2013_11
27
(Wed)20:15

カプセル飲んで大腸検査!来年1月保険適応

このブログの閲覧者様も、注腸検査(←you-tube)をされた方はおられると思うが、(私もある。)なかなかガスが出たり体の向きを変えたり、大変!

でも、もうそんな苦労とはおさらば?

私も一度体験したい!その際には、必ずブログにUP予定である。 ただ、私は腸の癒着があるから、そういうところがあるとカプセルがつっかえて、厄介なことになるようである。検査は、やはり慎重に検討しなければならないのだろう。

◇カプセル内視鏡のんで大腸がん検査 1月から保険適用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=
20131121-00000013-asahi-sci

カプセル内視鏡のんで大腸がん検査
1月から保険適用

朝日新聞デジタル 11月21日(木)8時30分配信

カプセル内視鏡のんで大腸がん検査 1月から保険適用

イスラエル製の大腸カプセル内視鏡=愛知県豊明市

 【鈴木彩子】「飲むだけ」のカプセル内視鏡で大腸のがんを探す検査が、来年1月から公的医療保険の対象になる。大腸がんは、がんの死因の上位だが、「恥ずかしい」などの理由で検診の受診率が低い。受診を促し、早期発見につなげるのがねらいだ。

【写真】大腸カプセル内視鏡を持つ大宮准教授、カラー画像が撮影できる=愛知県豊明市

 藤田保健衛生大病院(愛知県豊明市)では保険適用に先駆けて、7日からこの検査を始めている。

 検査は、長さ3・1センチ、直径1・1センチのカプセル型の内視鏡をのみ込む。2台の小型カメラとLEDライト、バッテリーが内蔵されており、1秒間に最大35枚の画像が撮影できる。データは随時、受診者が肩から提げたレコーダーに送信される。数時間後、カプセルは便として排泄(はいせつ)される。

 肛門(こうもん)から細長い管を入れる従来の内視鏡検査と比べると、痛みと心理的負担がないことが利点だ。

 カプセル内視鏡は、小腸用が07年に保険適用されている。大腸用は7月に国が製造販売を承認。厚生労働省の中央社会保険医療協議会が今月6日、来年1月からの保険適用をスピード承認した。カプセルの価格は8万3100円。ここに検査費用が加わり、3割負担なら1回数万円で受けられる見通し。

 ただ、従来の内視鏡と違い、検査中に病変が見つかってもその場で治療できない弱点もある。精度もやや劣り、2011~12年に国内3施設が行った治験では、66例中4例(6%)で病巣を発見できなかった。

朝日新聞社

最終更新:11月21日(木)14時48分

★参考になるサイト
カプセル内視鏡検査!
ドクターに10の質問!


【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから →  
http://urx.nu/3EhY

ブログから → 
http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com


毛付きネットがん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円 




C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント