FC2ブログ
2019_05
02
(Thu)11:55

苦しい腹水を抜いてくれない!医療現場の実態!

腫瘍内科医 勝俣範之医師は、次のようにtweetされた↓ 最も訴えたいのは、赤字!

本日は、このことをUPさせて頂き、明日、このことの検証をしたいと考えている。順不同になっているが、読まれるのは、下から読み上げた方が分かりやすいかもしれない。

驚愕の事実があった。私は、緩和ケアガイドラインを読ませて頂いた。

 
  1. 腹水による苦痛があるのでしたら、抜いたほうが苦痛が速やかに緩和されます。

  2. さんがリツイート
    4月30日
  3. 癌性腹水は短時間で抜いても血圧が下がったりしないという報告があります。ちなみに、肝硬変の腹水は、アルブミンを点滴しながら、腹水ドレナージするほうが血圧が下がりにくかったという報告があります。

  4. 腹水抜くと元気なくなるという誤解がまだ多い。お腹の張って苦しいのを、最も短時間で緩和させるのには、腹水ドレナージが最も早くて手軽です。もともと腹水は、細胞外、血管外にあるものなので、抜いたからといって、低栄養状態になるものでもない。

  5. 腹水は抜かないことにしているとか、入院でしかやらないという病院が、がん専門病院でもあるけど、なぜそんなことしているのかよくわかりませんね。

  6. 腹水ドレナージ3リットル、全開で1時間で完了。お腹のはりも楽になり、元気に、帰宅されました。腹水ドレナージしたほうが、あっという間に苦痛が緩和されます。わざわざ入院する必要もありません。