2018_04
03
(Tue)18:34

また一人、がん患者の障害年金受給が認められた!私は、本当に涙が溢れた!

誰かが、私を利他の心と言った。

それが本当かどうかは知らないが、本日、ある男性会員さんから、『シャロームさん。今日、お世話になった社労士さんからご連絡を頂きました。受給できるようです。本当にありがとうございました。』まさに、興奮さめやらぬ上ずったお声であった。

彼は、某がんステージⅣ。埼玉再発・転移者のランチオフ会というタイトルの当ブログをご覧になってアクセスしてこられた。

厳しい治療状況ではあったが、私はまず、彼への情報提供として、一番に、障害年金の申請を促した。

最初は、『えっ。なんですか?どういうことですか?』鳩が豆鉄砲を喰ったようとは、まさにこのことじゃないかと思うほど、頓珍漢で、きょとんとされていた。

詳しく説明をし、社労士さんをご紹介した。

すぐに連絡を取られ、また、その後の経過もきちんとご報告をして下さった。ここでは勿論書けないが、彼は、素晴らしい社会貢献活動をされておられる。

しかし、お仕事は自営なので、もしも、がんがもっと進行したら、たちどころに生活が困窮してしまう。その彼の活動も資金も、難しくなる。だから、早急に手続きを取り、早急に支給に至って欲しいと強く願っていた。

しかし、最近、実は、審査が遅くなっている(慎重に進められている)・・・・と、社労士さんがおっしゃっていた。このようにネットなどで少しずつ普及されることで、申請者も増えているのだと思うが、

早急にお金が必要な方もまた、待たされることになっている。当会には、ご本人が一度も障害年金を手にされることなく、(申請をしていたが)召天された方が何人もおられる。

がん発覚から一年半もしかりであるが、(一年半経過しないと、申請資格がない。)このがん患者の障害年金は、時間がかかる。

人工透析をされておられる方や糖尿病でインシュリンを打っておられる方は、(語弊があるかもしれないが)ほぼ、そんなに時間を掛けられることはないと耳にしている。

なのに、命の危機に瀕しているがん患者は、その受給が間に合わない、そんなの絶対におかしい。ギリギリまで働かなければ生活(生きて行くことが出来ない)出来ないから、体力のなくなった体を押して、抗がん剤をギリギリまでやって、

そうなって、務めに出ている人は多い。であるにも関わらず、障害年金の申請書(診断書は、)は、十把一絡げである。がん患者用に改善して欲しい。

これもまた、どうにかならないものかと思うが、だからといって、社会に声を上げて制度を変えるような活動は、正直出来ない。負け犬の遠吠えのように、ただ、こんなところで叫んでいる。

で、話を元に戻すと、『よかったですね。本当によかった。とても嬉しい。涙が出そう。』というと、きっと、電話の向こうで何度も頭を下げておられたのではないかと思う程、声のトーンが上下していた。

素晴らしいある社会貢献活動をされておられる彼が、どうか、どうか、お幸せでありますように、ご家族と一緒に少しでも長く息長らえますように。心から心から願うものである。

この会は、組織で動いている。だから、組織の恩恵を受けたのだから、こうして、社会にフィードバックをすることを了解してもらっている。ただし、個人が特定されないよう配慮されている。



【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円