2015_02
09
(Mon)21:50

一見ウィッグ、実は帽子:がんセンターなどが開発!

2015.01.27

一見ウイッグ、実は帽子
がんセ
20150127navi.jpgンターなどが開発


 抗がん剤治療の代表的な副作用である脱毛を、ウイッグ(かつら)よりも楽にカバーできるウイッグそっくりな帽子。

名付けて「ウイッグなぼうし」を
国立がん研究センター 中央病院(東京)などが開発した。昨年8月の発売から年末までに約1600個が売れ、予想以上に好評だという。

 綿とアクリル混紡のニット帽に人工毛を付けてあり、一見ショートヘアのウイッグ。だがウイッグより毛量が少なく、65グラムとスカーフのように軽い。フリーサイズで、帽子の縁に通したゴムで大きさを調節できる。

 ウイッグは数十万円と高額な商品もある上、長時間かぶると頭が締めつけられて不快だと訴える人もいる。バンダナや帽子もよく使われるが、かぶった姿が病気であることを思い出させてつらいという患者や家族も少なくない。

そこで同病院の野沢桂子アピアランス支援センター長が、医療用かつらメーカーの
東京義髪整形 と約1年かけて開発に取り組んだ。

 「あくまで隠すことを目的としたウイッグと違い、自宅などで快適にかぶれることを重視した」(野沢さん)ため、強い風に当たると髪がめくれて帽子の縁が見えることもあるが、購入者からは「外出時にかぶって重宝した」などの声も寄せられている。

野沢さんは「他人は意外に気にしていない。もっと気楽に生活していいんだと思ってもらえればうれしい」と話す。

 東京義髪整形が送料、消費税込み1万6848円で販売し、売り上げのうち本体価格1万5千円の10%が国立がん研究センターに寄付される。問い合わせは、 フリーダイヤル(0120)210903。

医療新世界 MEDICAL NEWS 体と心より



【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント