FC2ブログ
2019_04
06
(Sat)17:11

ご相談のお電話から;痛みが理解されない苦しみ!

 昨日、ご深刻なご相談電話を頂いた。

要約すると、術後の痛みがあるが、主治医は、データ上は問題ない。そんなに痛みが続くなら、心療内科に言って下さい。と、突き放された・・・というもの。

勿論、鎮痛剤を処方されてはいるが、それでは効かないから、何度も主治医に訴えている。以前にもご相談を受けた方で、そんな時は、緩和ケア外来を受けるとよいということをお伝えした。

ところが、担当の看護師にその旨を伝えると、『がん末期の方がかかるところなので、あなたは、対象でない。』と、言われたとのこと。

しかし、その病院の緩和ケアの医師から、そういう方を回してもらったら診ますよ。と言われた記憶がある。

病院の中で、共通理解が図られていない。

更に、あまり痛みを訴えるので、その主治医は、心療内科を行くように勧められたという。何故、心療内科なのか?それをまず、聞くことを勧めた。

そういった方のために、大津秀一医師のクリニックがある。

しかし、上記のサイトのように、40分19,800円の費用がかかる。ご相談の方は、ちょっと多弁なので、40分なんてあっという間に過ぎるだろうし、

年金暮らしの方では、埼玉から東京文京区まで電車賃も労力もきっと負担だと思われる。

更に、別の病院の心療内科に行かなくても、その病院には、精神腫瘍科がある。どうして、連携していないのだろう。

当会会員さんは、治療を受けながら緩和ケア外来に通院している方もおられれば、また別の会員さんは、精神腫瘍科にもかかっていた会員さんもいた。

あ~。それから、抗がん剤の副作用に皮膚障害があらわれれば、院内の皮膚科にも回して頂いた会員さんもいた。

であるにも関わらず、主治医によっては、一切、院内のその専門科に紹介状を書いてくれない医師もいる。

一体、どうなっているのだろう。担当看護師も、頭ごなしに、痛みのコントロールでの緩和ケア科には、かかれません。と、事実と異なることをそんなに断言していいのだろうか?

自分の医師をはっきり、強く訴えることの出来ない患者は、こうして、何の恩恵も受けることなく、常に空回りをさせられる。

理不尽である。

そうは言っても、私にも何ら権限がないので、『出来るはずですけどねぇ~。』というのが精いっぱい。

どうにかならないものかと、歯がゆい思いを日々抱いている。