2014_10
20
(Mon)21:47

講演会申し込み締め切り!

本日は、講演会申し込みの締切日。

何と、今日だけで8名のお申し込み。

9月から集客に奔走した。先が見えなければゆっくり休むことが出来なかったが、ある程度メドが立ってからは、安眠できるようになった。

こんなことを私は、2006年から5回も経験したことになる。(隔年の講演会)

実は、私をずっとご支援下さり、助成金先等をご紹介下さっていた方がおられた。おられたというのは、患者会活動から今は一線を退かれた。

その方に、私は講演会のことでずっとご相談をしていた。2006年。『こんな大変なことは、もう二度とやりません。』だだをこねるように、私は、講演会を計画したことを後悔している電話をした。

すると、『シャロームさん。確かに講演会を開くことはものすごいエネルギーがいるし、大変なこと。でも、シャロームさんは、この講演会の後、また開催したいってきっと思うよ。講演会は、そんな不思議な魅力があるものなんだよ。』

そう言われた時は、『いや、もう絶対にやりません。』と言ったその同じ口で、講演会終了後には、『やっぱり、次もやります。』と、電話をしている私がいた。

私をそこまで駆り立てたものは何か・・・というと、それは、やはり、ご参加者のご反応である。当日、肌で感じることは勿論のこと、見知らぬ人に街中で呼び止められ、『この間の講演会ありがとうございました。』とお礼を言って頂いたり、

『感動した!』とか、『聴講してよかった!』とか、兎に角、それまで(準備)の苦労を吹き飛ばして下さるような、身に余るご反応を頂くことが多いからだ。それが次のエネルギーとなって繋がって行った。

今年ももしかしたら、講演会の当日は、皆様方から激励のお言葉や感謝のお言葉を頂くかもしれない。今までは、それらが私を次の講演会へと結びつけた。

しかし、私は今回、『今年を持って最後の講演会とします!』と公言している。それは、取りも直さず、体力が気力に追いつけなくなったからだ。

声だけを聞けば、『嘘でしょ?』ということになるのだろう。先日も、『私は、自分のがんを受け入れていない。』というと、即座に、『嘘でしょ?』という言葉が返ってきた。

誰も信じてくれない寂しさを思う。であるなら、この私が自分の身の処し方を考える他ないのだ。誰も私を守ってくれないのだから。(いやはや、いじけているのではない。人は傍目で判断するのだから仕方がない。)

55歳で患者会を立ち上げた時の体力と、64歳になった時の今の私の体力は、信じられないくらいのスピードで落ちて行った。

50代の頃は、がん以外で病院に行くことはなかったが、60代になってからは、医療機関から縁が切れない。

講演会は、今年で最後とするが、患者会の存続も危ぶまれる。まっ。今、性急にそんなことを考えなくてもいいが、兎に角、今年で最後の講演会。後顧の憂いなくやり遂げたいと思っている。講演会の途中で転ばないようにしないと。

過去ブログ:すってんころりんを是非、ご覧あそばして!(笑)


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント