2014_04
05
(Sat)20:46

保険適応外には要注意:漢方クリーム被害!

何とも、情けなく悔しい話である。

横浜市都筑区山口医院で販売されていた、ステロイドは含まれていないと宣伝されていた中国産の漢方クリームは、

4月5日神奈川新聞によると、

消費者庁によると、含まれていたステロイドは「プロピオン酸クロベタゾール」で、5段階の分類で最も強力な成分。同庁は「皮膚萎縮や緑内障などの副作用が懸念される」と注意を呼び掛けている。

更に、

同院によると、女性は塗り薬について「実家にあった古文書のレシピを参考に作った」と山口院長に説明。

チベットで採集した「黄連(おうれん)」や「黄柏(おうばく)」など、数種類の漢方が配合されていると紹介したというが、3月に同院が依頼した専門機関の調査で、いずれの成分も含まれていないことが分かった。山口院長は「薬の発注は全て(女性に)任せていた」と釈明した。

そして、その女性とは、

医師として処方していた中国籍の女性(52)に医師免許がなかったことを説明、陳謝した。製造元とされていた「中国天津市の工場」についても、存在が確認できないという。

所在不明のその女性・・・

医院は女性に説明会への出席を求めたが、書面で「出席する義務も意向もない」と拒まれ、所在も確認できないという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神奈川医療問題弁護団が立ち上がった!

患者無料相談受付!

★4月6日(日)のみ↓
(5日土は、終わったので・・・)
 
午前10時から午後4時まで、連絡先は電話045(681)8686

こうして、アトピー性皮膚炎で悩む患者を、こうも騙して金儲けをするか・・である。ちょっと、ネットサーフィンをすると、どうも、 

読売新聞 4月5日によると、

来院のきっかけは、人気女性タレントのブログだった。「いくつかの病院に通って治らなかったのが、漢方の塗り薬で治りました」。このブログを見てタレントの所属事務所に問い合わせると、山口医院の連絡先を教えてくれたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タレントも被害者ということであろうが、やはり影響力は大きく、そのブログにより被害が拡大したことは否めないのだろう。

山口医院は、アドピー性皮膚炎の専門家でもなかったようであるが、全国から噂を聞きつけて受診する患者は、多かったという。

今回の教訓は、やはり保険適応外のものは、一応疑ってかかることと、製造元をしっかり確認することは、最低限必要なことかもしれない・・・と思った次第である。

それにしても、一般の医療?クリニックで化粧品なども販売していたとは、ちょうと驚き。私だけが世間知らずなのか?少なくとも、この界隈の医療機関では、化粧品など販売しているところはない。

がんとは無関係な話題ではあったが・・。ご容赦を。


【がん患者用帽子のPR! 】

がん患者用帽子のご購入は、こちら↓

ネットショップから →   http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネットがん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円  
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント