2017_04
12
(Wed)13:27

乳がんガイドライン2016と免疫療法ガイドラインを注文:会より支出してもらう!

本日、このがん診療ガイドライン(金原出版)から、乳がんガイドラインと免疫療法ガイドライン(2016年12月発売)を購入した。

こういう場合、会計から支出して頂く。そのために、フリーマーケットや帽子の販売をしている。が、これらのために占領されている我が家の部屋を思うことと、会以外でのフリマにも貢献していることを思うと、これくらい許されるかな?と、思っている。

ガイドラインは、出来たら、主だったもの(肺がんや大腸がん。後、婦人科がんなど)が欲しいところであるが、すべてを読み切ることが出来ないので、

ご相談の多い、乳がんと免疫療法(これは、しっかり読んで勉強したい)のガイドラインを今回購入させて頂いた。

以前にも乳がんガイドライン2014年を購入しているが、日進月歩なのでもう、新刊が出ると意味を持たなくなる。

さて、昨日、告知しておいた会員さんが出演した合唱団について、本日のNHKおはよう日本で放映された。

その中で心に残った言葉で、タクトを握る指揮者が、『健康な方の一年と、がん患者さんの一年は違う。』というメッセージ。

ややもすると、『みんな死ぬのよ。がん患者さんだけじゃなく、健康な人もみんな死ぬのよ。』という励ましとも心無いともつかない言葉を掛けられることがある。

そうじゃないのだ。健康な人が抱えているみんな死ぬという現象目の前にその命の期限が迫っている人or迫るかもしれない。というのが、がん患者なのである。

だから、一年と言っても、健康な方の一年とははるかに意味合いが異なるということである。

さて、団員の一人であった会員さんをご紹介しよう。

4月25日(火)のひるまえほっとにもご出演とのこと。私はその日、ミニ遺族会(新しいご遺族の方と既存の遺族会員さん2名と私)のランチ会なので、残念であるが、視聴できない。

Hさん2 ウィッグの違い  
練習時のウィッグ(素敵な笑顔) 本番時のウィッグ(緊張の表情)


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円
 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違
いなし。がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑
  6,800円