2015_01
24
(Sat)22:10

夜中に動悸が。。。

2月の某日に、宿泊付きのセミナーに参加する。全国から50団体が集結し、国際的なセミナーとのこと。バイリンガルなので英語が出来なくてもいいとのこと。

このセミナーは、ある会社からのご招待を受けての参加であり、北海道から沖縄まで総勢100名が一堂に会する。

以前にも似たようなセミナーに参加したことはあるが、(しかし、日帰り)招かれてはいなかった。が、ある患者会の代表にくっついて行き、特別にお許しを頂いて受講した。ヘッドフォンで同時通訳であった。

でも今回は、第一線で活躍されているメンバーの中に、当会も入れて頂いた。(申込制ではない)そんな訳で今から緊張していることは言うまでもない。

私はある夜、夢を見た。このセミナーは、11時半会場入りであるが、私はあろうことか寝過ごしてしまった。目が覚めたのが14時過ぎ。私は、心臓が止まりそうなほど狼狽し、大変なことになった。どうしよう・・・。慌てふためく私の姿があった。

その時、目が覚めた。深夜2時か3時。目は覚めているのに心臓のバクバクは残っている。どうにかなってしまいそうな鈍い心臓の痛み。

夢は覚めているのだから、症状は消失してもいいようなものであるが、私の心臓は時間がたってもその動悸は一向におさまる気配はなかった。不気味な体験であった。

私は心配なことや不安なこと、私が主催者になるような大きなイベントなど、緊張やストレスがかかるような時には、きまって現実さながらの夢を見る。まさに潜在意識の表れ。見事なほどに夢で再現される。

私は、夜中の動悸は今回ばかりではない。夢の中で失敗したり、取り返しのつかなくなるような場面に出くわす時など、私は決まって動転し動悸がおこる。何か、体の不調の前兆なのかなぁ~。気持ちが悪い。

その2月某日のセミナーは、楽しみ半分。緊張半分である。そもそも私は田舎者なので、スマートな身のこなしも、洗練された立ち居振る舞いも出来ない。私のような人間は、そんな華々しいところは、似合わない。し、場違い。

でも、ごまんとある患者会の中から選んで頂いたのだ。堂々としていていいのだ。であるにも関わらず小心翼々な私がここにいる。


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント