2017_11
17
(Fri)10:24

『説得して頂くことは可能ですか?』

昨夜深夜、ある方からメールが入っていた。気づかないで眠っていたが、その後、夜中目を覚まし、『可能ですが、私の説得に心変わりされるかどうかは、自信がありません。』とお返事した。

勿論、詳しくは書けない。

がんは、手術・抗がん剤・放射線。この野蛮な三大療法でしか、叩きのめすことは出来ない。がんの発覚が初期であればあるほど、治癒の可能性は高い。

そうであるにも関わらず、手術を拒否して代替療法を選択するということは、自ら死への道へまっしぐらに突き進んでいるということである。

我々は、いとも簡単に洗脳されてしまう。『手術という痛い思いをしないでも、抗がん剤という辛い思いをしないでも治りますよ。』『同じケースで治った方が当院でおられます。』『少し料金は高いですが、命が助かると思えば、お安いものでしょう。』

などという誘い文句につい信じ込み、のめり込んでしまう。巧みな話術がそこにある。

当会に、同じケースがあった。しかし、結果は、火を見るより明らかであった。(手術をされることなく、代替療法をされた後から入会された。)

がんはどんどん増殖し、もう手の施しようがなくなり、そこの施設で充分な緩和ケアを提供されるでもなく、悪化は好転反応などと言われ、お金をどんどんつぎ込まされた。

これは、明らかに詐欺行為であるが、日本は、こういった類の取り締まりに規制がない。何故なら、医師の医療行為であるからとのこと。

医師免許の持っていない者が患者さんを診ればお縄になる。医師であるなら、日本の法規制の縛りがない。効かなかったことが明らかな証拠でしょう・・・と、言いたくなるかもしれないが、そこは、百戦錬磨。

『他の人には効いたのですが、あなたの場合は、効かなかった。皆さんが、効くんだったら、がんで死ぬ人などいませんよね?』などと言われるという。

この制度?を悪用して、次から次に患者を騙してお金儲けをする。人間は生きている間、こうして、強奪するように、お金を人から吸い上げて、そして、私服を肥やし、そして、その人もまた死んでいく。

人は何のために、生を受け、何のために生き、何のために死ぬのでしょう。

生きる(生かされる)には意味があるのだろう。せめて死ぬ前に、その意味を見出して欲しいと思う者である。

だから、無知であったり、騙されたりして、本来その人が与えられている命を、人の手によって、縮められることがないよう、正しい知識を得て欲しいと、ご依頼のメールを読みそう思った。



【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円