2014_02
04
(Tue)21:16

地域ならではの仲間力!

日本医科大学武蔵小杉病院:腫瘍内科医 勝俣範之医師の補助治療は、徹底して手を抜かない。この時期の抗がん剤が、のちに明暗を分けることがあるからだ。

その投与量は、日本のガイドラインの上限を処方される。私の時もそうであったが、『やるなら、限度量いっぱい。そして最後までやりぬきますか?』と、私の時も念を押された。

インフォームドチョイスでなかなか決め兼ね、術後随分たってから抗がん剤を受けた。だから、途中で根を上げる訳にはいかなかった。マイルドと言われた抗がん剤は、私の場合、かなり副作用が表れた。

一ヶ月お休みをしなければならないほど、体力が戻らなかった。

本題は、これからだ。会員の○○さんは、今、抗がん剤の真っ只中。かなり強硬なスケジュールで、イレギュラーなやり方。

根性のある彼女は、辛くて食事も喉を通らないけれど、どんなに厳しくてもこの抗がん剤は、やり抜く!と固い決意を抱いて日々の副作用と闘っている。

それでも、倒れそうになる。限界だと思うこともある。そんな中、SOSのメールが入った。随分長い間、食事がとれないこと、歩くとふらふらする・・こと、そんな不安が詰まったメールだった。

主治医からは、水分がとれていれば大丈夫・・という回答ではあったが、実際、白湯しか受け付けない体は、精神力だけではやはり耐えられるものではなかった。

そんな中、当会には、今の彼女よりももっと強い副作用を乗り越えた会員さんがいる。すぐに私は、▲▲さんにアクセスし、3人の同報メールを組んだ。

辛さをまず吐き出してもらうこと。その次に、▲▲さんはどのように強烈な副作用を乗り切ったのか、具体的なその体験を次々に互いに同報メールで出し合った。

副作用で苦しかった時、動物の本が闘う勇気になったと、○○さんの郵便受けに▲▲さんが入れた。すると、

▲▲さん、本、受け取りました。ナルホド、動物はいいですよね!何気無いしぐさで癒されます。

素敵な本なので暫く大切にお借りしますね!治療完了まではお借りしててもよろしいのかしら…急遽必要になられた場合は、ご遠慮なく、おっしゃて下さいね。寒い中、わざわざ届けて下さり、ありがとうございましたm(__)m

その後、困った時はお互い様・・・というお話をさせて頂き、○○さんからお買い物のリクエストを頂いた。嬉しかった。私がちょいと車を走らせれば、○○さんの要望のものは、すべて手に入る。

郵便受けにお金を入れておく。それを預かって買い物へ。品物とお釣り、レシートをまた、郵便受けにいれる。

このようにすると、いちいち、インターホンを押して○○さんは外に出なくて済む。地域ならではのサポート。▲▲さんのアドバイスは、本当に参考になるものばかりである。

明日にもこの続きをUPしようと思っているが、ざっとこんなもの。 ↓

少しでも 食べられて良かったです。
お粥はまだ なかなか食べられなくても焦らないで下さいね。

やっぱり飲むゼリ-の方が流し入れやすいですし今は食べられそうな時 食べたい物を食べられる量で ですね。私はそうしていました。

ゼリ-は ウィダ-の他にもカロリ-メイトの飲むゼリ-と缶があります。たしか一袋で200キロカロリ-あった記憶があります。

飲むゼリ-の方は リンゴ味でさっぱりしていて私はけっこうお気に入りでした。

缶の方はカフェオレ味で甘く当時の私は苦手でした。約2週間固形物が食べられなくてゼリ-で私は繋いでいました。

それと お腹の調子が悪い時ように 500ミリのペットボトルのOS-1も常備していました。下痢や嘔吐の時の脱水時の水分の吸収が良いと聞いたので。

ご参考までに…。○○さん 陰ながら 応援してます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○○さんも▲▲さんも、がん患者会シャロームを通して、私の主治医である勝俣範之医師の病院に転院した。 (勝俣医師は、20年間、国立がん研究センター中央病院でご勤務された後、現在の病院に転勤された。

がん医療の均てん化がなされていれば、日本医科大千駄木病院や武蔵小杉病院まで通う必要はない。少し勉強をすれば、今は、それが標準に沿っているかどうか見極めることが出来る。

ここでは、詳しく書けないが、やはり、あれ?と疑問を抱くことがあったから転院をしたのだ。一つしかない命。あの時にもっと勉強さえしておけば、あの時にきちんとした治療を受けておけば・・そんな後悔だけはしてほしくない。

折角、がん患者会シャロームに繋がったのだ。代表の主治医、それも、腫瘍内科医としての権威者に会員さんを紹介する。こんなことが出来るのは、患者会ならではの特典・特徴である。

決して、患者サロンやピアサポートではありえない(っていうか、してはいけない。)医療者や医療機関の紹介。

私の責任下において、様々な先生方をご紹介する。しかし、もちろん、自己責任であるし、絶対に大丈夫・・というものでも勿論ない。しかし、先生方へのご協力や感謝は、筆舌に尽くせない。

そういった会員さんと私との信頼関係。私と様々な先生方との信頼関係。その人と人との繋がりの中で、このがん患者会の活動は、成り立っている。

決して行きずりの方に不用意にご紹介出来るような、そんな簡単なものではないし、軽いものでもない。 がん患者会という組織故の働きであると思っている。

今日は、寒い中、都立駒込病院のピアサポであった。寒いと体をぎゅっとちぢこませるためか、とても体が疲れている。今夜は、ゆたんぽでも入れてゆっくり体をやすめよう。

昨日、今日、そして、明日もお出かけなので、今日は、本当に早く就床しよう。  


【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから →   http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネットがん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円  


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント