2015_02
27
(Fri)15:50

どうやら引っかかったみたい!でも、悪質だよなぁ~!!!

今日は、不具合が生じている私のスマホを親切なショップに夫が持って行ってくれるということで、スマホが手元にない。

だから、確認できないので正確なことは言えないが、約一か月位前、見知らぬ人からスマホに電話があった。

内容は、不要になったウィッグを是非、シャロームに送りたいので(有効利用)、私の住所と電話番号を教えて欲しいというものであった。

本来は、実は、お断りをしている。必要としている人がすぐに見つかるとは限らないし、管理(保管)も必要になってくるので、雑な私としては、折角の商品をダメにしてしまうこともあるからだ。

それでも、遺族会員さんからの申し出だったりすると、個人的にコンタクトを取って使用してもらったり、もしくは、会員さんに販売したりする場合もある。

本題に戻すと、その前述した電話は、お話がお上手で優しいお声だった。何だか、『それでは、頂きます。着払いで送って下さい。』と返事をするように仕向けられるような雰囲気で、兎に角感じがよかった。

それでつい、断る勇気が今一つ働かず、辞退する言葉も出なかった。それがいけなかった。

待てど暮らせど、その人からウィッグが送られることはなかった。不審に思っていたが、やっと、それが今日判明した。冒頭に書いた通り、今日私の手元にスマホはない。NTTの電話帳にも載せていない。誰も、私のフルネームなど知るよしもない。

朝、固定電話がなった。そもそも、最近は、余程のことでもない限り固定電話が機能することはない。私関連の電話は、LINEか携帯でほぼ済んでいる。電話の相手は、私の名前を確認する。

『ウィッグの資料をお送りしました。ご覧頂き。。。。』咄嗟に分かった。フムフムそういうことか、ウィッグを上げますと言ってその送り先を入手する。

がん患者会の代表のところにカタログなどを送れば、会員さんに宣伝してもらえる?そう思ってのことか、何だか、気分が悪い。全てが繋がった。悪質だよなぁ~。

相手に対して気分が悪い?いや~。そういう話に引っかかってしまう自分が情けない。

つい先日も、フリーマーケットの献品をしたいので住所を教えて欲しいと言われた。単純にそうしてもらえると思ったら、私へのお礼の品が届いた。

お気持ちは嬉しいが、いやはや、私のネットワークもがん知識も私自身の手柄ではなく、がん患者会シャロームという会、もしくは、賛助会員の医療者から得られたものなので、それを役得(やくどく)とばかりに私だけが頂くなど、私の生き方に反する。

3月の患者の集いに持参して、みなさんで頂こうと思っているが、お申し出の理由以外での住所使用は、それもやはり、ちょっとしたルール違反かな?

色んなこだわりがあるから私はがん患者会の代表を続けていられる。様々な邪念があると気持ちも右に揺れ、左に揺れる。会員さんにとって、やはりどこか、一本筋が通っている方が安心できるのでは?などと勝手に思っている。

また、自分にとっても、信念があるとやりやすい。患者会の代表とはそんなものよ。それにしても、ウィッグ(&部分ピース)まんまとやられたなぁ~。

思い切って、『私は、そういった類は、結構です。』と有象無象の思いを込めて電話を切らせて頂いた。スッキリした。

それにしてもスマホ修復して戻って来て欲しいよぉ~~~!!!


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円

一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。

ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
  

C.O.M.M.E.N.T

ウィッグ寄付の件

シャローム代表様

先日、ウィッグを寄付させていただけないかとお電話をしました者です。
お電話でご相談した内容に嘘はございません。しばらく体調を崩しており、お送りするのが大変遅くなってしまいましたが、3月初旬に、お約束どおりお送りさせていただきました。
使用可能であれば良いのですが、もしそうでない場合は、着払いでご返送くださいませ。
私がお送りするのが遅くなってしまったばかりに、無用なご心配等おかけし、申し訳ございませんでした。

私は2013年に乳ガンの診断を受け、1年以上をかけて治療を行ってまいりました。ステージも進んでおりましたため、患者さんの身体的、精神的、そして金銭的なご苦労は存じ上げているつもりです。お役に立ちたい、その想いだけでお電話したは良かったものの、その後の行動が思うようにとれず、いらぬ不快な想いと、ご心配おかけいたしました。
その治療のなかでも、髪の毛の問題は本当に大きく、お送りさせていただいたウィッグは、その大きな支えになっていたものです。大事に、大事に使って参ったものですので、それ以上に私にとっては価値のある、とても大切なものです。
もしそれがメンテナンスなど、お手間をかけるだけのものになっているならば、またお手間をおかけしまして申し訳ございませんが、ご返送いただけましたらとても幸いです。

生かされている身を実感させられた療養体験を経て、患者様や、社会のために、できる限りのことをして生きて行く所存です。植村様のご活動に敬意と感謝の意を表するとともに、私も同じ想いであることを伝えられれば、とても幸いです。

2015/03/15 (Sun) 15:50 | 先日お電話しました者です #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント