2014_11
07
(Fri)20:29

泣いても笑っても明日は講演会!

何様、朝から、電話やメールでひっきりなし!お相手の掛ける相手は私一人であるが、私は、その他大勢であるから、ちょっとしたメールでも数は半端なく多い。

ん?この間メール送ったよね?というものから、どうしても参加したいのですが・・・と懇願のお電話・・・。

更に、電話の相手からその理由を聞かされると、『身内にがんになった。一人で籠っている。外に出したい・・・』とのこと。

私は、『
ご本人は、がんを担いで生きるだけで精いっぱいなのだと思います。傍からよいと思えることでも、患者にとっては、それが負担に思うこともあります。ご本人に無理強いされることは、私はお勧めできません。』な~んて、時間もないのにアドバイスしたり、

ここには書けないような前日になって右往左往するようなこともあった。そんな舞台裏などどなたも知る由もなく、きっと明日は、スムーズに講演会は、進行されることだろう。

正直、私の中では、準備は不十分。学生の時から土壇場で本領が発揮されるという難儀な性格。エンジンのかかりが非常に遅い。極端なことを言えば、準備万端整うのは、家を出る寸前。

家を出てからは、もう戻れない。前に進むのみ。

ただ、スカートだけは、今年も入るかどうか試してみた。カギホックを2センチ広げてつけ直し、どうにか間に合いそうだ。ギリギリセーフ!

あ~。兎に角。落ち着かない。それにしても、夫の今日の帰宅は遅くなるとのこと。遅くなってもお夕飯は我が家で食べると言って家を出た。

こんな時くらい、外で食べて帰って来てくれてもよさそうなものだが、この言葉だけは飲み込んだ。明日は、朝9時には、二人で家を出る。私の活動のために一日付き合ってくれる。それだけでも感謝しないとね。

夫が単身赴任の時に、私がこの患者会を立ち上げた。その時は、『お母さんのライフワークだね。僕も応援するよ。』とかなり協力的であった。

が、いざ、東京勤務になると想像を超えたのであろう私の代表としての日常に、かなり嫌気がさしていると思われる。

そりゃそうだよね。そんな中途半端な心持ちじゃ~。こんな活動は出来ない。そういうものなんだけど、当事者でないとやはり、不平不満は出てくるんだろうなぁ~。どうすりゃいいのかなぁ~。悶々。

と嘆いてもいても仕方がない。泣いても笑っても明日は来る!よっしゃ~。最終チェックをして、髪を染めて気合入れますか!エイっ!



【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント