2017_08
03
(Thu)14:43

私の知らないところで、高く評価されていた!こんな嬉しいことはない!

昨日、とても、とても、嬉しいことがあった。この時の上司?が、後任の方に私のことを高く評価下さっていたことを知った。

私を引き継いで下さっていたと言うのだ。その他大勢のいる中で、特に目を掛けて下さり、いつも、私との触れ合いの時を楽しんで下さっていたように思っていたが、私の独りよがりではなかったんだ。と昨日は、確認出来た。

『あなたのいないところ(知らないところ)で、このように評価されていたということは、そのことが、真実と言うことだと思います。ずっと、黙っていましたが、(4ヶ月)あなたの働きは素晴らしいとおっしゃっていました。そして、私もそう思います。学ばせて頂きます』

静かに柔和にその後任者は、私にそう伝えて下さった。

同席していた仲間が、道すがら、『シャロームさんの〇〇〇〇への取り組みが、素晴らしいことを改めて実感しました。』と、感想を述べてくれた。

前任者は、直接、私をそこまで高く買って下さっているとは知る由もなかった。でも、誠実にこの活動(患者会活動ではない。患者会は、12年目)を続けて来て10年目。

私なりに、全身全霊を傾け、謙虚に真摯に真面目に取り組んできた。とことん、弱さに触れるという信念で走り続けて来た。

これでよかったんだ。見て下さる方は、確かにいて下さったんだ。嬉しくて、年甲斐もなくちょっと舞い上がりそうになった。

独善と自己満足の方はいるかもしれない。(いないかもしれない。)でも、昨日、私は、その道の先輩というか、医療従事者の管理者から、私はこの耳で、『あなたの働きは、素晴らしい。』そういってもらえてた。このことを、絶対に忘れないようにしようと思った。

迷った時、苦しい時、悩んだ時、昨日のことを思い出そう。

組織の中で活動することは、そうそう自分の思い通りにはいかない。それでも、『あなたに会えてよかった。』と、言われ続けてきたこの活動現場は、それは、ただ、私の胸の内に収めておけばよいだけであった。

ところが、昨日、そんな私の働きをずっと見守り、応援し、支えて下さった方がおられたことを、その方が去られてから初めて知った。

私が関わった方が、その医療従事者の所に行き、『シャロームさんに会えて、本当によかった。』という感想を届けて下さった方がおられたことも、お聞きしたことはあった。が、まさか、後任者にまで、それを引き継いで下さっていたとは.....。

それも、その方は、その道のトレーナーとして後に続く方たちを、育成されておられる立場の方だとのこと。そんなプロの方に、こんな勿体ない言葉を掛けて下さり、恐縮千万。

と同時に、その言葉を胸に、私ももう少し走り続けててもいいのかな?そんな決意を新たにした出来事であった。


【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer2@gmail.com
 

毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円