2014_11
16
(Sun)15:46

断わる勇気!

本日、講演会の時に販売出来た書籍の代金を二社に送金した。後一社は、まだ請求書が来ていない。

講演会の疲れも取れぬまま、社協のバス研修に参加したり、昨日・一昨日と、埼玉県ピアサポーター養成研修会の講師をさせて頂いたりと、かなりハードな生活を送っている。

講師としての拘束時間中に会員さんからご相談のお電話を頂くが、勿論、出ることは出来ない。今朝も、今度は別の会員さんから、スマホにメールが入っていた。

私の疲労も気になったが、昔から大変仲良しのお友達ががんになったので、是非、私に相談したいという昨日のメールに今日気づいた。

今朝、返信して電話を頂いた。大変恐縮して、『ほんとにこんな時ばかり電話してごめんなさい・・・』という。『え~。あなたは、お友達の命を救おうと思ってご相談下さったんですよね。私に遠慮するような軽い命じゃないでしょ?お友達の命。そうやって寄り添われるあなたって素晴らしい。』と言った。

その後、
お庭の、私の大好きな小さな菜園をちょっとだけ覗いていた時、会員さんからお野菜が届けられた。『助かる。嬉しい~。』玄関ポーチ前のベンチで少しおしゃべりをした。

PCの中は、相変わらず膨大なメール。一件。一件処理をしていた時、杉戸町社協さんからFAXが送られてきていたことを思い出した。

災害ボランティア講習会があるので、シャロームから3人出して欲しいという内容。バス研修に行った方にも、午前中何人かの会員さんに打診するも、木曜日は生憎、診察日とか、予定が入っていたりと、どなたも参加出来ない。

問い合わせだけでも時間がかかる。それも、11月27日(木)は、翌日の、”患者の集い”の前日である。連日のスケジュールは体にこたえる。

そうだ!思い切って断ろう。社協さんには、申し訳ないが、断る勇気も必要。謝罪と共に、今回は、身動きが取れない旨を伝える。勿論、受け入れて頂く。

しかし、いつまでこんなこと続けていくのかなぁ~。と、これから先のことが心配になってきた。講演会も、リレー・フォー・ライフも今年で最後とする決断を私は下した。

縮小しても、縮小しても、また、別のイベントなどの参加要請が舞い込む。しかし、本来のがん患者支援から、少しずつ遠ざかっているような気がして最近落ち着かない。

だから、意識して今後は返事をしなければならない。何か要請されると反射的に快諾してしまう私がいる。

でもこれからは、断る勇気を持とう。自分のためにも、周りのためにも。

今日、社協さんの講習会を断ったら、随分気持ちが楽になった。自分の本当の気持ちに素直に生きることが出来るよう、少しは自分を大切にしよう。そんなことが頭によぎった日曜日の昼下がりであった。


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント