2015_02
15
(Sun)10:41

鬼のかく乱!ついにダウン

訳あって、ここ一ヶ月、絶対にダウンする訳にはいかない環境にあった。それは、みんなに迷惑をかけることになるからだ。『無理することないわよ、具合が悪くなれば休めばいいのよ・・』、

こういう時は、そういう無責任な言葉を掛けてはいけない。私は、すべてに気を付けて体調管理をした。風邪を引かないように、12時までには就床するよう心掛けたが、一度だけどうしても調べたいことがあって、午前2時まで起きていたことがあった。

これで風邪ひいたらどうしよう・・・。そういうジレンマとの闘いの日もあった。だけど、それも、2月13日(金)を過ぎれば、その呪縛?からも解放される。

その日は、朝、3時に起きてレジメを見直した。この日のために頑張ってきたのだから、これさえ終われば、とりあえずは、当面は、無罪放免。

今までにも同じことを繰り返してきた。到底、身動き出来ないようなスケジュールでも、毎日、毎日を積み重ねるうちに、いつしかその日をクリアーしている。

だから、きっと、今回も大丈夫。そのように言い聞かせて自分を鼓舞させた。でも、準備時間は正直、短かった。これだけをルーチンにしていれば、きっと、納得の行く内容だったに違いない。

しかし、
当会には、ご相談の電話やメールを頻繁に頂く。今年に入ってからだけでも電話相談は33件。その他にメールでのご相談も受信する。相談は、電話・メール合わせて、ほぼ毎日平均1~2人の計算。

重なる時は、一日に3件を同時にお受けすることもある。1月・2月のご相談では、医療機関や医師を紹介する必要のある深刻なご相談もあったために、あっちの医師、こっちの医師に連絡をとり奔走した。

そんなことから、2月13日(金)の重要な私の仕事に手付かずな状態が続いていた。

(そもそも、忙しい時に限って、更に仕事が舞い込む。人生とはそんな因果なものなのだと思う。)

兎に角、
2月13日(金)は終わった。いや、自分の中では決して十分ではなかった。個人的な関わりであるなら、私も相手もリラックスしているからお話することは、意外にす~っと入るものである。

でも、それが大勢を相手にする時は、双方に緊張が走る。うだうだ書かせて頂いたが、兎に角、その重くのしかかっていた案件は終わった。その後、懇親会があり、帰宅した。お化粧も落とさずベッドへ。

目覚めたらやばい。体がだるい。2~3人にメールをして。再び布団に潜り込んだ。体温計は見当たらない。(だらしないから、いざという時はいつも行方不明)

体は相当に熱い。手元にあった風邪薬。手元にあった元気の出る漢方(人参養栄湯)。そして、手作り保水液を作り(白湯・りんご汁・レモン・塩)、お餅一個を焼いて食べて寝た。(本当は、こんな時は、重湯が欲しいよなぁ~。)

夜もお餅一個を焼いて寝た。夫のお夕飯は、お昼に作っておいた焼きそばを食べてもらった。夜中に目を覚める毎に眠剤を飲んで寝た。兎に角、水分補給と寝ること。それを徹底した。

(これは、我流であって、勿論、お勧めである訳がない。受診に限るので、そこのところは差し引いて!)

科学的にどうかとか、そんなことは分からない。でも、『風邪は寝薬(ねぐすり)』と昔から言われているので、それを実践した。

やっと、今朝、体が軽くなった。不在着信あり、返信しなきゃならないメールあり。2月13日には、私が関与し、ご紹介した医療者に受診した会員さんお二人からのご報告メールも受信していた。

取材協力の方からのメールあり、明日から3連日で予定も入っている。具合が悪くなっても夫のお食事の心配をしている私がいる。主婦の宿命。

どうでもいいけど、峠は越した。昨日、頭朦朧としている時に、こんなメールを受信した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日、シャロームさんのお顔が赤かったので、少し心配でした。
 
疲れと緊張がハンパなかったことと察します。
 
昨日の研修、中身がぎゅっとあり、とてもありがたい内容でした。
 
自分ノート  シャロームさんのおっしゃったことを形にしていきたいとおもいます。
 
いつも全力投球の研修 ありがとうございました
 
おつかれさまでした。   

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

彼女には、一言も具合の悪いことは伝えていなかった。でも、講師としての私を労い、そして、最も私が心配していた、受講する側の反応も、しっかりと受け取って下さった。講師の私にとって、何よりの薬だと思った。

明日のために、今日もこれから、眠剤を飲んで体を休める。(普段、眠剤は服用していない。)この治りかけに油断をしたらまた、取り返しのつかないことになる。だから寝る。よっ。夫の今夜のお夕飯は、仕込んである太巻きだから、心配ないし。。。


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント