2014_12
21
(Sun)23:39

『海外癌医療情報リファレンス』10周年がん医療セミナーに参加!

本日は、国際フォーラムにおいて、『海外癌医療情報リファレンス』主催のフォーラムに参加した。当会より10名参加予定であった。

1時半からのセミナーには、当会より9名すでに参加していた。残りの一人からメールが入り、『2分遅刻したら、入れなかった。』と、13時34分発信のlineメールを受信する。

そのメールには、休憩時間に気付いたが、すぐに、『4階が会場だけど間違いない?』と返信すると、『あ~。私がやりそうなミス。ごめんなさい。』とのこと。結局彼女は、川崎から来ていたのにそのまま一人でお茶して帰ったとのこと。

実は、ガラス館の6階でも、海外医療情報についての会議をしており、我々も間違えて扉を開けてしまったほど。よくよく、フライヤーを見て、4階の会場にたどり着いた。

確かに昨日は、紛らわしかった。

さて、
フォーラムは、かなり難しそうなテーマであったが、結構ためになった。資料をみないと迂闊なことは書けないが、一つだけ挙げるとしたら、治験から承認までにかかる費用は、500億円から2000億円かかるとのことには、驚いた。ゲノムの話も面白かった。

休憩時間も、終了後も演者の一人勝俣医師を捕まえて、当会の再発・転移をしている会員さんの質問に答えて頂いた。

本当に感謝である。

海外情報リファレンスの理事より、懇親会にお誘いを頂いていたが、大勢の医療者や翻訳者の中に入っても、私のような者は、壁の花になることは必至。

一旦、参加を申し出ていたがキャンセルをして、当会、会員さんたちと9名で銀座でオフ会をした。うんうん。銀座のイルミネーションも素敵だった。幹事は、横浜の会員さん。いつも幹事をしている私としては、何とも楽ちんだったことか・・・。

お料理も、仲間との会話も思いっきり弾み、楽しい・楽しいオフ会であった。取り分け、埼玉のメンバーは、都内会員さんや神奈川の会員さんとは初対面であったが、すぐに溶け込んだ。

シャロームの仲間は、本当に素晴らしい方ばかり。。。勿体ないような豪華で贅沢な出会いであった。楽しい交わりの時を堪能して帰路についた。

昨日に引き続き連日なので、やはり、どっと疲れが押し寄せる。年齢には逆らえないなぁ~。見た目には、やたら元気そうに見えるらしいが・・。


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント