FC2ブログ
2019_02
18
(Mon)17:01

小学校の先生方&保護者の方へのがん講話終了!

 PCがまた不調で、本日、いつものkanshasuさんに来て頂いて直して頂いた。会員さんに、『よく壊れますね。』と言われたけど、

今日の不具合は、Oさんも、『どうして、こうなったんでしょうね。何かが悪さしていると思うので、少しお時間を下さい。』と、熱心に復旧に向けてご尽力頂いた。

PCのなんたるかも分からないで、付け焼刃で、上澄みだけを教わり今日に至っている。人には、『すごいですね。』と、よく言われるけれど、Oさんだけは、私がどれだけ本当は、PCに疎いか、よくご存知である。

一旦、不具合が生じると手も足も出ない。Oさんとは、遠隔操作で直して頂けることもあるが、ほとんどは、我が家に来て頂いて、デスクトップのPCを修理して頂く。本当にありがたい。

さて、2月19日(金)某小学校に於いて、教師(ほとんどの先生方)と、PTAの方々対象にしたがんのお話をさせて頂く機会を与えて頂いた。

聴講の皆様は、本当に熱心に耳を傾けて頂き、質問も途切れることがなかった。終了後は、校長先生から、一定の評価を頂き、ほっと胸をなで下ろした。

この講師に至る経緯は、当会の会員さんが、ご自分の通っている学校の先生方に働きかけて、がんに対する学びの大切さを説いて下さったことから今回の講演となった。

体験談を語って下さった会員さんと息を合せて、ご依頼を全う出来た。校長先生が、別れ際、『きっと、近いうちにまたお会いすることになるかもしれません。』と言って頂いたが、あまり期待はしないでおこうっと。