2013_11
06
(Wed)23:19

会員さんの診察に同伴!

今日は、会員さんの診察に同伴した。日本医科大学武蔵小杉病院:腫瘍内科。同伴するのであるから、彼女の病理結果も一緒にお伺いする。

治療の選択肢は、抗がん剤しかない。標準でいけば今までかかっていた医師の提示で間違いない!

腫瘍内科医:勝俣範之医師は、欧米では最近主流になりつつある、抗がん剤投与法を提示した。勿論、既存の方法と最先端の治療法の二つのどちらかを選ぶ・・という、インフォームドチョイス。

淡々と話される。決してご自分の考えを押し付けない。まずいなぁ~。と思う自分がいた。いけないなぁ~と思う自分がいた。 (自分の立ち位置の認識が弱いという意)

これは、治験ではないから、比較はしないし、報告の義務もない。その薬剤は、TCH。

三週間に一度、ドセタキセル+カルボプラチン+ハーセプン。にハーセプチンを毎週投与という投与法。

簡単にいうと、6クール中。毎週ハーセプチンを投与するということである。その6クールが終わると、今度は、3週間に一度のハーセプチンを一年間投与する。

こう、会員さんに説明した勝俣医師は、私に向かって、『この方法、シャロームさん。初めて聞いたでしょう。』と、ちょっと悪戯っぽく話を私に振ってこられた。

『初めてです。』と、興味津々。全体が呑み込めていない会員さんに、分かり易く投与法を私が説明する

ハーセプチンにタキサン系があるのは、知っていた。でも、このがん種にカルボプラチンが効くなんて聞いたことがなかった。

私はすぐに質問をした。『カルボプラチンですか?○○がんには、適応しないのではないですか?』

勝俣医師は言った、『ハーセプチンとの組み合わせでそれが効くというデータが出ている。』・・と。抗がん剤は、多剤併用・・でより効果を発揮することは周知のことである。

私は、とっさに単純に考えた。ハーセプチンにタキサン系。そして更にカルボを組み合わせれば、こっちの方がいいかも・・と、

私の考えが傾いた。これがいけないのだ。これは危険なのだ。私はそもそも同伴者。 (笑) 私の考えを押し付けてはいけない。

アンスラサイクリン系を使わないことで、心毒性は低いことと、パクリタキセルよりもドセタキセルの方が手足のしびれは少ない。しかし、デメリットとしては、日本人としてのデータはまだ出ていない・・。効果としては、同等。ということであった。

三週間に一度(中、ハーセプチンは毎週投与)なので、体調がよくて予定通り投与出来たとしたら、4か月半で終了し、その後、三週間に一度のハーセプチンで一年間。

彼女の補助治療は、今回の抗がん剤しか使えない。ホルモン療法は、まったく無効の数値であった。

ホルモンレセプターが10%以上なら投与する価値が最低でもあったが、その数値にもまったく足りなかった。だから、この術後の治療が明暗を分ける。

最終的には彼女が選択をした。その後、がん認定看護師の小野寺さんが抗がん剤の説明をして下さった。

途中席を立たれた時、即座に会員さんは私にこう言った。

『こうして説明してくれるから助かる。』
『安心して治療を受けられる。やる気が出てくる。』
『距離(2時間かかる)はあるけど、来てよかった。』

小野寺さんは、『ご不安でしょ?』最初、そこから切り出した。患者の心情をぐっと掴む。さすが。途中、笑いを3回入れるところなど、見習うこと多し。

ピアサポート。患者会。院内外サロン。がん哲学外来。それぞれ特徴がある。がん患者にとって患者支援のツールが多くあることは、自由な選択で利用することが出来る利点がある。

患者に優しい社会が少しずつ広がりを見せていることは、本当に嬉しい。しかし、私は、どのツールも経験しているが、一番難しいのはやはり、ピアサポートだと感じている。

その難しさを語ることは、本日は控えたい。

ところで、
日本医科大学武蔵小杉病院:腫瘍内科の待合室に入ると、見覚えのあるティッシュボックスが、 中央のテーブルの上に。。。↓

ティッシュボックス

当会で販売しているものは、すぐに分かる。がん認定看護師さんに尋ねる。『誰々さんが持ってきて下さったんです。いいでしょ?』とのこと。

その会員さんは、こういうさりげない気遣いが出来る方である。そういえば、今年のRFLで、『結構、私、買っちゃいました。』と言ってたっけ。
帰路中、『ありがと!』とプレゼントして下さった会員さんにメールを送った。

今日の同伴は、ただ、会員さんの診察の補助?ではなく、新たな発見があったり、待合室で知り合った男性が高額療養費の説明をして下さったり、待合室の未だに片づけられていない扇風機の存在も理解出来た。

(そもそも、この部屋は、放射線の待合室で、すべての壁に鉛が入っているとのこと。エアコンが極端に効きすぎるために、扇風機がファンの役目をするんだとか。。。)ん~ん。なるほどガッテン。

疲れたけれど、とても学びの多い一日であった。感謝だなぁ~。相変わらずお部屋は散らかってるけど・・。(笑) 明日こそ、片づけないといつか、追んだされてしまうぞ。>ジブン。


【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから →  
http://urx.nu/3EhY

ブログから → 
http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com


毛付きネットがん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント