命に代えて守った息子を、次はぼくが命の限り守る番…その胸中には、父としてすべき大きな役割が芽生えていた。退社後、初のインタビュー。

「息子は生まれてから112日間しか、ママの温もりを感じることができませんでした。

でも今、一緒にいちごを食べていて“これ、おいしいからママにも食べさせてあげようか”って話しかけると、リビングに飾ってあるママの写真の前にいちごをトコトコ歩いて持って行くんですよ。

 写真の中の動かない奈緒を“ママ”だと認識しているのか、それとも、自分にはママがいないってわかっているのか。息子にとって、ママって一体なんなのか、正直、ぼくにはまだわかりません」

 読売テレビのアナウンサーだった清水健さんが、1月いっぱいで同局を退社した。

平日夕方の情報番組『かんさい情報ネットten.』のメーンキャスターを長年務め、関西地方では宮根誠司(53才)と肩を並べるほどの人気アナウンサーだった。

「まだ2才4か月の息子には面と向かってママがいない理由を話したことはないんです。

近所の公園に遊びに行ったとき、お友達にはママがいるけど、自分にはいない。もしかしたらその違いに気づき始めているのかもしれませんけど、ママが今どこにいるのか、はっきりとはわかっていないと思います」

 清水さんは、2013年5月にスタイリストを担当していた奈緒さんと結婚。翌年には、彼女のお腹に新しい命が宿った。

だがその直後、幸せを絵に描いたようなふたりを絶望の淵に落とす事実が発覚する。奈緒さんに乳がんが見つかったのだ。

「今回は治療だけに専念してみては」――医師の助言にふたりが出した結論は「子供も治療もあきらめない」という選択だった。2014年秋に元気な男の子が誕生し、奈緒さんは治療に専念。

しかし、すでにがんは肝臓や骨などに転移しており、2015年2月11日、奈緒さんは29才の若さでこの世を去った。長男が誕生してから、わずか112日後に訪れた別れだった。

「いろんな病院をかけずり回って、もしかしたら、奈緒の負担を増やしただけだったのかもしれません。でも、守りたかった。絶対に。そんなぼくたちの想いとは関係なく、奈緒の病気は進行していた。

 奈緒は、その時を家族と一緒に迎えました。神戸にある施設は、治療をしながら一緒に生活できるという、患者と家族の生活の質に配慮した専門機関でした。

24時間一緒で、家に居るような心持ちになれました。ママになって3か月の奈緒にとっては、息子と一緒にいられることが何よりだと思ったんです。

 転院してからの奈緒は、意識ももうろうとして、担当のお医者さんの名前もわからないぐらい。でも、息子とぼく、家族のことだけは、ずっとわかってくれていました。

前日の夜には、奈緒、息子、ぼくと3人で川の字で横になりました。病室をのぞいた家族からは、“いつもの幸せそうな光景だった”って。

それから何時間もしないうちに、さよならの時がきました。ぼくは奈緒の腕に寝ている息子を抱かせて、病室を出ました。

母子ふたりだけにしてあげる時間が、奈緒にも息子にも必要な気がしたんです」

※女性セブン2017年3月30日・4月6日号


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円