2014_07
07
(Mon)22:30

すぎと社協だより!2014年NO.73:おもて表紙に画像が・・。

本日は、すぎとピアにおいて、杉戸町社会福祉協議会(通称:社協)主催の、ボランティア連絡協議会があった。2か月に一度の定例会。いつも盛りだくさんの議題。

この連絡協議会に最後にお仲間に入れて頂いた(新参者)当会なので、なかなか、その議題について行けない。そもそも、毎日、目いっぱいの患者会活動をしているので、じっと席につくと睡魔が押し寄せる。

生あくびの連発。(本当に申し訳ない。)突然、『シャロームさんどうですか?』と社協の担当者から振られる。あらぁ~。話についていけず、他のことを考えていたので意表を突かれた指名に、面食らう私。

真向いの席の仲間が顔をうつぷして、ぷぷっぷっと笑っている。私も、自分の慌てように可笑しくて笑う。それも、なかなか笑いが止まらない。笑ってはいけないと思えば思うほど、思い出し笑いが波のように引いては、押し寄せる。

こういう時、私は、実に脳天気な人間だと思う。自分のことが自分で本当におかしいのだ。笑いに事欠かない。他にも、今日の会議では、失笑を買うようなことを口にしてしまったが、みんなと一緒に自分のことを私も笑った。

さて、本日配布されたすぎと社協だより2014年NO.73のおもて表紙に、1月22日の”命の授業”風景が掲載された。

社協だより 
がん患者会シャロームは、右下の二枚の写真。

命の授業

 がんという病気を通して、命のこと、自分のからだのことを、がん患者会シャロームのみなさんと、楽しくそして真剣に学びました。(高野台小学校)

と、紹介されている。
 

また、小中学校福祉体験学習というタイトルの左下には、

当事者の生の声を聴くこと、近い体験をすること。それは、子ども達に小さな福祉の心を芽生えさせることでしょう。

社協は、今年度も指導者派遣等を通して福祉教育を推進していきます。

と、記載されている。

それなりに準備は大変だけど、子供たちの一生懸命な学ぶ姿勢に、こちらも大きな刺激と感動を与えられる。

さて、今年のオリエンテーション(杉戸町の小・中・学校の先生方対象)は、忘れないようにしないと・・。私は前科者だから、気を付けよう。今年は、8月7日と決まっている。


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント