FC2ブログ
2018_04
20
(Fri)22:07

『一緒に喜んでくれてありがとう。』と言われた!

いよいよ、当会会員さんが、このゲノム検査を受けられることになった。

予約日、4月18日(水)に、カウンセリングを受けた。その前に、我々(代表の私と会員さん)は、色んなことを想定して、シュミレーションをしていた。

治験を専門としている主治医が後押しをしてくれたこと。ゆくゆくは、今の病院でもゲノム検査を実施する病院になるだろうが、少しでも早い方がいい・・と、国がんでの検査を前向きに受け止めて下さったこと。

ここを強調しよう・・・・などと、申し合わせていた。彼女から、カウンセリングの帯同を依頼されたが、お仕事が入っており、断念していた。

電話が先かメールが先か忘れてしまったけれど、カウンセリングの結果は、『検査の対象となった。』ということであった。

先々のことを思い煩うのではなく、まずは、目の前のカウンセリングを通過して、ゲノム検査を受けられることだけを、目標としようと同じ気持ちを、強く持った。

そんなことから、『受けられる。』という結果報告に、私も飛びあがらんばかりに喜んだ。まだ、標準治療を受けているが、この先の薬剤は、限られている。これからの効果は、今までを上回ることはあまり期待出来ない。

だから、ゲノムによるピンポイントの治療を彼女は望んでいた。(たとえ、治験であったとしても。)その気持ちが痛いほど分かっていたので、一歩。一歩と前に進めている今の環境を共に喜んだ。

一方、新たな治療の副作用で苦しんでいた会員さんがおられた。主治医やセカオピの医師から勧められていた薬剤を、私も背中を押した。

私も勧めた薬剤のために、体重が激減されていたことをごく最近知ることになった。すぐに、国立がん研究センターのドクターに相談し、ご回答を得たが、(明日、そのやり取りをブログ掲載したいと思う。)

精神的な作用だと思うが、私もまた激しい腹痛と下痢に悩まされた。喜ぶものと共に喜び、悲しむものと共に悲しむ・・・・を、まるで地で行っている感じである。

これは、私の性分なので、生まれついたものである。後者の会員さんが、『申し訳ありません。』と、謝罪された。これは、おかしな話である。私が勝手に気に病んで、勝手に体にその影響を受けたに過ぎない。

会員さんが謝ることではない。しかし、どうせ言うのであれば、『ありがとう。』である。勿論、私への感謝を押し付けているのではない。

『ありがとう。』という響きは、明るい。心も軽やかになる。ところが、『すみません。私のために・・・。』と、謝る様はどうだろう。頭はうなだれ、気持ちは下を向く。

だから、『私のために、心配してくれる人がいて、嬉しい~。』と、角度を変えてみたらどうだろう。

これは、自論ではあるが、何も悪いこともしていないのに、謝るのはおかしい。むしろ、がんと闘って弱っている体で、あっちにも、こっちにも、ごめんなさい。申し訳ないと頭をさげてばかりいたら、心も体も沈んでしまう。

ただし、私は、思ったことを口に出す軽率・軽薄な女だから、後先考えずに会員さんに気付いたことを指摘することがよくある。

言い訳であるが、それは、会員さんを信頼し、会員さんのことを思ってやまなくて、会員さんの治療効果が上がることを心から願っているから、

ついつい、はっきり言いすぎるところがある。だから、ここで、陳謝しておこう。ある会員さん。ごめんなさい。

でも、あなたにも、何としても、よい情報を提供したくて、うずうずしている私がここにいる。でも、私の闘いではないので、あなたが動かなければ、事は進まない。

何とも、もどかしくも、歯がゆいが、やっぱり、自己責任だから、私が出しゃばりすぎてもいけない。そこの兼ね合いが何とも難しいが、思いよ届けぇ~!

【当会特製:がん患者用帽子のPR! 】
インターネットショップからhttp://urx.nu/3EhY
ブログから(←ここをクリック)

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!
帽子修正済み
 ※リバーシブル
両面無地
1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!
喜ばれること間違いなし。
がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である。

【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】  
のお申し込みはこちら↓
sugitocancer@gmail.com
 
毛付きネット 
※がん患者用♥内帽子 ↑ 
 6,800円