2015_03
18
(Wed)23:01

私を変えた患者さん(上)医師の意識改革!中日新聞より

私を変えた患者さん(上)医師の意識改革

(2015年3月6日) 【中日新聞】【朝刊】

死の淵でも向き合う   種村健二朗さん

画像種村健二朗さん

 がんの医療に関わって生きてきた。その人生で何度か、患者さんたちに大きく見方を変えられたことがある。予期しない体験だったが、その体験が私の今を支えている。

 1972年、がんの専門病院に赴任して、無我夢中で婦人科の治療に努めていた。当時は、手術、放射線、そして抗がん剤の治療などすべてを駆使し、再発しても亡くなられるまで治療を続けた。

 再発する患者さんは多く、がんが骨盤のなかに浸潤して強い痛みに苦しんだ。鎮痛効果の強い医療用麻薬はまだなかった。

治すあてのない治療が行われ、歩く機能も失い、衰弱して亡くなっていった。私は、1分でも1秒でもと、延命を願い、「頑張れ!」と励ました。誠実に治療する医師の姿をみて、患者さんは死ぬという不条理を受け入れてくれると信じていた。

力及ばず治せなくとも医師は誠心誠意を尽くすべきだと教えられたし、患者さんも家族も、医療者たちもそう思っていた。

 治せないのだから、病気や病状、まして予後について、患者さん本人に説明しなかった。「死ぬことを告げるのは害があるだけだ」と、告知は禁止されていた。そんな時代に出会った患者さんがいる。

 M子さんは30歳代。子宮頸(けい)がんが進行し過ぎて手術ができなかった。やむなく放射線治療をしたが、そのがんは放射線治療で治すことの難しいタイプだった。再発してお尻から足へ向かう痛みが出た。何とかごまかして治療を続けていたときだ。

 「本当のことを話してほしい」とM子さんは言った。新米専門医の私はごまかし切れなかった。再発したこと、余命も3カ月ほどであることを話してしまった。

告知したことに動揺し、禁止されていることを思い出して後悔した。聞いた患者さんの苦しむ顔を見るのが怖かった。

 ところが、外来にやってきたM子さんは満面に笑みを浮かべていた。熱心に自分のことを語り始めた。夫との出会いのこと、2人の息子との日常を話した。特に下の息子のことが気にかかっていた。小学校の入学式のときは「行ってらっしゃい」と言いたいから絶対にそれまで生きると熱く語った。

私は、診療のなかで患者さんのプライベートな話をしたことなどなかった。死ぬことを話したことばかりが気になって落ち着かなかった。内心、早く帰ってほしかった。

 病状は進行した。彼女はなおも笑顔でいたが、痛みが強くなり、ついに歩けなくなった。近くの病院に紹介状を書いた。正直ホッとした。

ある日、紹介した病院から死亡の知らせがきた。死ぬことを告知したことが問題にならなかったことに、心底安堵(あんど)した。

 突然、M子さんの夫から分厚い手紙が届いた。気持ちは暗転した。死ぬことを告げたことへのクレームだと思った。恐る恐る読んでみると、なんとお礼の手紙だった。

亡くなるまでの彼女の日常と経過が丁寧に細かに書かれていた。下の息子の入学式のときは、意識がもうろうとしているのに「行ってらっしゃい」と言って送り出したという。そこまで読んで、「よかったな」と思い、ホッとした。

 最後に「妻は、死ぬことをまったく知りませんでしたので、最後まで不安も恐れもありませんでした」と書いてあった。この手紙は、死ぬことを伝えなかった私の配慮に夫が感謝したものだった。

 M子さんは夫にさえ死ぬことを話さなかったのだ。その事実に驚がくした。晴れ晴れした気持ちは消えた。彼女は告知した私をかばってくれたのである。

それなのに私は自分のことしか考えなかった。なぜもっと親身に彼女の話を聞かなかったのか。告知したことばかりにこだわったからだ。次から次と、M子さんの話すシーンが浮かんで消えた。不意に自分の醜さが見えた。

 この経験があってから、がんという病気のこと、そして、死ぬという病状であっても、患者さんと普通に話し合うことができるようになっていった。

M子さんは、病気であっても、たとえ死ぬような状態であったとしても、人は、何も欠けたところがない完全な人間なのだと気付かせてくれた。私はそう思っている。

 たねむら・けんじろう 1940年、千葉県生まれ。北海道大医学部卒。東京大産科婦人科教室入局。国立がん研究センターの治療医を経て栃木県立がんセンター緩和ケア病棟担当。後に武蔵野大看護学部教授。現在杏雲堂病院緩和ケア顧問、「仏教カウンセリングを語り合う会」(東京・築地本願寺)講師。著書は『大きい家族』(三五館)『がん体験』(共著、春秋社)『スピリチュアルケアの根底にあるもの』(同、遊戯社)など。



【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント