2013_12
29
(Sun)23:49

会員さんを追悼!野中希さんのFB投稿から・・・

野中 希さんは、左下のリンク先JAMT(ジャムティーと呼ぶ=海外情報リファレンス)を立ち上げた発起人であり、友人の一人でもある。

その彼女が、先月召天した会員さんの追悼文をFBに投稿下さった。ご本人の了解を得てコピペさせて頂く。

大好きと言い合った、その会員さんのお声をもう聞けないと思うと、本当に寂しくて涙が溢れる。ご遺族のお気持ちを思うと、本当に辛い。

でも、いつの日か、命の限りを尽くして生きた、奥さんの、そしてお母さんの、その生き様を、誇りとし、希望とし、そして、強さとし、温かさとして、そのお一人おひとりの心の中に息づき、支えてくれる存在となると
私は信じるものだ。

・・・・・・・・・・野中さんのFB投稿・・・・・原文まま・・・・・・・・・・・・・・・
ジャムティ翻訳者は約100名ほど。その中でも優秀な方々が米国国立癌研究所(NCI)キャンサーブレティンを訳してくださっていた。

そして、ブレティン担当者にはわりと高率にサバイバーご本人が含まれていた。そんな翻訳者の一人、Aさんの訃報。

とても素敵な女性、そして翻訳の腕は素晴らしかった。どんな上手な人でも監修からはたくさんチェックが入るのが普通なのに、彼女の場合、複数回、「修正なし」が続いた!!

翻訳事業(有償)でも積極的に大きな仕事も受けてくれた。

負担だったら仕事は受けな...いでと気遣う私に次のようなメールをくれた:

<私にとって、JAMTはなくてはならないものなんですよ。社会とつながる窓というか、接点というか…

外に出て働くことの難しい私にも、こんな形でどなたかのお役に立てることがあったんだ!と、野中さんとJAMTとの出会いに感謝しています(*^_^*)>

これ以上嬉しい言葉はなかった。

ジャムティ翻訳者が数名集まって4月に東大医学図書館ツアーへ行ったとき、彼女はランチのためのいいレストランを探して予約してくれた。他サバイバーの方々も一緒で楽しかったね。

その後、徐々に彼女は出てこられなくなり・・。短い間の思い出になったけれど、Aさんのこと、忘れないよ。

子供たちを置いていくこと、どんなに後ろ髪引かれていただろう。翻訳ももっともっとやりたかっただろう。

偶然にも、18日、事務局の方が、おうちに咲いたお花を下さった。「菊の一種なんで、ちょっとお葬式みたいな花ですけど」と。

給湯器の火が消えたのも、なんだか偶然とは思えない。彼女が「お世話になりました~」と言ってるような気がして。

週末は結婚式に沖縄へ行くのだけど、今週はかわいいお花で彼女を追悼しよう。 

小菊2 


【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから →  
http://urx.nu/3EhY

ブログから → 
http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネットがん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円 



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント