2013_12
16
(Mon)22:12

会員さんと意気投合!

本日は、武蔵野赤十字病院のピアサポートの日であった。帰路の電車の中で、会員さんから時間がある時に話を聴いて欲しいというメールが入っていた。

『帰宅して8時過ぎなら大丈夫です!』と、ご返信した。自分は話下手なので、まず要点をまとめてメールしておいた・・ということであった。

ちょうど、8時5分。夫の食事が終わった頃にお電話があった。『ごめんなさい。まだ、メール見ていない。』というと、『メール見て下さい。その方が話が早い。』ということで、5分後にもう一度お電話を頂く。

そして、何と、8時10分から10時まで、我々は、熱く熱く語り合った。どこにこんなエネルギーがあったのかと思うくらい、話が盛り上がった。

語る。聴く。話の終わらないうちに、更にどちらともなく話す。こんなにヒートアップしたのも珍しい。

淀んだ水面が急にざわめくように、互いに一気呵成に思いを吐き出した。まさしく双方向だが、同じ方向に向いている。

何だか、気持ちがいい。よんどころないアクシデントではあったが、互いの気持ちが合致すると、妙案も浮かんでくるものだ。

ネガティブがポジティブにいつしか変わり、肯定的に物事を捉えられるようになっていた。

カタルシスは、どちらかに思いをぶつけ、ぶつけた者が自ら解決の糸口や方向性を見出す・・とされるが、そうとも限らない。二人で語り合っている内に、歩むべき道が見えて来た。

喧々諤々(けんけんがくがく)もう、ええ格好もしなければ、互いに気を使うこともない。ひっちゃかめっちゃか、会話のルールを無視して互いに言葉を発したい時にしゃべくる。(笑)

あ~スッキリ!この事例は、多くの人たちが学習の機会となった。すべてのことが無駄なことはない!そして、解決の道も明らかとなった。

本当は、別のブログ記事を書こうと思っていたが、興奮冷めやらぬ思いを記録として残しておこうと思った。

信頼して、こうしてお電話を頂いた会員さんに本当に心から感謝。我々に直接関係ない話ではあっても、通り過ごすことのできない今回の出来事、他山の石ではない。いつ我々に降りかかって来てもおかしくない。

被害者になってもいけないが、加害者にだって絶対にならないとは言い切れない。肝に銘じて誠実に生きたいと思った。

隔靴掻痒(かっかそうよう)であることをお許し願いたい!


【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから →  
http://urx.nu/3EhY

ブログから →
 http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネットがん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円 




C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント