2015_01
18
(Sun)22:22

群大病院、死亡率6倍…13・79% 平均は2%台 !ヨミドクターより

ショック!怪現象!何度も記事を保存して公開するも、記事が消えてしまう。どうなっているのだろう。

三度目の正直で、やっと公開出来た。余計なことを書かないで(私見)で、そのまま、読売新聞医療サイトよりコピペさせて頂く。(小刻みに保存しておこう)

腹腔鏡肝手術 
1月16日ヨミドクターより

 群馬大学病院(前橋市)で、腹腔鏡ふくくうきょうを使う保険適用外の肝臓手術を受けた患者8人が死亡した問題を受け、日本外科学会などは15日、記者会見を開き、初の全例調査の結果を公表した。

 腹腔鏡を使う保険適用外で高難度の肝臓手術は、死亡率(手術後90日以内)が全国平均で2・27%だった。群馬大病院で問題となっている第二外科の死亡率は保険適用外に絞ると13・79%で、全国平均の6倍になることがわかった。

 全例調査は、日本外科学会と日本消化器外科学会が合同で実施。全国で行われたすべての外科手術を登録するNCD(ナショナル・クリニカル・データベース)の2011~13年のデータを使い、全国2336医療機関で行われた肝臓、すい臓など消化器の手術137万7118件を対象に分析した。肝臓手術は、問題となった保険適用外の腹腔鏡手術を調査の対象とした。

 それによると、高難度の開腹手術と腹腔鏡手術を合わせた2万3489件の肝臓の手術全体について計算した死亡率は3・69%。保険適用外の腹腔鏡に限り算出した死亡率は2・27%で、肝臓全体の平均値を下回った。

 肝臓手術に占める腹腔鏡手術の割合は増加傾向にあり、肝臓手術全体の5・1%が腹腔鏡。群馬大は腹腔鏡が約7割と極めて高く、高難度の手術の多くを腹腔鏡で行っていた。

 日本外科学会理事長の國土典宏・東大肝胆膵外科教授は「腹腔鏡手術のリスクは開腹手術に比べ高いということはなく、腹腔鏡手術が広く行われると手術のリスクが高まるとは言えない」と話している。群馬大病院の問題に対しては、病院側の最終的な調査結果を待って学会としての見解をまとめる考えだ。

 群馬大病院では、第二外科が10年12月~14年6月に行った肝臓の腹腔鏡手術を受けた92人のうち8人が約3か月以内に死亡した。全体の死亡率は8・7%だが、保険適用外に絞ると手術を受けた患者は58人で、死亡率は13・79%になる。

 日本大学医学部消化器外科の高山忠利教授の話「これまで一部の専門学会からは0・1%未満とあまりにも低い死亡率の報告もあったが、今回の2・27%という死亡率は実態を反映した数字といえる。群馬大の死亡率が高すぎるのは言うまでもないが、体に優しいとされる腹腔鏡手術についても、通常の開腹手術とほぼ同程度のリスクがあることを患者に正しく説明する必要がある」

2015年1月16日 読売新聞)

産経ニュースによると、(記事抜粋)
同病院では平成22年12月から昨年6月までの腹腔鏡を使った肝臓切除手術92例のうち、同じ医師が執刀した8人が死亡していたことが判明。

難易度の高い保険適用外の手術だが、院内の倫理審査を受けておらず、死亡を検証する検討会も開かれていなかった。

【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント