2015_03
20
(Fri)21:38

当会は、微に入り細に入りの会員さんサポート!

せめて、今年からの対応を書かないと限がない。

当会は、会員さんへのサポートが他患者会とは非常に異なると思っている。

当会へのご相談は、会員さんの他にもお受けしているので時々それが重なりどうにもこうにも身動き取れなくなることがある。

よく今まで一人ひとりの細やかなサポートをしてきたものだと自分でも感心することがある。

1.がん発覚から一年半が経過している会員さんにはがん患者の
  障害年金を勧める。きちんと理解してもらうためには、充分時
  間をとってその制度を説明し、社会保険労務士さんを名指しで
  ご紹介する。

  その後、社労士さんにもこちらから繋ぐ。先月、障害年金の受
  給認定が下りた。

2.1月の患者の集いで、散々、埼玉県下の医療者に振り回され、
  その方は軽視され続け医師不信になった。
 

  もう、治療を放棄し自暴自棄になっておられるようであった。

  仲間4人で時間を取りお話をしたり、(説得)まず抗がん剤
  についての誤解を解くために勝俣範之医師のセカンドを勧め。

  『こんな医療者がいたなんて感動。』と、そのまま勝俣医師の
  患者になった方もいた。来週から抗がん剤が始まる。

3.肺がんステージⅣの新しい会員さん。どうしても、今の病院
  では十分ながん医療を受けられないことは火を見るより明ら
  か。

  遺族会員さんや私からのアドバイスで国立がん研究セン
  ターに転院できた。(国がんのお医者さんには何度もメール
  を送って受け入れてもらうよう根回しをした。)

4.先日、会員さんが、某部位から肝臓転移した。そこでは、尋
  ねもしないのに、余命1年と乱暴に言い放たれる。

  動転して私にSOS。すぐに国がんに外来予約するアドバイス
  あそこは、予約までに何か月もかかると言われていますが
  ・・・。』という。

  『噂や外聞ではなく、まず自分の足と口と目で確認してよ。』
  と、時に強い口調で支持することもある。

  国がん中央の場合は、予めどのお医者さんが評判がいいか、
  私の方で調べ、その患者思いの医師の予約を取ってもらう。

  金曜日に埼玉で告知された会員さんは、その日に予約。何と、
  次の週の月曜日に予約が取れ、来週から検査に入る。

  再発してからの転院は非常に難しいが、転院が出来た。
  アンラッキーな中にもこのようにラッキーを共に喜びあう。

5.他にも、ちょっとしたご相談でも、かなり入念に対応させて頂く。
  いい加減に出来ない私の性格もあるが、実に、微に入り細に
  入りな丁寧なご対応をさせて頂く。
  

  だから、非常に疲労困憊になることがあるが、これが私の性分
  だから仕方がない。いつまで続くか分からないけど、まだしばら
  くはこの活動も続けるつもりらしい。>ジブン。



【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント