2013_04
14
(Sun)20:13

がん哲学外来in春日部!Part2

今日は、がん哲学外来in春日部に参加した。

昨日の疲れがとれぬまま、(第一回産業カウンセラー講座9:00~16:00)今日は、樋野興夫先生に会いに、会場である南桜井キリスト教会に行った。

私の友人2人が急きょキャンセルになったので、シャローム会員さんを誘い、4名で参加。会場で更に会員さんご夫婦にお会いし、終了後6人で、ミニオフ会を開いた。

本日の内容は、前回聞いた内容とほぼ同じようであったが、新たに感動するお話もあり、本当に参加してよかった。

帰宅後、樋野先生から次のようなご案内のmailを受けたので、貼り付ける。

今日のお話で、よくは聞き取れなかったが、先生は、無医村に近い地域で誕生された模様で、僅か、三歳の時に、医者になろうという志を抱かれた・・とのこと。

貼り付けられた下段のmailを読み、帰郷された下りがそのお話とオーバーラップした。そして、『悲哀の使命~がん哲学外来~』を立ち上げられた底知れぬ情熱に、その使命の確かさを、今日も確認させられた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2回「がん哲学学校」

悲哀の使命:がん哲学外来〜「がん哲学学校」の学是〜

「がん哲学外来」を開始(2008年)して、早5年が過ぎた。継続の大切さをしみじみと感ずる今日この頃である。

開設
5周年の新聞記事:患者と語り合う「がん哲学外来」(
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20130404/CK2013040402000142.html)

東京新聞201344日付け)が送られてきた。また、日曜患者学校 (樋野興夫の「がん哲学学校」) が放送されたとのことである(ラジオNIKKEI 479:00-9:30 pm(http://www.radionikkei.jp/inochi/post_2.html)

番組では、『がん哲学』も朗読されたようである。 「ベットサイド朗読」へと発展する気配を感ずる。早速、聴講された方から、「がん哲学の時代ですね」を、はじめとした温かい励ましのメールを頂いた。

同夜、アメリカの記者からは、スカイプによる取材を受けた。「がん哲学 & がん哲学外来の源流」について英語で答えた。

記事の文章の一部が送られて来た
Influenced by historical Japanese Christians Nitobe Inazo (who wrote the famous “Bushido”), Nijima Jo, Uchimura Kanzo, and Nambara Shigeru and Yanihara Tadao (disciples of Nitobe and Uchimura and presidents of Tokyo University after World War II), Dr. Hino started Cancer Philosophy Clinics five years ago.

筆者の人生にとって「新渡戸稲造・内村鑑三・南原繁・矢内原忠雄」の邂逅が如何に「本流」であるかを改めて実感する時となった。


先週、島根大学医学部付属病院で「神在りの国・がんメディカルカフェ 開設記念特別講演:がん哲学外来カフェ〜医療の懸け橋〜」の機会が与えられ、久しぶりに帰郷した。

我が故郷(鵜峠+鷺浦=鵜鷺)からも、多数の参加者があり、会場は満員であった。医学生の参加もあり、「
がんメディカルカフェ」は「次世代の対話学」の「課外講義」に展開される予感がする。

講演に先立ち、実家に帰り(鵜峠)、父 (92)・母(90歳)に再会した。涙なくして語れない。

また、実家の庭園にある、石碑「花は咲き 実は永劫に 結ぶなれ」(
24歳で19441222 比島 バナイ島西方にて、特攻隊で戦死した筆者の叔父の辞世の句)を改めて静思した。

翌朝、玄関の縁側で見送る母、出雲駅まで見送る父の姿に、この世に生まれて来た「人生の使命」を、深く探求する旅となった。

出雲駅から「やくも号」に乗り、岡山駅経由で、新幹線で帰京した。汽車の長旅で、新渡戸稲造 (1862-1933) 修養の第10章「逆境にある時の心得」を改めて学んだ。

まさに「悲哀の使命〜がん哲学外来〜」であり、「がん哲学学校」の学是に相応しい。



【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから → http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!
リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com


毛付きネットがん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント