2015_03
19
(Thu)21:28

歩いて手術室に…患者の緊張和らげる試み!ヨミドクターより

あ~下記に書いてあることは、滅茶苦茶言い得て妙!

あのストレッチャーは、確かに恐怖と不安が同時に押し寄せる。でも、『さぁ~。手術室まで歩いて行きましょう。』と言われると、まるでお買い物にでも行くような感覚で、気持ちもリラックス出来そうだ!

2015年3月18日 読売新聞医療サイト:ヨミドクターより

歩いて手術室に…患者の緊張和らげる試み

 病院で何らかの大きな検査をしたり、手術をすることは本当に緊張する。

 手術を受ける人は手術することが怖いし、検査をする人はその結果がどうであるかもとても怖いと思う。

 2011年からマルセイユとリヨンの病院で実験的に始まった、「手術室に歩いていく」という方法が効果を出し始めている。

 従来は手術をする場合は、まず自分の病室で安定剤を投与され、後ろ開きの白衣に着替えてストレッチャーに寝て待つ、というスタイルが多いのではなかろうか。

それを、自分のパジャマで、メガネもかけ、抗がん剤投与などで脱毛してカツラを付けている人は、カツラのまま手術の準備室まで自分で歩いて行く。そういう自由なスタイルのことだ。

 手術を受ける人は、医師や看護師にそのすべてを委ねるわけだが、そういった状況のなか、人としての尊厳をできるだけ保つという研究の一環である。

 結果、98%の人がその新しいスタイルに満足しているという。

 安定剤がなくても心は落ち着き、恐怖心も大きく膨らまず、今までの生活の延長線上に手術、というふうに捉えることができるのではなかろうか。

 私も半日入院の手術を受けたことがあるが、確かにあのストレッチャーに乗せられて手術室まで行く間は緊張した。

 まな板の上のコイとでもいうような気分になった。

 あとは医師と看護師にまかせればいい。もちろん絶対的な信頼関係があってこそ、そう思えるのだが、病院の廊下の白い天井を見つめつつ、ストレッチャーにのせられて移動しているうちにどんどんと緊張感が高まった。

 いつもと違う状況は、人を極度に緊張させる。ましてや、それが手術ともなればなおさらのこと。

 もちろん、本人の希望で従来のスタイルが安心するという人には今までと同じスタイルで手術室に向かう。全ては本人の希望次第である。

 100%が歩いていくスタイルではない。

 しかし、極度の緊張から抗不安剤が必要になる人も多い。

 この「歩いて手術室へ」というスタイルで良かったのは、やはり緊張することがなく不安な気持ちが薄らいだという答えが多かったという。

 また、手術室の看護師達からも、時間の短縮や、患者の精神状態が安定しているなど、効果があったという声が多かった。

 病気になるとそれだけでも気が弱くなり、医師や看護師を頼る気持ちが大きくなる。こちらは命を預けている。

 絶対的な信頼関係はもちろんであるが、医療従事者が患者の尊厳を第一に考えることもとても大切だと思う。

 何気ない言動が患者の心を傷つけ不安にすることもある。

 普段は気にもとめないような一言でも、心身ともに弱っている患者にとっては大打撃となることもある。

 今フランスは、患者の立場に立って、人としての尊厳を守り、身体以上に心を傷つけないように治療をする、そういった心のケアをも考えた治療法の研究が始まっている。

 

【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント