2015_01
15
(Thu)14:12

範疇を知り、そしてそれを遂行する!

訳あって、こんな時間にブログを更新している。このブログは、本日、1月15日更新のものである。

私は、先ほど、次のようなご返信をご相談者に送信した。個人が特定されないし、このメール送信の前に、ブログでの掲載許可を得ている。

内容的には、隔靴掻痒かもしれないが、私は、自分の限界以上のサポートや、無理をしたり、背伸びをしたりするサポートは出来ない。

どんなに私がお節介な性格だったとしても、やはり、無い袖は振れないし、または、袖をつけて振ろうとしてはいけないとも思っている。

サポートは、まず自分を知ること、限界を知ること、そしてサポートする方に、それが最良であることが信じられることである。

疑念を抱いたままサポートをするような支援は結果的に支援ではなく、相談者からの強く、熱い力への屈服にすぎない。

または、私自身を必要以上によい人に見せようとする行為は、等身大でなく、そこに私の心は反映されないとさえ思っている。私は、この一連のご相談から身を引いた。

そういった観点から、私がご相談者にお送りしたメールを読んで欲しい。

〇〇様

大変申し訳ありません。私に出来る最大のご協力をさせて頂きました。今までのご協力は、最大限です。

患者会の活動は、範疇があります。しかし、会員以外の電話及び面談相談も患者会の活動の一環と受け止め、ご存じのとおりご協力をさせて頂きました。

大変申し訳ありませんが、このケースは、代表としての、また、患者会としての限界を感じています。

範疇をわきまえないところでの活動は、私自身をも損ねてしまいます。そして、それは、私の率いる患者会であったり、東京・埼玉で活動しているピアサポートにも影響を与えます。私の〇〇さんへのご協力は、ここまでです。申し訳ありません。

〇〇さんたちのお考えが、最適かどうかを私は判断できませんが、

△△先生は (注:私のネットワークを駆使してご紹介した、都内がん専門病院の名医)
「私は外科医。今は手術するしないを議論する場合じゃない。手術をするしないを決めるのは患者じゃなくて医者だ。もし手術の決心がついたら また来てね。厳しいこと言ってごめんね」

この△△医師のコメントを私個人としては、推し勧める立ち位置です。

〇〇さんご家族、更にお母様にとって、将来と希望と平安、そして未来がありますように。力及ばず申し訳ありませんでした。

ただ、如何わしい代替療法や治療法にだけは、引っかからないようご注意を・・・と最後にご忠告をさせて頂きます。

今までのお交わりを感謝して。

がん患者会シャローム 代表


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント