2015_01
05
(Mon)18:28

体傷つかない“ラジオ波”がん治療 専門家が警告〈週刊朝日〉

                 【警告】
下記の記事を是非、読んで欲しい!外聞ではあるが、(誰から聞いたか思い出せない!迂闊だった。しっかり記録をしておけば、このブログで配信出来たのに・・)

乳がんと宣告された関東の患者が、このラジオ波で治療できるという情報に飛びつき、大阪まで行き、ラジオ波治療を受けた。

そして、その3年後(記憶があいまいであるが・・)くらいに、再発をした・・・という話であった。乳がんの再発は、根治が出来ない。(局所領域再発の場合は、全摘で根治出来る場合もあるが、概ねは、他のリンパに転移したり、局所領域再発ではあっても、後から他の臓器に転移する場合もある。)

ラジオ波で出来るような早期のがんであるなら、標準治療の温存治療で完治の可能性が大である。先進治療が最善の治療ではない と、日本医科大学腫瘍内科:勝俣範之医師が口をすっぱくしてお話をされるが、まさしくこういうことである。

是非、下記記事をご覧頂ければ幸いである。

体傷つかない“ラジオ波”がん治療 専門家が警告

1月4日(日)7時8分配信 週刊朝日

 乳房に傷や変形をきたすことなくがんを治せる、ラジオ波などの低侵襲(しんしゅう)治療。患者にとって、その魅力が大きい。しかし、がん研有明病院乳腺センター長の岩瀬拓士医師は「まだ標準治療ではなく、臨床試験中の治療。エビデンスが不十分で課題も多い」と指摘する。

*  *  *
 現在、低侵襲治療は小さな乳がんを対象に、その安全性を確認するための臨床試験の中でおこなわれています。ただ、がんが小さいうちであれば、標準治療である温存手術も小さな傷はつくものの、乳房が大きく変形することはありません。

 低侵襲治療のこれまでのデータを見る限り、設定した部分についてはしっかりがんを焼くことができていて、手術の代わりにもなりそうです。しかし最大の弱点は、手術のように切除した部分を顕微鏡で見て、がんが取りきれたかどうか確認できないという点です。治療の前には検査画像を駆使してがんの広がりを予想しますが、実際に手術で取った病巣を病理検査してみると、半数は予想を超えた範囲にがんが広がっています。多くが取りきれていない場合も1割近くあります。この場合は、当初設定した切除範囲を拡大して、再度手術をおこなう必要が出てきます。

 低侵襲治療は予想よりがんが広がっていても気づかず、修正の治療を加えることはありません。再発して初めてがんが焼ききれていなかったことに気づくのです。将来、検査技術の精度が向上して事前にがんの広がりを正確に予想できるようになれば、あるいは治療後に焼けていないがんを早期に指摘できるようになれば、標準治療への仲間入りも夢ではなくなるでしょう。しかし今は臨床試験で小さながんから慎重に成績を積み重ね、安全性を実証していく段階です。

 もう一つの問題は、この治療は本来臨床試験以外ではやるべきではないのに「患者が希望しているから」と実施する医療機関があり、それを最新治療だと勘違いして自費で受ける患者さんがいることです。局所の治療をおろそかにすれば、治るはずの乳がんも再発して治らなくなってしまいます。低侵襲治療を考えている患者さんは、臨床試験の実施施設で受けてください。治療後も責任を持って管理してくれる病院を選択すべきなのです。

※週刊朝日  2015年1月2-9日号

【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント