2014_11
21
(Fri)15:16

バタバタとした毎日の中で、また一人救われるかもしれない!

現在、埼玉県ピアサポーター養成研修会の講師をさせて頂いている。明日は4日目。そのレジメ作成や講義など、兎に角毎日がバタバタしている。

当然であるが、患者会の活動も平行して行われている。昨日だったか、一昨日だったか、会員さんのお友達が、がんの疑い!『ベストな治療をさせてあげたい。力を貸して欲しい。』というメール。その後電話。

そして、今日、その診断が確定した。多重がんであった。すぐに某がん専門病院の医師にコンタクト。『私が執刀します。安心して下さい。』というご返信。その道のスペシャリスト。

バタバタとした毎日の中で、また一人救われるかもしれない!と、思ったら、安堵と共に、どどっと疲れが押し寄せてきた。

その間。がんが最近再発された会員さんから電話。何度か頂いていたが、如何せん、対応出来ないでいた。私自身もキュウキュウであったので身動きできなかった。

やっと、今日、一息つき、障害年金を扱う社会保険労務士さんをご紹介した。すぐにご連絡を頂き、遺族年金をもらっている者は、年金は一本化であるから、申請の資格がないと言われたと力なくお電話を頂く。

しまった!彼女は遺族年金を受給しているのだからその対象でなかったんだった!思わぬ期待をかけさせてしまった。本当に申し訳ない。

一方、
次々と当会の連絡係りから11月28日(金)の患者の集い(生涯学習センター集会室1・2:13時より)の参加者の連絡が入る。すでに、30名を超えている。

今日も、”患者の集い”の問い合わせがあった。新しい方が、参加されるとのこと。

埼玉県ピアサポーター養成研修会の講師は、来週水曜日(26日)で終わる。もうちょっと、あと少し。癌晴れ>じぶん。

講演会終了後、体を休める暇もなく、この準備のために疾風怒濤の日々。11月は、ほとんどの予定を入れず、これに専念しているが、それでも家にいる時は、疲れて、昼間でもベッドに倒れ込み爆睡する。(相当疲れがたまっているぞい!)

それがあってなのか、気が張っているのか、まだ倒れていない。癌晴る。癌晴る。癌晴れ。癌晴れ。じ・ぶ・ん。

最近、息切れしている。副代表に電話した。『私の気持ち。グラグラして、行きつ、戻りつしてる。』患者会の存続を匂わせた。

すると、『シャロームさんが行けば。私もついて行くよ。戻れば、それにもまたついて行くよ。私は、シャロームさんに何処までも寄り添うよ。』彼女は優しくそう言ってくれた。涙が出た。

自己解決能力を私は持っている。困ったり泣いたり叫んだりしても、必ず、むっくりと起き上がる。誰に何も言われなくても、今までにも、何度も倒れ、何度も起き上がってきた。

あまり泣き言を言わないタイプの人間である。おしゃべりであるが、自分の苦しみを口にするのは苦手である。内柔外剛だから、誰もどうせ信じないだろうし・・・と思っているし、誰も信じない寂しさをいつも味わってきた。

そんな自分の不甲斐なさをいやというほど身に沁みている昨今の私に、今日、見も知らない人を、もしかして救えるかもしれないと思ったら、ほんの少し気持ちが上向いてきた。

人は、誰かのために役立ったと思えた時、自分は生きていてもいいのかな?とか、自分のような者が誰かのために用いられたと、小さな喜びを実感できる。すべて、意味のないことはないのかもしれない。

謙虚さは、理屈ではなく、辛さを身をもって体験した時、そのご褒美として与えられるものなのかもしれない。大それたことは言えないが。


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント