2015_01
06
(Tue)22:15

腫瘍内科医:勝俣範之医師のブログから。。。興味あるtweet!

私は、勝俣範之医師の患者ではあるが、(一応、4年前に卒業はしているが・・・)一番弟子であるとも勝手に思っている。

この勝俣医師から私は多くのことを学び、そしてその学んだことを更に多くのがん患者さんに還元している。

本日から私は活動開始で、早速、埼玉県立がんセンターでのピアサポートの業務をこなした。明日は、武蔵野赤十字病院でのピアサポート。

次にご紹介する勝俣範之医師の発信は、このピアサポートに大いに役立っている。がん患者のQOLを上げることは、生存率向上にも寄与している。あれもダメ。これもダメと仙人のような生活に勝俣医師は警鐘を鳴らしている。

・・・・・・・腫瘍内科医 勝俣範之のブログより ・・・・・・・

今日から、仕事全開モード。がん患者さんの闘いに正月はない。今日も、食事療法について聞かれました。例の食事療法の先生のご本を愛読していたということでした。抗がん剤やり、肉もたべられず、玄米食。これではQOLは下がりっぱなし。即刻止めていただきました。 
01-05 19:55

がん患者さんの幸せと人間の幸せとは同じです。普通の生活、自分の人生を楽しむことと思います。毎日、野菜食、玄米食だと、普通の生活ができません。ずっと、「がん患者の生活」になり、頭からずっと病気が離れないと言います。病気を忘れて、普通の生活をする、ことが大切のように思います。
01-05 19:58

抗がん剤やっている最中に、生ものダメとか、外出ダメとか、旅行ダメとかはそろそろやめてほしいものですね。優先すべきは、患者さんの生活の質であって、抗がん剤治療ではありませんから。生活の質を犠牲にしていたら、何のための抗がん剤治療かわからなくなります。
01-05 20:01

楽しみにしていたコンサート行くことなども中止にしないでください。小田和正のファンで、コンサート行くのを中止にすると言っていましたが、その患者さんに、「残念です?が、私のやる抗がん剤よりも、小田和正のコンサート行くほうが、ずっと効果があります」とお話ししました。
01-05 20:03

小田和正のコンサートなどは、ランダム化比較試験の結果などないが、おそらく、抗がん剤2つ分くらいの効果はあるだろう。それを聞いていたうちの医局員は、小田和正でなくて、嵐のほうが良いと言っておりましたが。50歳以上は、小田和正のほうが、圧倒的な有意差をもって良いだろう。
01-05 20:08

もう20年以上もがん治療医をやっていますが、食事療法でがんが良くなったという患者さんが、一人でもいれば、学会報告したり、研究したいと思うのですが、残念ながら、お一人もいらっしゃらないのです。
01-05 20:13

がん患者さんが、好きなアーティストのコンサートに行くのと行かないのと、その後のQOL、治療効果を評価するという臨床試験を本気でやりたいですね。無料チケットをサービスしてくれるアーティストさんいらっしゃいませんかね?
01-05 20:19


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント