2013_10
23
(Wed)23:52

人生いばらの道、にもかかわらず宴会!

人生いばらの道、にもかかわらず宴会!この言葉は、順天堂大学医学部 病理・腫瘍学教授樋野興夫(ひのおきお)医師の言葉である。

今日は、武蔵野赤十字病院内でのピアポート業務であったが、終了後、シャローム仲間と3人だけの超ミニオフ会を開いた。

お二人とも再発・転移をしているが、今夜のフレンチレストランでのオフ会をとても楽しかった・・と言って頂いた。

お土産の手作りルシアンクッキーも喜んで下さり、『うわぁ~。嬉しい。ラッキー』と、満面の笑み。

タイトルの『人生いばらの道、にもかかわらず宴会』という言葉が好き!と、帰宅したらお礼メールが入っていた。

『夫が一人になった時、困らないようにね・・・』といろいろと断捨離を今からしている話とか、『あれとあれが終わるまで何としても生き延びたいと思っているの。』

こんな話は、患者会だから自由に語れる。変な気を使わないで済む。『肝臓転移してると急変するから、今から準備しておいてね。忙しいよ・・・』と私。

昨日、埼玉県立がんセンター余宮きのみ医師の講義から引用し、『ターミナル(terminal)ってね、境界っていうか、地上の世界から新しい世界への出発点で、乗り継ぎ地点なんだって。』

『新しい世界で待っててよ。私たちも行くから。』 『でも、なるべく新しい世界へは、ゆっくり行くよ。』 『そうだね。生き急ぐことないよね。でも、余宮先生は、生き急げって言ってた。笑』

でも、『最悪に備えておくことは大切かもね。』

こんな話は、どこまりできない!(このどこまり・・・という言葉は、愛媛の方言だろう。どこででも・・という意味である。)

患者会の仲間だからこそ、信頼関係にあるからこそ、痛みを分かち合える間柄だからこそ、安心して語れる。

別れる時は、三人でそれぞれ温かい握手を交わした。また会おうね。今度会う時は、ホスピスに入院しているかもしれない・・・。

『必ず連絡するからね。』 『行ってもいい。』 『勿論よ。必ず来てね。』 『じゃ~。そこのホスピスは初めてなので、見てみたい。』

なんちゅう会話だ。でも、気持ちは分りあってるから本当に大丈夫なのだ。

『この乗り継ぎって、みんな無事通過してるのよね。そんなこと、余宮先生言ってた。』 『そうだ。確かにそうね。』

途中、痛みが表れた。痛みは、外からからは見えない。『帰ったら、オキノーム飲んで休むね。』 『じゃ~ゆっくり休んで。』 18時から21時までのディナーは、あっという間だった。

『楽しかったね。』 『楽しかったね。』 大声で笑う訳でもなく、会話が弾んでいた訳でもない。それでも、何故か、温かい雰囲気に包まれて、静かな秋の夜長を楽しんだ。


【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから →   http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!
リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com


毛付きネットがん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 
--


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント