2010_03
24
(Wed)09:47

仰天!小倉恒子医師からのプレゼント!

うわぁ~ ビックリ仰天!

2010年3月19日:57歳で亡くなった小倉恒子医師を茫然と偲びながらインターネットや、彼女のブログのコメントを読んでいた。

何気なく余命一ヶ月の女医 小倉恒子 乳がん闘病26年というテレビ放送を開いた。ハルステッドでの手術を赤裸々に画像に映させるような人はそんなにいない。

断っておくが今はそんな胸筋を拡大にとったりはしない。26年前の旧態依然の手術である。

1/3くらい進んだところで、私の目に飛び込んだ驚きの映像!それは、あの時に買って頂いた帽子!(この記事には、直接小倉恒子医師がコメント下さっている)をかぶっている画像が映っている。

あの縁飾り2~3mmを上手く出すのがミソ!シャローム会員さんの腕の見せ所。 

何度も停止して確認した。間違いない!すぐにその帽子を作っている会員さんに先ほど電話した。

私:『ねぇ~。小倉先生が私たちの帽子を買ってくれたの覚えてる?』

会員さん:『覚えてるわよ。青い帽子よ。』

私:『でしょ!でしょ!それが、テレビで放映されていたのよ。』
  興奮冷めやらぬ私の声は上ずっている。

会員さん:『分った。すぐにそのURLを貼り付けて。すぐに開くから。』

私たちは、思わぬ小倉氏からのプレゼントに、素っ頓狂な声を上げて共に喜んだ

さて、

皆様も是非、
小倉恒子医師のブログwillがんと闘う女医・小倉恒子の日記、を開いて欲しい。そこには、沢山のコメントが寄せられている。

その中に、“初めて”というタイトルで、HNじゅんさんという方がコメントされている。女医さん。

その方は、小倉医師の生き様から、大きな刺激を受けて、ご自分のこれからの女医としての歩みを決意されたようである。

そして、
私もまた、今日は、小倉氏に背中を押されたようだった。皆様からは、『シャロームさんは、患者会の代表にピッタリ!そうなるべくしてなった。』とよく口にされる。

しかし、違うのだ。実は今でも私は毎日逡巡している。私は、これからも続けて代表をやれるのか。私には、自信も能力も統率力もそして時間もない。あるのは情熱だけ。

夫が昨年秋、8年間の単身赴任から東京転勤となり、当然ながら同居となった。互いにストレスを感じている。

お互い100歩譲っても、どうにもならない厳しい現実がある。『患者会なんてもう!辞めてやる。これがあるからすべてがご不満なんでしょ!』爆発しそうになることも正直ある。
無理もない!(僕は家を建てた。お母さんがそれを台無しにした。と夫に言われた。=家の中は、いつも散らかっている。夫が休める場所は、聖域である自分の部屋だけ。)

そんな中、小倉恒子医師は、どうしてあんなに万能だったのか。メールには必ず返信をし、講演依頼も快諾し、耳鼻科現役の臨床医。

寸暇を見つけて、本を読み、映画を観、ショッピングも楽しみ。そして夜には電話相談を受ける。執筆もする。どこにそんな時間があったのか。本当にオールマイティー。ご生前に聞いておけばよかったな。

そんな時、この上記の画像をみた。小倉医師との関わりなんて、他の方々からすればほんの短い一瞬に過ぎない。

それでも、がん患者会シャロームの手作り帽子を愛用して下さっていたということは、理屈抜きで嬉しい。シャロームさん癌晴れ!って背中を押されているような気分になる。

私たちの帽子には重みがある。リバーシブルになっているからだ。ね?こうして、私元気になっているでしょ?商魂があらわれ始めている。(笑)

小倉恒子さんってまるで今も生きているような気さえする。本当に力のある人は、たとえいなくなってもその力を発揮する。

帽子のご購入はこちら↓
http://sugitocancer.blog87.fc2.com/blog-date-20091110.html

小倉医師ご購入の商品は別の画面である。現在は、↑上記URLがリニューアルされた商品一覧である。この帽子の購入がきっかけでシャロームの会員さんになる・・という方もいる。

小倉恒子医師が登場するブログ関連記事↓

        
10/03/22
立て続けに訃報が入る。くっそぉ~
     
09/12/19
皆様へお願い!余命告知に対しての
     
09/11/04
このタイトルは、小倉恒子さんのブ
     
09/09/19
がん患者会から25名参加できれば
     
09/06/08
このブログのアクセス数は、左のカ
     
09/06/07
私達は、その会場に着くまでに例に
     
09/05/19
今日は、埼玉県立がんセンター:相
     
09/05/16
私が小倉恒子医師に出会う何てこと
     
09/05/10
今日は、がん患者会シャロームの会
     
09/05/01
今日は、5月1日(金)早々とブログ
     
09/03/27
今日は、病院ボランティアの後、用
     
09/03/25
今日か明日、TBSテレビ:23時:N
     
09/01/25
一昨日、時と場合によるというタイ
     
07/11/22
以前にも、このブログで末期がん患
     
07/10/29
今年の1月4日、プリエールコスメテ
     
07/10/25
今朝もいつものように、起床後すぐ
     
07/10/24
以前、私は、がんになった女医とい
     
07/03/15
タレントの鈴木ヒロミツさん(60

★それにしても、もうすぐ333,333件のアクセス数だ。今夜中に、どなたかキリ番踏まれるのだろうなぁ~。

2007年1月から3年と3ヶ月。まぁ~。飽きもせずほぼ毎日更新していること!やっぱ、私って変わっているのかもしれない。

いつも、閲覧本当にありがとうございます。

C.O.M.M.E.N.T

小倉先生のご冥福お祈りいたします。
本当に残念でたまりません。
私も目標としていたのに。

頭の中では、いつも、死に対しての構えは、あったつもりですが、今日ほど、身近に感じたのは、実際初めてでした。

でも、あのニット帽を、分身のようにさらっと使って頂いたなんて、とても嬉しかった。
毎日使っている私より、さりげなくかぶって似合っていたんですもの。

私の心の中に、頑張って!と、メッセージ送ってくれたのかも?と、信じています。

2010/03/24 (Wed) 19:58 | みぃ #- | URL | 編集 | 返信

Re:

みぃさん

コメントをありがとう。
あの日、あなたを小倉先生に紹介して、
『この彼女が作ったんですよ。』と言ったら、
先生、何を聞き間違えたのか、
『この帽子、シャロームさんが作ったの?』と驚いていたわよね。

先生も私と同じ、かなりおっちょこちょい!
可愛い女性(ひと)だったわね。

あの小倉先生が買って下さった帽子、
本当にスポッとかぶってたね。

何度も洗ってらしたのかしら・・。
頭にフィットしてた。

みぃさんwrote
>私の心の中に、頑張って!と、メッセージ送ってくれたのかも?と、
>信じています。

きっとそうなのよ。小倉先生ってそういう人だと思う。
再発・転移者の気持ちは、痛いほど分るのよ。

私はまだ初発だから、充分な寄り添い方は出来ない。
ごめんなさいね。

でも、患者会って、元気な人もいないと成り立たないってことも
理解してね。

いつも、傍にいるよ。頼りないし、返ってあなたを悲しませることも
あるかもしれないけど、だけど、
あたなは、シャローム会員として、なくてはならない尊い存在。

一緒に癌晴らせてね。

さて、あの日のことは、私たちの宝物だね。
『私、馬鹿みたいじゃない。ベラベラしゃべっちゃって!』って
小倉先生言っていたこと覚えてる。

私あの日、本当に絶好調だった。小倉先生とは、違った立ち位置を
取ろうと一晩寝ないで考えてたの。

その後の結末のおかしすぎ。『あなた強いじゃない!』って・・。
ほんと、楽しかったね。そう、はっきり言ってのけるところがまた、小倉先生の
魅力なのかもしれない。

もうあの日には戻れないけど。
あんな素晴らしい日が与えられたことを、心から感謝しよう。

ご遺族の上に豊かな・豊かなお慰めがありますように。


2010/03/24 (Wed) 20:20 | シャローム #CjlWd7YA | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック