2015_02
01
(Sun)21:23

第50回患者の集い:誰にも言えなかったこと!Part2

昨日のブログの続きである。(どうか、読まれてない方は、昨日のブログから先に読んで頂ければ幸いである。)

彼女は、意を決して、涙を流しながらその苦悩を吐露された。すると、それを聞いていた会員さんから、『ご主人の本当のお気持ちは、他にあると思いますよ。』的なことをアドバイスした。

ご夫妻でお見えになっていらした奥さんの方が、うん・うん。そう・そう。と言わんばかりに深くうなずかれていた。まずいと思った。

私は、間髪入れずにこう言った。『あのね。そうじゃないのよ。私たちは、今、苦しみを抱えている、目の前の彼女(主体)に寄り添うのが、患者会の働きなの。彼女のこの悔しさや、悲しさを、共有するのが仲間。

今の貴方の発言は、ご主人に主体を置いている。主体は絶対にずらしちゃいけない。目の前の人の弱さや苦しみに触れて頂きたい。』というような意味合いのことを私は力説した。

(彼女が発言したそういった類のアドバイスは、世間一般では至極当然。悪く言われている方に肩を持つ。そして、双方をうまくまとめようとするものである。

しかし、患者会がもし、そうであるなら、患者会の持つ意味はなさない。患者会だからこそ、仲間だからこそ、その衝撃をしっかり受け止めなければならないのだ。)

会員さんは、『ごめんなさい。そうでした。』そういって、両手を合わせて、謝罪の仕草をされた。

『辛いよね。〇〇さんには、どうしても、先に死ぬ訳にはいかない理由があるのよね。』彼女の背景を知っている私は、再発・転移をしている彼女の代弁をした。

すると、『そうなんです。だから、まだ私は生きたい。それらを置いては死ねない。』

それから、他の方のお話が続いた。今日は、いつもよりちょっとだけ参加者が少なかったので(それでも26名)予定の4時で終わると思いきや、やっぱり30分延長した。

ミニフリーマーケットの売上は、1万円であった。ご年配の会員さんが、本日、素敵なお着物や帯〆めなどをご献品下さったこともあり、他のものは、前回の患者の集いの売れ残りであったにも関わらず、思いの他売り上げが高かった。この収益金は、会費を徴収していない当会の活動資金に充てられる。

時間のあるものが後片付けをして下さった。帰り際、もう一度、前述の彼女が、『本当に今日はごめんなさい。』と謝られた。

すると、別の会員さんがこういった。『あのね。私もシャロームさんに指摘されて、少しずつ分かってきたの。ようやく、共有するということ、受け入れるということの大切が、私もやっと分かったのよ。』と、言って下さった。

嬉しかった。弱さに触れる!ということ、苦しみや辛さを抱えている方を受け止めるということ、一番の理解者になるということ、否定しないで、そのまんまを受容するということ。立派な何かで触れ合う集まりではない。

それが私がこの会を立ち上げた第一の目的なのだ。それを、会員さんは、少しずつ理解されつつあると思うと、言いようのない安堵感と連帯感が込み上げて来た。

シャロームの仲間は、小さな、いや、大きな家族のようなものだ。誰かが傷つけば、自分も痛い。誰かが悲しんでいれば、大丈夫かと心配になる。

こうして、仲間が集まる時は、離れ離れになっている家族が一堂に集まるようなもの。親交を温めあい、みんなで分かち合い、支え合い。慰め合い。癒し合う。

そんな患者会を私は目指している。いつまで続けられるか、いつまで私が代表をやっていられるか、そんなことは分からない。でも、もうちょっと、もうちょっとだけ癌晴ろうかな・・・なんて思っているんだけどね。。。。



【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント