2014_10
29
(Wed)20:58

ご遺族からのメール!

ある日、ひとりのがん患者さんからご相談のお電話を頂いた。

全身に転移をされていたが、主治医との関係に悩んでおられた。お話をよくよく伺うと、少しずつ私にも全容が見えてきて、ちょっとしたコツのようなことをアドバイスした。

他にも、いろんなことをお話したが、途中で笑ったり泣いたり、泣いたり、泣いたりと、子供のように沢山電話の向こうで泣かれていた。

『いっぱい泣いたから疲れたでしょ?今日は、きっとぐっすり眠れますよ。』と言ったら、『本当にすみませんでした。』とのこと。

『あら?すみませんって、あなた何か私に悪いことした?それを言うなら、ありがとうよ。だって、すみませんって言ったら頭も気分も下に向いちゃうでしょ?ありがとうって試しにいってみて、頭も心も自然と上向きになるわよ。』と言った。

すると、『ありがとうございます。』と言った後、二人で笑った。だって私は、ありがとうを言えと催促しているようなものだからである。真意はそうではないが、滑稽な会話の中に我流のサポートの仕方がある。

翌日の電話(10月15日)では、『子供のように泣きじゃくったから気持ちが楽になった。』とおっしゃっていた。今度は、『ありがとうございます。』という言葉で電話が切れた。

同じがんの部位で、同じ主治医で、同じ全身転移の会員さんをご紹介した。大変喜ばれ、闘う意欲を持たれ、まさに、これからがんとの向き合い方に希望を見い出されていた。

そんな矢先であった。にもかかわらず。。。。

ご主人様から本日、次のようなメールを頂いた。ご本人の転載許可を得ている。

初めまして突然のメール申し訳ありません、〇〇☆☆の夫の△△★★と申します!

妻☆☆は昨夜永眠しました、シャローム様の話しは妻から聞かされて◆◆先生との付き合い方を相談させて頂き大変救われたと話していました。

辛い痛みに耐え一生懸命癌晴りましたが旅立ってしまいました。

シャローム様の励ましが無ければ妻は癌晴れなかったと思います、本当にありがとう御座いました。

これからも御活躍を期待しております!一人でもウチの妻の様な人の支えになって上げてください。拙い文章で申し訳ありませんでした。

iPhoneから送信

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
悲しみのさなかにありながら、勿体ないお言葉をご主人様から頂いた。

彼女とは、二回お電話をお受けしただけであり、LINEで何回かメールの交信をしただけの間柄である。そんな訳で、会員さんでもなければ、まるで通りすがりのような、行き交った時に二人で交わした会話したようなものだ。

しかし、人と人との出会いや繋がりは、その年数でもなければ接触の長さでもない。短くあっという間であったとしても、その時の出会いが、その人の人生を大きく左右することもあるということもある。

そういった大げさなものでなくても、我々が病院の中で活動させて頂いているピアサポートや、当会のような患者会の活動は、その触れ合った時間的な長さではなく、どれだけその方の心に触れることが出来るか・・・ということなのかもしれない。

彼女とは、本当に短い関わりではあったが、大切なことを教えて頂いたような気がする。

そんな触れ合いであったにもかかわらず、このように奥様のご召天をお知らせ(お礼メール)頂き、恐縮の極みである。

そして、その後のご主人様とのメールの交信で、ご夫妻が築かれたそのご家庭は、本当に温かいものであり、パパとママが同じ思いでその家族を守ろうとされていたことが、よく分かった。

だから彼女は、本当にお幸せだった。このご夫妻は、共に互いを尊ばれていたのだろう。彼女が愛した家族は、今後もきっと、彼女に見守られながら幸せを紡いでいかれることと思っている。

ご冥福を祈りつつ。

C.O.M.M.E.N.T

突然の事で何て言ったらいいのかわかりません…。もっとお話(メールですが)したかったです。
ご冥福を、心より申し上げます。

2014/10/29 (Wed) 21:31 | 相談者M #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

相談者M様

コメントありがとうございます。
短い間でしたが、お友達になって頂きありがとうございます。

お気持ちも動転されていることと思います。
ご返信が出来なくなったのは、急に体調が変化したからだと
思います。

それまでは、苦も無く交信が出来ていたと判断しますので、
本当に僅かな時間でしたが、彼女にがん友が出来、
電話で沢山泣くことが出来、

がん仲間との触れ合いの中で、自分を見つめなおし
前向きにがんと立ち向かおうとされた矢先でした。

だから、我々が交わったひと時は、無駄でなかったと
思っています。

快く彼女とお友達になることを快諾して頂き本当に
ありがとうございました。


> 突然の事で何て言ったらいいのかわかりません…。もっとお話(メールですが)したかったです。
> ご冥福を、心より申し上げます。

2014/10/29 (Wed) 23:58 | がん患者会シャローム #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント