2013_05
09
(Thu)22:32

第2回横浜オフ会!医は算術?

昨日の続きである。

ひょんなことから、彼女は、次のようなことを話してくれた。ご本人のブログ掲載許可を得ている。

2011年。彼女の入院先に職場の先輩が見舞いに来た。その上司は、某部位のがんを摘出し、抗がん剤とある免疫療法を同時に投与した。このお蔭で今の自分があると思う。というようなことを言って帰ったという。

(私の独り言:何という巧みなこと。何が効いたか分からないような手法だこと。)

彼女(会員さん)は、あまり何も考えず、自分もそうしたいと思ったが、すぐに抗がん剤が始まり最後の投与の少し前に、先輩が紹介してくれた某クリニックにご夫婦で受診した。

患者は、彼女であるにも関わらず、その院長は、ご主人目掛けて熱心にこの免疫療法の説明をしたという。

3回の自☓がんワクチンで150万円。2回に分けて支払った。『多分、主人は、私がやりたい治療をさせてあげることが、自分に出来る精一杯の協力と思ったのではないのかな?』と述懐していた。

自☓がんワクチンとは、がん手術時に切り取ったがん細胞の断片1~2gに、免疫刺激剤なるものを混ぜ、注射用生理食塩水に懸濁(かき混ぜて、沈殿を多いに舞い上げ、液を存分に濁らせたもの)したもの。

がん患者自身のがんの組織の一部を使って作ったものなので、『自☓』がんワクチンなのだという。この作業は、ある機関に外注する。

勿論、こんなものでがんが治る訳はない。

さて、
最初の自☓がんワクチン投与の日であるにも関わらず、一度も血液検査はない。院長は、自分が持って来たデータをじっと見ていた。

会員さんがその5回分の血液検査のデータの説明(これは、こういう時にこうなったものです・・というような)をしようとすると、怒ったように『ちょっと黙ってて・・。今、私はこれを見ているのです。』と彼女の言葉を遮ったという。

ご主人と最初に説明を聞いた時は、『抗がん剤と一緒にやると効果がある。奥さんがこの治療をやる価値は充分にある。』と、穏やかで丁寧で親切な医師だと見受けられた。

しかし、お金を払い、最初のその第一回目の投与で、その医師の豹変振りに、彼女は、やっと、この医師とこれから関わることはストレスになると感じ、一回で中止することを決めた。

勿論、お金は返ってこない。ご自分は、『授業料と思えば・・』とはおっしゃったが、随分高い授業料だこと。

『150万円もあれば、家族で外国旅行が2~3回位行けるというのに・・。そちらの方が、よっぽど免疫力上がりそう。』と、つい余計なことを言ってしまった私。(笑)

こんなことはご存知だろうか。ある免疫療法のクリニックに治療費を振り込んだ。しかし、その治療を施される前に、患者は亡くなってしまった。そのお金は勿論返ってこないことを・・。

別の遺族会員さんが言った。最初は、月1万円くらいの代替療法がその月日を重ねるたびに、水から粉・・にその形状を変えながら、その値段もどんどん高くなって行った・・という。

『いくら位?』と尋ねたが、『自分は支払いなどに関わっていなかったので分からなかったが、高くなっていたことは確か!』とのことであった。

がん患者何て、赤子の手をひねるようなもの。簡単に騙せる。がんビジネスは、ボロ儲けだ!かく言う私も本当に口車に乗せられて何度騙されたことか!

だからこそ、口を酸っぱくして被害に遭わないようにと、こういったブログなどで発信しているが、間にもどうもあいやしない。

騙す医師が悪いのか、騙される患者が悪いのか!一部の医師ではあるけれど、どちらにしても医は仁術ではなく、算術であることは、いい加減、患者は知るべきだと思うのだけどなぁ~。

ぶつぶつ。。。。


【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから → http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

小児がん患者用帽子など特注可!

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!
リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com


毛付きネットがん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円




C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント