2014_11
11
(Tue)20:18

当会の講演会は、感動的!Part2

今日は、杉戸町社会福祉協議会ボランティア連合会のバス研修で、栃木県足利市にあるココファームに行ってきた。当会より6人参加。

あれほど、昨日、私が車を出し、7時40分にAさん家に。45分にコンビニで待っているBさんを乗せてすぎとピアに向かう。そう徹底を図っていたのに、今日の私は何故か一時間、間違えていた。あり得ない話。

NHK朝ドラを観てからお化粧をしても間に合うと、私は持参するお茶を沸かしていた。そこへ、7時50分Aさんから電話。

私は、『どうしたの?』てっきりキャンセルか何かの電話かと思って尋ねた。すると、『シャロームさん。どうされたのですか?約束の時間過ぎているんですけど・・。』とのこと。

どひゃ~。何てこと。私は、すっかり、一時間間違えていたのだ。

昨日の朝方、まったく同じ夢を見ていた。約束の時間に遅れてあたふたする夢。まさか、夢とそっくり同じになるとは・・・。ショルダーバッグには、お財布とハンカチのみを入れて車を飛ばす。

集合時間までには間に合ったが、ほんと、事故をおこさなくてよかった。みんなに迷惑を掛けなくて済んだ。とんだ冷や汗もの。

本日は、総勢49名が知的重度障がい者が働くファイナリーココファームでの研修。身が引き締まる思いがした。ボケ~っと毎日を送っていた自分の生活を恥ずかしいとさえ思った。

さて、8日(土)の講演会!トップバッターは、遺族会員宇佐美佳代さん。素敵な素敵なPPTを折角作成して下さっていたのに、アクシデント発生で、結局最後まで映写出来なかった。本当に申し訳ない。

開演前の3人の画像↓
開演前!編集済み 
向かって左:宇佐美さん。中央:余宮きのみ先生。右:代表の私

宇佐美さんは、『ここが知りたかった緩和ケア』の本を読んで、呼吸困難には、ドルミカムが有効だと知り、ご主人の主治医に使用をリクエストするが、二度断られ、三度目に願いがかなったお話をされた。

そして、ずっといつ呼吸が止まるのではないかという不安と恐怖が、解消され、安らかにその日は4時間も眠ることが出来たというお話は心に響いた。

その影響もあってか、余宮先生のこの書籍は、27冊販売出来た。

余宮先生ご講義 
余宮先生のご講義は、リズムがある。立ち位置も縦横無尽にステージを行ったり来たり。軽妙なトークは、ぐぐっと聴衆を引き付ける。末期がんの暗いイメージはない。

早い段階からの緩和ケアの必要性や、緩和ケアを受けることでQOLが上がったお話など、そこには希望があった。

2008年には、パネリストとしてご登壇頂いたが、15分間だけPPTを用いてお話をして下さった。その時に、是非、もう一度余宮先生のお話をゆっくり伺いたいという多くの要望にお応えして、今回、再登壇頂いた。本当に聴きごたえのある内容であった。

何回でも何回でも、聞いてみたい。そんな気持ちにさせられる余宮マジック!でも、残念ながら当会主催の講演会は、今回でおしまい。残念ではあるが、やっぱり続けることに限界を感じている。5回もやったし、もう、充分。

今日も、毎日新聞をご覧になった方からご相談のお電話を頂いた。『シャロームさんとお話をしていたら、生きる勇気が湧いてきました。』と言って頂いた。

私のこれからの役割は、こういった一人ひとりのがん患者さんをもっと大切にもっと丁寧に関わらせて頂くこと。それが、がん患者会を立ち上げた理由に他ならないからだ。

【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント