2015_04
05
(Sun)21:04

お礼は、言葉で十分!品物を私によこさないで・・・。患者会へは大歓迎!

まぁ~。一般社会では、何か助けて頂いたらお礼はつきもの。それは、常識として周知されている。

しかし、時と場合がある。昨日のブログを是非、見て欲しい。そこに利益相反があってはいけない。

以前私は、ある医師に、どうしてもお礼がしたかった。『医学書でも買って欲しい。』という思いで診察中に、謝礼金をの入った封筒を手渡そうとした。

『〇〇さん。お気持ちは分かりますが、辞退します。』目の前の主治医は決してそれを受け取ろうとしなかった。しつこい私でさえ、私はその封筒を、困惑して強硬に辞退する主治医の真意をくみ取り、その封筒を引っ込めた。

院内には、『謝礼はお断りします。』という張り紙がそこここに貼ってあるが、それは、表向きだろうと軽く考えていた。

しかし私は、自分の行為をとても恥ずかしいとさえ思え、その後は、一切同じ繰り返しはしていない。

沢山、お礼を言えばいい。心から気持ちを伝えれば十分だということも分かった。どの医師もそうであるとは限らないとは思うが、少なくとも、私が尊敬する先生方は、そんな共通点がある。

ある医師を私は紹介した。『お礼をしたいので、どの程度、その先生にしたらいいでしょうか?』というご相談であった。

お礼は、品物ではない。それを遙かに上回るのが、心からなる感謝の言葉ですよ。先生の目を見てちゃんとお礼を言ってね。』とアドバイスした。

するとその方は、ちゃんと、先生の目を見てお礼を言った後、(きっと、先生もお喜びになったはず。) 『シャロームさんが、ちゃんと、先生の目を見てお礼を言うように言われました。』と、まるで子供の使いのように、裏舞台を見せてしまった。

そんなことまで言われたのでは、おじゃんぱ~。(台無し)

そんな失敗も、間違いも、そんなことは私は根に持たない。しかし、往々にしてやはり、『私の気持ちはそれでは気が済まない・・・。』とばかりに、何度も、直接お礼がしたいという方は、少なくない。

物をもらう。上げたいって、確かに気持ちが行き交う素晴らしい行為だとは思うが、それが自分主体に偏りすぎて、もらう相手が負担になることがある。それが冒頭に書いた私の主治医とのケースであった。

先日、ある物を頂いた。散々、断ったが強引に手渡された。しかし、自宅に帰って開いてみて、とてもじゃないが、私の好みと合わなかった。捨てるには忍びないのでお友達にもらって頂いた。

その強引に差し出した同じ人が、またお礼をしたいと言う。私は、『ごめんなさい。この間の物も好みに合わなかったからお友達にあげました。』と、正直に言った。

すると、『あらまぁ~』と、電話の向こうで落胆されたであろう吐息がもれた。そこまではっきり言わなければ、また、同じことの繰り返しになると思ったからだ。

欧米では、手土産をその場で開けるという。要らなければ返す。奥ゆかしい日本では、一旦お礼を言って頂き、好みでなくても、心にもないことを言ってお礼を言う。

私は、そういうやりとりは面倒くさい方である。先日、洗濯用洗剤と柔軟剤と食用油をフリーマーケット用に・・と、ご近所さんが献品して頂いた。

私はそのお礼に、『私の作ったマーマレード要りませんか?』というと、『ごめん。要らない。』と言われた。

彼女は、要るものは要る。要らないものは要らない。とはっきり言って下さるので、気持ちがいい。そしてそれは、確認をしなければ、単なる私の押し付けになり、まさに、独善と自己満足に終わる結果になっていた。

今日のお電話の方は、何としても私にお礼をしたいといって一歩も引き下がらない。いつも、困っているというのに。そうだ!と私は閃いた。『勝俣範之医師のご著書、”抗がん剤は効かないの罪”をそれでは、買って頂けませんか?

良書です。当会がまとめて買っているので、それを読んでい頂ければ助かります。』と言った。自分でも妙案だと思った。『はい。分かりました。それを買わせて頂きます。』ということで話がついた。(笑)

私は、会員さんやご相談者に対して、手抜きをしない。全身全霊を注いでそのお悩みに応えるべく、奔走する。でもそれは、何かお礼を頂くためにしていることではなく、私の性分で動いていることであるから、ことさら、お金を使ってまでお礼をして頂くことが、本当に迷惑なのだ。

ただし、畑で採れたお野菜や、お裾分けなどは遠慮なく頂くこととしている。

そういえば、先日、患者の集いに美味しいお菓子をご提供下さった方がいた。『シャロームさん。私からだということを絶対に言わないで!約束を守ってくれないとこれから、持ってこれない。』と念を押された。

彼女の気持ちが私の思いと重なった気がした。その方の目的が理解でき、嬉しかった。こういう方には、どんどん差し入れをして欲しいとさえ思った。

みんなで頂く分には、私はその方の気持ちをありがたく頂く。どんどん持ってきてぇ~。(笑)


【がん患者用帽子のPR! 】

インターネットショップから→http://urx.nu/3EhY

ブログから → http://urx.nu/2fQU

シャローム考案。会員手作り!プロ仕様!

再々加工!リバーシブル
両面無地1,500円 表地柄物 2,000円
一度購入されると、こんな帽子が欲しかった・・と、再度ご購入下さる方が多い。
ご自分へ、もしくは、抗がん剤で脱毛したご友人へのプレゼントに最適!喜ばれること間違いなし。

がんでなくても、ご高齢の方たちにも人気である


【がん患者用♥内帽子(毛付きのキャップ)】
 のお申し込みはこちら↓

sugitocancer2@gmail.com

毛付きネット
 
がん患者用♥内帽子
※この上に、がん患者用帽子をかぶる。

全国一律送料込み
6,800円
 

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント