2013_08
01
(Thu)18:19

医師回答のQ&A 乳がんは放射線で完治出来るのか?

先日、当ブログに次のようなコメントが寄せられた。

お忙しい勝俣医師。楮本医師にご意見を伺っていたが、本日お二人の先生のご回答がそろい、ブログ掲載も許可して頂いているので、UPしたいと思う。

正しい知識を得、不確かな情報に惑わされることがないよう、また、取り返しのつかないことにならないよう、しっかりこういった機会に学んで欲しいと思っている。

ご回答は、すべて原文ままであるが、太字に関しては、私が勝手に操作したものである。

・・・・・・・・・・・・・・コメント内容・・・・・・・・・・・・・・・・

乳癌の放射線治療について

乳がんは、比較的放射線が効きやすいがんです。

乳房温存手術が増加し,放射線治療が手術と併用される機会が増えただけでなく,最近では定位放射線治療(ピンポイント照射)により腫瘍がある程度大きくなっても放射線治療単独で根治できるようになっています。

放射線腫瘍医は「がんはもっと放射線治療で治療すべき」とみなさん主張しています。

乳房温存の為にも治療機器の進歩と共に放射線治療を受ける患者はますます増加すると思います。

・・・・・・・・・・腫瘍内科医:勝俣範之医師のご回答・・・・・・・・・・

放射線単独で、乳がんを根治させることは、患者さんはもちろん、われわれ医療者もそうしたいと願っているところです。

現在、ピンポイント照射(3D照射)や、多分割照射など、放射線治療も臨床研究もすすんできており、だいぶ良好な成績が得られておりますが、

まだ、手術を省略してよい、というところまでの十分な結果は出てきていません。  

放射線単独で治療した場合の一番の心配は、癌細胞が残ってしまうことです。中には、完全に根治できる方もいらっしゃいますが、一部にはがん細胞がどうしても残ってしまいます。

その場合、やはり切除というのは避けられない、というのが現実です。ですので、現段階では、放射線治療単独は、標準治療にはなっていないというのが現実です。  

高齢者の方で、合併症などで手術のリスクが高い場合など、ご本人と相談の上、放射線単独ということになる場合もありますが、その場合も、きちんとお話をさせていただいた上で、十分に納得された上でということにしております。

実際のところ、一部の施設(放射線単独でやっているクリニックなど)で放射線単独でも大丈夫などと言っている医者がいるので、きちんとお答えしておいたほうがよいと思いまして、コメントさせていただきました。

日本医科大学武蔵小杉病院
腫瘍内科 教授 勝俣 範之医師

・・・・・・・放射線腫瘍医:楮本智子医師のご回答・・・・・・・

放射線治療の機器や治療法は種々の進歩をとげており、それをいかに有効に臨床に応用するかといいうのは、現在も これからも課題です。

現時点で よりよく治癒させる、ということと 機能面 美容面を考慮した治療ということで、乳がんについては、手術・放射線治療・薬物療法をくみあわせた 治療が標準とされています。  
 

放射線治療に関しては 温存術後の場合 術後全乳房照射が標準で、美容面でも満足度の

高い治療が比較的達成されていると思います。 
 

一方、照射範囲を狭くできるか (その方法として 3D照射や組織内照射、 術中照射等)治療期間を短縮できるか 等の臨床的検討が進められてはいます。

全乳房照射についての照射回数を少なくする検討(1回線量を増加して、全治療期間を短縮させる)については、最近の臨床試験により、日本人に対しても安全性がほぼ問題ないという コンセンサスがえられつつありますが 現在、長期的にも問題ないことを観察継続中です

他の領域・方法については まだ研究・検討中のところがあり、慎重にリスクも考えていかなければなりません。

乳がんに対しては 放射線治療の有効性も高いのですが、それ単独で完治させられるというところまでは臨床的証明はなされておらず、現時点で 初期治療としては 手術と併用しての治療が原則です。

残念ながら、再発された場合等で、有効な治療ができることもありますが、
まずは、 臨床データがつみ重ねられた よりよく治せる可能性のある治療法からおすすめすることになると思います。

埼玉県立がんセンター
放射線科 副部長 
放射線腫瘍医 楮本 智子医師

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お二人の先生方のご回答で共通しているのは、現段階において、乳がんを放射線で根治可能とするデータはないということ。

現在のガイドライン(標準治療)は、手術と放射線を組み合わせる・・ということである。ということ。

冒頭のコメントによると、放射線単独で根治出来る!と断定している。こういった情報があるから、インターネットは、玉石混交ということになる。

私も流行には飛びつくタイプの人間であるが、私のがん治療は、主治医の勝俣先生もよくご存じであるが、入念に、しっかり、冷静に、がんの学びを積み重ね、そして、一つひとつ薬剤を確認しながら治療を進めてきた。

当時は、過剰なほどの治療ではあったが、現在は、それが主流になっている。だから、情報の先取りは必要である。が、それが、きちんと、信用ある筋のデータであるかどうか・・・それが問題なのだと思っている。


【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから →
http://urx.nu/3EhY

ブログから → 
http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com


毛付きネット※がん患者用♥内帽子
       (毛付きのキャップ)

※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円 
 



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント